--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/03/17 (Thu) 【CITY OF ANGELS】 29.DEC.2014 Soiree

【DONMAR WAREHOUSE】






【CAST】(29.DEC.2014 Soiree)

Angel City Four(Soprano) … SANDRA MARVIN
Angel City Four(Alto) … JENNIFER SAAYENG
Angel City Four(Tenor) … KADIFF KIRWAN
Angel City Four(Bass) … JO SERVI

Donna/Oolie … REBECCA TREHEARN

舞台:「ゴースト」、「アスペクツ・オブ・ラブ」、「ダーティ・ダンシング」、「ウィー・ウィル・ロック・ユー」、「アルフィー」、「イントゥ・ザ・ウッズ」ほか

Stone … TAM MUTU
舞台:「南太平洋」、「リア王」、「レ・ミゼラブル」、「ラブ・ネバー・ダイズ」ほか

Carla/Alaura … KATHERINE KELLY
RADA出身
舞台:「Visible」、「オセロー」、「危険な関係」ほか

Stine … HADLEY FRASER
舞台:「パジャマ・ゲーム」、「レ・ミゼラブル」、「ファンタスティックス」ほか

Buddy Fidler … PETER POLYCARPOU
舞台:「ガイズ・アンド・ドールズ」、「パジャマ・ゲーム」、「スウィーニー・トッド」、「レ・ミゼラブル25周年記念コンサート」、「チキチキ・バンバン」、「オクラホマ!」、「オペラ座の怪人」、「キャッツ」、「ミス・サイゴン」、「エンジェルズ・イン・アメリカ」

Gabby/Bobbi … ROSALIE CRAIG
舞台:「ライト・プリンセス」、「アスペクツ・オブ・ラブ」、「ロード・オブ・ザ・リング」ほか

Sonny … NICK CAVALIERE
舞台:「ガイズ・アンド・ドールズ」、「ゾロ」、「眠りの森の美女」、「リア王」ほか

Munoz/Pancho … MARC ELLIOTT
舞台:「ユーリン・タウン」、「テープ」、「ヒストリー・ボーイズ」、「メイド」、「マクベス」ほか

Luther Kingsley … MARK PENFOLD
舞台:「テンペスト」、「テラノヴァ」ほか多数

Avril Raines/Mallory Kingsley … SAMANTHA BARKS
舞台:「シカゴ」、「オリバー!」、「レ・ミゼラブル」(25周年記念コンサート含む)、「キャバレー」
映画:「ドラキュラZERO」、「レ・ミゼラブル」


【STAGE】

ピカデリーからコヴェント・ガーデンまで続く、お気に入りの散歩道があり、その途中にこの劇場があります。
「今夜は何を見ようかな~」とのんきにテクテク歩いていて(←直前まで決めないタイプ)、ふとこの劇場のポスターを眺めていたところ、見たことある名前ばかりで即決で観ることに!
TAM MUTU、HADLEY FRASER、PETER POLYCARPOU、SAMANTHA BARKSあたりが、欲をくすぐってきた名前です。
ただ、この作品も満員御礼の完売、Returnsに並んで手に入れました。

1940年代のハリウッドを舞台に、自著の探偵小説を映画脚本化するためにハリウッドに呼ばれた作家のスタインが、実生活と小説の主人公・探偵ストーンの世界を行き来する物語。
どうりで、背格好の似た登場人物が必ずワンセットはいて紛らわしく、それぞれの関係性を掴むのに苦労しました。

俳優陣は実力派の主役級や、名脇役が勢ぞろい。
なぜか私の中で、TAM MUTUHADLEY FRASERはきっと同じような背格好と雰囲気なんだろうと思い込んでいて、実際作品中ではミラーとなる存在ではあるのですが、劇中劇の主人公であるTAMの方が、ガタイが良くてセクシーですねぇ~!
身体の大きさも結構ちがうし、役のせいもあるのか、ヘイドリーは真面目で大人しい青年という感じでした。
TAMの方が、いるだけで場が華やぐオーラがあって、シエラったらイイ男つかまえましたね(笑)

歌声としては、映画版のレミゼでエポニーヌを務めたサマンサ・バークスに期待しており、実際に彼女の歌声も良かったのですが、今回はノーマークだったREBECCA TREHEARNの歌声に会場は沸いていました。
サマンサの本領は、やはりレミゼでこそ発揮されるかな?曲にもよるしね。
相変わらずの美貌とスタイルの良さは、もはや映画女優の風格でしたが。
ラッセル・クロウとのロマンスで、女が磨かれたのかしら。

REBECCAは大変骨太な歌声の持ち主で、歌い終わる前に客席が拍手を待ちきれない、あの昂揚感をもたらしていました。
顔はちょっとサンドラ・ブロック似。
他の出演作もポップ・ロック系が多いので歌声にも納得ですが、今までノーマークだったのがかえって不思議ですね。

この劇場では初めて見ましたが、舞台を上から取り囲むタイプの小さな劇場で、どの席になろうとも舞台が近くてよく見えます。
ストレートプレイ向きだと思うので、ミュージカルで使うのは意外でしたが、本作は演出がミニマムで、半ばストプレに近い異色のミュージカルでしたので、この雰囲気にも納得。

派手ではないですが、全体的にスモーキーで、プロジェクション・マッピングなども使ったエッジィな演出がカッコよく、ハイレベルな役者もそろっており、大人のためのオシャレで上質な観劇ナイトを演出してくれるプロダクションでした。

スポンサーサイト

CITY OF ANGELS | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。