2012/07/04 (Wed) BILLY ELLIOT 【STAGE】17.JAN.2011

BillyElliot__3yearscelebration.jpg

ビリー・エリオット、アメリカ版。
イギリス版と何が違うの?と問われると、返答に窮するのですが…(笑)

作品自体は好きなものの、ファントムみたいに「各国版で見てみたい!」という面倒くさいハマり方はしていないために、これが人生2度目の鑑賞です。
不思議だよね、曲も好きだし、ストーリーは毎回泣けるし、完成度高くて大好きなのに、リピってない。

まぁ子供が主人公なので、見慣れたくない、フレッシュな気分で毎回感動したい、という想いがあるのも事実です。
アールさんのことをマチネもソワレもステージドアでも見たいの!何ならボックスオフィスでも目撃しちゃった!っていう気持ち悪さとは、観客としての根本姿勢からして違うわけです(笑)

ただ純粋に、2泊4日の弾丸旅行中、アランも見てお腹いっぱいだし、新作ミュージカルはちょうどシーズン前でめぼしい作品もないし、ずっと2度目が見たいと思っていたビリー・エリオットで、清らかな涙でも流してみるかと相成りました。

しかし大西洋を挟んだ東海岸で見ても、ナイアガラ級に泣ける作品です!
ファントムレミゼも越えて、毎回絶対に泣ける作品というのは、ビリエリだけですね~。
少年は偉大だ…。

イギリスで見たビリーは、背が高くて骨っぽく、モダン・ダンスが得意な子だったので、映画のイメージとはちょっと違うかなと思ったのですが、今回のビリーは小さくて子供らしい丸みもあり、よりイメージに近かったです。

そして歌もダンスもハートフル!
技術的にも、ピルエットの安定感がハンパない!
少年の踊るバレエのぎこちなさも、それはそれで味があると思いますが、彼は動きがちゃんとバレエの子だなー。
いやむしろ普通にバレエ上手いでしょ?!ブロードウェイ恐ろし!というレベルでした。

joseph-harrington-as-billy-2011.jpg

この作品を見て実は感嘆するのが友人のマイケル役で、よくこれだけ大人顔負けの演技で大勢の観客を笑わせられる子が、ダブルキャストできる程にいるなと。
イギリスでも驚いて、今回も期待と予想を裏切らないコメディアン・シンガーっぷりに感服です。

イギリスと観客の反応が違うと思ったのが、ビリーをバレエの道へと誘うミセス・ウィルキンスン役。
彼女の見せ場に対する観客の反応がアツい!トニー賞女優だし、実は有名人だったのかな?

逆に、名前を見てピンと来たのがトニー役のウィル・チェイス
とはいえ、出演作品のどれも見ていないので気のせいかもしれませんが、良い作品に良い役で出てるので有名なのかな……と思ったらなんと!
ブロードウェイ「レント」閉幕時のロジャーじゃないっすか!
ということは、「レント・ライブ・オン・ブロードウェイ」のロジャーやないの!
いっそ↑の感想中で「ウィル・チェイスはBWビリエリの兄役で出演中!」って、ちゃっかり書いてるしね。
いやー良かったよ、ウィル・チェイス!(しらじらしい)

そうかーカーテン・コールで黄色い愛を客席から感じたのは、嘘ではなかったのね~。
歌も芝居も、アツくて良かったです。もっと味わいながら見れば良かったなぁ。

Billy460a_curtain call

父親役もたぶんトニー賞の時から変わってなかったから(見たのはUnderだったけど)、それなりに時は立っているのに、ハイ・クオリティなキャストでお送りしているBWビリエリ。
映画が元で曲も構成も良いため、BWとしても力を入れているのか、キャストに外れなし、完成度が高いと思います。
そんなにイギリス版との違いはないものの、タイムズ・スクエアのネオンに疲れた瞳に優しい作品ですので、思い立ったらご覧あれ。

スポンサーサイト

BILLY ELLIOT The Musical | trackback(0) | comment(0) |


2012/06/18 (Mon) BILLY ELLOT 【INTRO.】 17.JAN.2011

【IMPERIAL THEATRE】

NYバージョンです!

BE_NY_IMPERIAL.jpg

BE_IMPERIAL_entrance.jpg

BE_NY_castboard.jpg


【CAST】(17.JAN.2011)

Billy … JOSEPH HARRINGTON
11歳。
舞台:「グリンチ」
シンシナティ・バレエ団にて:「くるみ割り人形」、「ピーターパン」

Mrs. Wilkinson … EMILY SKINNER
舞台:「サイドショウ」(オリジナル・キャスト、トニー賞ノミネート)、「ジキルとハイド」、「フルモンティ」、「The Dead」(クリストファー・ウォーケンと共演)

Dad … JOEL HATCH(Under)
舞台:「アニー」(ウォーバックス)ほか

Grandma … CAROLE SHELLY
舞台:「ウィキッド」、「キャバレー」、「ショーボート」ほか多数
TV:「そりゃないぜ?!フレイザー」ほか

Tony … WILL CHASE
舞台:「レント」(ロジャー)、「ハイ・フィデリティ」、「レノン」、「アイーダ」(ラダメス)、「フル・モンティ」(ジェリー)、「ミス・サイゴン」(クリス役)
TV:「ロー&オーダー」、「All My Children」

Michael … NEIL McCAFFREY
舞台:「メリー・ポピンズ」(マイケル・バンクス)、「バイ・バイ・バーディー」(ランドルフ)ほか

Debbie … ALY BRIER
2010年「ビリー・エリオット」舞台でデビュー。

Small Boy … ALEX DREIER

Lesley … NATALIE WISDOMMUM … STEPHANIE KURTZUBA

BILLY ELLIOT The Musical | trackback(0) | comment(0) |


2006/01/06 (Fri) 【BILLY ELLIOT】~Brad Kavanagh as Michael~

Michael.jpg

実は一番印象に残っている彼。

うまい!

さすが演劇の国イギリス
空恐ろしいです、子役イロモノこんなに上手いなんて…!

ビリーの親友マイケルトリプルキャスト
でも何となく、他の2人と写真で見比べても、Brad君が一番味がある(笑)

徐々に自分の中の女性(おんなのさが)に気付き始め、戸惑うBillyを気にも留めず、「新しい自分になれるからお前も着てみろよ、ほれほれ」とドレスを差し出し…

2人のドレス姿のダンス、可愛くて面白くて。

後ろのドレスお化けみたいなダンサー達は、ちょっと子供向け演出だったけど(汗)
でも他演目『The Producers』なんかのオカマキャラに比べても、Brad君は上手かったよ~。

そしてラストのBillyMichaelのやり取り、本当にやり切れないです。
友情のようでもあり、夢のために旅立つ男置いていかれる女の様でもあり…(苦笑)

BILLY ELLIOT The Musical | trackback(0) | comment(0) |


2006/01/05 (Thu) 【BILLY ELLIOT】~George Maguire as Billy~

billy.jpg

2005年8月当時のBillyは、James Lomas、Goerge Maguire、Liam Mowerトリプルキャスト
ポスター写真、プロモ写真に良く出ているのはLiam君。
さらにJames君は2005年9月で降板しています。

Liam君の丸っこく幼さが残るBilly、または映画のジェイミー・ベルを心に描いていたので、骨っぽく背も割りとある(青年への過渡期くらいの)ジョージ君が出てきた時は、ちょっとびっくり…(笑)

彼の得意分野は多分モダン・ダンスなんだと思う。
ボクシング・ダンスなどのシーンで取る足のリズムが非常に小気味よく、彼のヒップホップストリートダンスなんか見てみたかった。
“リトル・ダンサー”「クラシック・バレエ・ダンサー」なのは承知しているけれど、ヒップホップジャズがとても上手そうなジョージ君に、それを存分に発揮するシーンが少なかったのは残念
彼のクラシックバレエは、荒削りで骨っぽいのだけれど、この役に限ってはそれもアリかな。

イギリスの北部訛りがそうなるように出来ているのか、全てのセリフが何故か尻上がり(苦笑)
セリフ回しの上手さでは、マイケル役の味のある演技に及ばないような気がしたものの、ダンスによる感情表現ではさすがに爆発していた。
それが怒りのダンスシーン
警官隊と上手く絡み、攻撃的な音楽赤いライトの中で、そりゃもう暴れまわっていた。

そしてやっぱり、少年の声の伸びって、何て心地よいんでしょう♪
セリフでは1本調子になってしまいがちなジョージ君も、歌では雄弁でした。
そして亡き母とのシーンで泣かされてしまったのです…。

カーテン・コールでは、素のジョージ君がのぞく。
どうやら彼は、年相応に、お調子者の少年らしい(笑)

クラスでいつも中心にいるタイプ。

この作品は、カテコでもひと盛り上がりして存分に楽しませてくれるので、そこはもう彼のコンサート状態(笑)
とにかく客ノセが上手く、オーケストラ紹介堂々としたもの。(むしろ初期のアールさんの方が振りが小さかったくらい・笑)

オーラスター性も持っていたので、将来がとても楽しみです。
こういう将来性が、子供ミュージカルの楽しいトコロ。
しかもこの作品においては、主人公の心情と、主役を演じる俳優の心情が重なる。
子役俳優の紹介文はすべて本人による自己紹介文なのですが、みんなダンスへの情熱溢れてます!

日本で同演目をやる際に、もし当たり子役を発掘できたら、相当人気が出るのでは?

BILLY ELLIOT The Musical | trackback(0) | comment(0) |


2006/01/04 (Wed) 【BILLY ELLIOT】~overall~

billyelliot.jpg

ただいまウェストエンド人気ナンバー1ミュージカル!(?)
ユアン出演時の“Guys&Dolls“もかなりチケットが取りにくかったけど、こちらも同じくらい苦労しました。
スター俳優が出ていないのに、この人気はスゴイ!

でも観ればそれも分かります。

…不意打ちで泣かされた。

認めがたい事実ですが、実は私Earlファントムで泣いていません
映画で号泣したので、舞台鑑賞時に涙は枯れてしまっていたようです(って事にしとこ?)

そんなわけで、舞台見て号泣したのはコレが初めて。
映画版『リトル・ダンサー』見た時より泣けちったい…。

亡きお母さんとのシーンでまず。
さらにラスト、マイケルビリーの少年(?)同士の友情で、涙腺の締め方を忘れる。

舞台で、しかもラストで号泣すると、カテコで雰囲気ガラッと変わるから、ちょっと困るものだと悟る(苦笑)

しかもしかも席が!!!
Returnsでゲットしたチケットだったもので、劇場の中心に位置する、1階真ん中通路側メチャクチャ良い席だったわけです。
このブログはネタばれ宣言してるので書いちゃいますが、ラストBilly少年、この通路を通っていくのですよ!
すぐ側を、すぐ隣を、見目麗しい少年が歩いて行くワケです。
いくらスポットライトが当たって眩しいとはいえ、あの綺麗な瞳に、いい年して号泣してる東洋女を映すのは、大変気のひけることでした。

見終わった後に、Returns後ろに並んでいたラテンおばさんから、「並んで損はなかったわね☆」と話しかけられました。
ちなみにこの方、Returnsの列の順番を無視しようとしたため、英国紳士「列を作っているのには理由があるんだ」と小学生のように諭されていました。
どこ行ってもマナーの素晴らしい英国人万歳☆

客層は、子役出演者たちの祖父母に当たる年齢層が圧倒的。
全体的には明るくて希望のあるストーリーだし、のような子供達が舞台上で踊り歌うのだから、観に来やすいのでしょうか。
さらに子供の観客も多く、彼らを対象にした、出演者による幕間のショー(2幕への導入でもある)のようなものが、他では見かけず目新しかったです。

BILLY ELLIOT The Musical | trackback(0) | comment(0) |


2006/01/03 (Tue) 【BILLY ELLIOT】Theatre & Cast

VICTORIA PALACE THEATRE(ヴィクトリア・パレス劇場)
PICT0254.jpg

【CAST】(11.Aug.2005 matinnée)

Billy(ビリー)…George Maguire
地元のチャリティー舞台などに出演。Colin's Performing Artsで演技を学ぶ。

Mrs. Wilkinson(ウィルキンスン先生)…Haydn Gwynne
多くのイギリスのTV番組に出演。RSC作品多数出演。

Dad(お父さん)…Tim Healy
BBC映画・BBCドラマに多数出演。

Tony(トニー)…Joe Caffrey
多数の舞台・TV出演。映画は『ブリジット・ジョーンズ/きれそうなわたしの12ヶ月』など。

Grandma(おばあちゃん)…Ann Emery
パントマイム・ダンス・TV出演多数。
最近の舞台は『マイ・フェア・レディー』『Martin Guerre』など。

George(ジョージ)…Trevor Fox
映画『リトル・ダンサー』『ブリジット・ジョーンズ/きれそうなわたしの12ヶ月』など。

Dead Mum(死んだお母さん)…Stephanie Puston
舞台『Martin Guerre』など、映画『キング・アーサー』(2004)など。

Billy's Older Self(大人のビリー)…Isaac James
王立バレエアカデミーにて学ぶ。多くのバレエ公演に出演。
オリバー・ストーン監督映画『アレキサンダー』にダンサーとして出演。
アダム・クーパーの『On Your Toes』ジャパン・ツアー参加。
最近では、モデルとしても成功している。

Michael(マイケル)…Brad Kavanagh
12歳。アーサー・ミラーの『All My Sons』でBertを演じる。

Debbie(デビー)…Brooke Havana Bailey
10歳。本作品で舞台デビュー。


【PRODUCTION】
音楽…Sir Elton John
脚本・作詞…Lee Hall
監督…Stephen Daldry
振り付け…Peter Darling
ダンス・キャプテン…Susan Fay, Lee Proud

BILLY ELLIOT The Musical | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する