--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/02/28 (Sun) シスカンパニー公演 「火のようにさみしい姉がいて」

【THEATRE】Bunkamuraシアターコクーン





【CAST】(14. September. 2014)

作:清水邦夫
演出:蜷川幸雄

大竹しのぶ
宮沢りえ
段田安則

山崎一
平岳大
満嶋真之介
西尾まり
中山佑一朗
市川夏江
立石涼子
新橋耐子


++++++++++++++

ある俳優の男(段田安則)とその妻(宮沢りえ)が、20年ぶりに、男の故郷である雪国の町に戻ってくる。
仕事にも人生にも行き詰った夫婦の“転地療養”らしい。
夫婦は、バス停の場所を尋ねようと、1軒の理髪店に立ち寄る。だが、店の中には、誰一人いなかった。
そんな中、男は過って店の鏡の前にあったシャボンのカップを割ってしまう。
つぎの瞬間、誰もいなかったはずの店の中に、男の姉と名乗る女主人(大竹しのぶ)や、得体の知れぬ客たちが次々に出現。彼らは、強引に男の過去に踏み込み、夫婦を現実とも虚構ともつかない幻惑の世界へと追い込んでいく。

張られた伏線が最後に回収されるかと思いきや、まったく回収されず、何もかもが観客に託される不条理劇。
今考えても、真相がなんだったのかは分からないまま。
だけど何かが明らかになるかもしれないという期待と、俳優たちの名演に、固唾をのんで舞台にのめり込んでしまいました。

ポスターなどを見るに、下半身のない大竹しのぶ演じる姉は昔亡くなったか、元々存在していないか。
姉弟の間で、あってはいけない関係があったような、その事実をなかったことにするために、男は過去に何らかの罪を犯したような雰囲気。
そのまま劇中のセリフを抜き取ると、姉との近親相姦の末できた子を隠すために、故郷の家か村を焼き払ったように推測されます。
でも、それもあくまで推測。舞台は答えをくれません。

一方で元女優だという、宮沢りえ演じる妻との間にも色々ありそう。
妊娠22か月と信じ込んでいたり、夫よりも自分の方が才能があるのに、夫のために人生を無駄にしたと最後にぶちまけたり。
客席も使った演出だったので、一度りえさんが目の前を歩いて行ったのですが、その美しさと完璧なプロポーションに、神様の不平等さを身に染みて感じたよね(笑)

ストーリーが鮮やかに完結したり、派手な演出に驚かされるという事はないけれど、劇場迷宮に存分に身を浴せる不思議な展開と、一流の演技に支えられ、鑑賞後の満足感が非常に高い上質な舞台体験となりました。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2014/10/03 (Fri) LUCKY GUY【Stage door】4.MAY.2013

まず出てきたのは、エディー役のクリストファー・マクドナルド。
「ハーイ、エビバディ!」とハイテンションで出てきた彼は、服装の派手さからもうかがえる通り、賢いお調子者って感じでした。





トムを目当てに観に来ている人がほとんどだから、絶対Stagedoor出てきてくれるだろうなぁーとは思いましたが、思ったより近くで触れ敢えて感激!
柵の一番前をGETできたので、50cmの距離でふれあい、Playbillにサインももらえ、超近距離で接写(笑)













イメージを1mmも裏切らない、超気さくなおっちゃんでした!
むしろ、もっと重厚感あってもいいのに、映画で観る100倍くらい普通のおっちゃん。
逆にスクリーン通した瞬間に、あそこまでカリスマ性を醸し出せることに驚愕。
超イイ人だし、ハッピーなオーラはまとっているけど、いわゆるカリスマ的なオーラはなし。
あえて消しているとしか思えない…(笑)

話しかけられた言葉にはちゃんと全部返すし、リアクション大きいし、その場にいる人を楽しませようというポジティブさに溢れておりました。

全身をひいて取ると、ちょっと動きがウッディっぽい。(映画『トイ・ストーリー』でトムが声を務めるキャラ)
こんな瞬間にもキャラとシンクロ。







見に来ていたヴェテランのおじさんにもコミカルに絡む。



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2014/06/22 (Sun) 【LAT DEN RATTE KOMMA IN】(ぼくのエリ 200歳の少女)

出演:カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション、ペール・ラグナ―、ヘンリック・ダール、カーリン・バーグクィスト
監督:トーマス・アルフレッドソン
製作年:2008
製作国:スウェーデン

LAT DEN RATTE KOMMA IN


『裏切りのサーカス』の監督トーマス・アルフレッドソンが、スウェーデン作品として初めて世界的な評価を受けた作品。

ファンタジーであり、ホラーであり、ヒューマンドラマであり、切ないラブストーリーでもある。

そんな評価に納得です。地味に映画好きの間では評判が良かったですね。

ヴァンパイアの少女と少年の恋物語ではあるのですが、冒頭で少女の面倒を見る中年男性の存在が効いていて、少女の長い200年間に思いを馳せると、単に可愛い恋物語じゃないんですよね。
これまで少女がしてきたこととか、これから少年に起こることとか、それをきっと何度も繰り返すであろう、少女の人生の虚しさ、寂しさ、喜びだとか。

保護者がいないと生きていけないカラダのおかげで、まだ幼い少女だけれども、どこか魔性を具えて男性を当てにする様子も痛々しい。
そんな彼女の面倒を見てあげたい、自分だけのものとして囲っておきたいっていう、男性の少し歪んだ無償の愛も、ファンタジックな物語の割にリアル。

ほのかにラノベの香りもしますが、現実的なヴァンパイアの生活臭も織り交ぜ、北欧ならではの冷たくダークで、時にグロテスクな映像も相まって、陳腐さよりも儚げな美しさが際立つ作品です。


ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]
(2011/02/04)
カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション 他

商品詳細を見る

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。