--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/05/20 (Sun) 【BENT】 (2006) 後編

maxhorst.jpg

このトラファルガー劇場ストレートプレイ専用ミニサイズで観客と舞台が近く、舞台は観客席の一番低いレベルに、台を乗せた高さしかない。
普通、舞台が高いか、客席が高いかの2タイプで死角を無くしているのがほとんどだと思うけど、今回は後者。
ともすれば、階段一段上るだけで、ひょいっと舞台の上に乗れちゃう。
実際お調子者のおっさんが乗って、注意されてたし(笑)

演出によって1幕の舞台上のセットが派手に崩れ、その瓦礫が舞台の脇に散乱している休憩時間。
メイン以外の若い俳優たちが、その瓦礫の山を片付けていく様がちょっと面白かった。
それも演出の一部なのね。役者さんも混じってたし。

本当に立派に瓦礫の山なのに、まぁ手際よく綺麗にするなぁと、半ば感心しながら観ていました。
片付けている一方で、動きには気を配って、しっかり演技してるんだよね。
重いものを2人で運ぶ時も私語や掛け声はなく、あくまで世界観を壊さないよう徹底。

そして2幕。
ホルストというピンクの星をつけた囚人と出会うマックス
2人に与えられた仕事は、石を右から左、左に溜まったら今度は右へと運ぶ、ただそれだけの、意味もないもの。
体力と精神を磨耗するだけのその仕事の中で私語は禁じられていたが、2人はお互い向き合わず目を合わせずに、小声で会話を始め、やがて愛し合うようになる。
しかし同性愛が罪で捕まっているのに、その愛をカラダで表現するなどもってのほか。
そこで2人は言葉で性交するのです。

このシーンがまた、英語ネイティブだったら聞いてるだけで恥ずかしいかもしれないやり取りなのだが(日本語だったらなおさら?)、カミングのキャラだと、なぜかとても説得力があるのだ。
もともと悶える演技は得意のようだし(「キャバレー」参照)、だからといって俗っぽいかといったらそうでもなく、逆にとってもピュアな感じがするのね、彼の場合。

前半の賑やかさに比べ、後半はもぐんと減った舞台上だけれど、だからこそセリフが主役となり、マックスホルストの表情や仕草の1つ1つが際立ってくるよう。

意味のない労働によって、だんだん体力を蝕まれていくホルストは、最後には愛に応える気力もなくなってしまう。
そしてまたしてもマックスは、愛する人が死んでゆくのを目の前にしながら、何も出来ずにただそれを見ているだけ。

でも今回の彼は、ホルストの亡骸を抱きながら、ふと糸が切れたように冷静な表情を見せる。
我関せずを貫いてきた彼だけど、まるで引き寄せられるかのように(舞台前面にぴんと張っている)高圧電流の流れる有刺鉄線へと近づく。

そして、静かに両手で電線を掴む、と同時に暗転

あまりにも音のない静かな結末に、逆に不意を突かれた観客が息を呑む音のほうが、劇場に大きく響いて。
その感覚がとても新鮮だった。


この舞台は、歴史的事実社会的批判よりも、「愛」の姿を描いていると評されているけれど、そうすると何だかマックスの最後が陳腐になってしまう気がして、私にはやっぱり“マックス”という人間人間関係の築き方だなぁ。

マックスの最後には色んな解釈が当てはまる気がする。
少なくともカミング版はそういう見せ方をしてくれたのではないかと。
悲しむでもなく、絶望するでもなく、気が触れたようにでも、夢遊病のようにでもなく、妙な落ち着きと共に、しっかりと高圧電流線を握り締める最後。


カーテンコールは一転、舞台上の雰囲気をあまり引きずらないのが欧米風?
晴れやかな表情で拍手に応える俳優たち。


客電が点いて眼にした光景は、舞台そのものと同じくらい印象に残っています。

隣りの隣りに座る女性が、ボロボロに泣き崩れていて、席から立てない状態だったこと。

舞台や映画を見て泣くことっていうのはそんなに珍しいものではないけれど、なんか「そんなもんじゃない」気がしたんだよね。
私自身、映画では頻繁に、舞台では「ビリー・エリオット」で唯一泣いたけど、その涙とは全く違うもののような。

ビリエリの時は「泣け」と言われて泣いたけど、この舞台は「泣くな」と言っていて、それでも垣根を越えて溢れてしまったもの、というか。
だからもう、ぐしゃぐしゃに号泣していて、綺麗な一筋の涙なんかじゃなかったもん。

蜷川幸雄「タンゴ・冬の終わりに」のイギリス公演で、同じく客席に最後まで残って、立てなくなっていた女性が居たという逸話があったけど、あるんだね、そういうこと。

今まで観た舞台の中で、もしかすると一番舞台の力の凄さというものを感じた作品かもしれない。

スポンサーサイト

BENT (2006) | trackback(0) | comment(2) |


2007/05/11 (Fri) 【BENT】 プロダクションいろいろ

Bentianmck.jpg

思ったより細々と書きたいことがあふれ出てくる作品です、「BENT」(笑)

ちなみに後編行く前に。
キャスト欄で、ゲイキャバレーのママ・グレタ役を大きく載せましたが、実際の登場比率&重要度からすると、ルーディーホルスト役がもっと大きくてもいい感じ。
グレタはワンシーン(通しでほぼ一連のシーンのみ)しか出てこないし。
役者の経歴や大物度でパンフを作っているぽかったので、あんな大きな扱いに……。

映画版では何と!ミック・ジャガーが、グレタを演じたらしいです。
そんで、マックスクライブ・オーウェン
ジュード・ロウイアン・マッケランも出演しています。
そんな豪華キャスト(英国)の映画を今まで知らなかったなんて……!

ちなみにイアン・マッケランは舞台版の初代マックス@WE。なんか納得
さらにブロードウェイではリチャード・ギアホルストを演じ、こちらはトニー作品賞を受賞。

マッケランは分かるけど、リチャード・ギアがこの作品の世界に居るところはなかなか想像できない…。
んーまぁホルストは後半メインだし、なら分かるか。

それにしても、WE版オリジナル・キャストマッケランBW版オリジナル・キャストリチャード・ギアとは、何とも豪華よのぅ。
日本では役所広司さんVer.と、椎名桔平さんVer.が存在するようです。
役所さんの方はちょっと気になるかも。

写真はイアン・マッケラン@「BENT」ポスター。70年代後半らしいデザイン?


つーかヤバイ、アラン・カミングEmcee@トニー賞パフォが観やめられない!
観れば観るほどクセになってくるんですけどー!!!
目線の使い方とか、ぶっきらぼうなダンスとか、セリフの絶妙な抑揚とか、「でへへ」「ぐふふ」っていう無駄な奇声も全てがツボー!!

BENT (2006) | trackback(0) | comment(2) |


2007/05/10 (Thu) 【BENT】 (2006) 前編

bentcumming.jpg

1934年、ナチスドイツにおいて、ユダヤ人よりも迫害された者たちがいた――それは同性愛者たち。
収容所に送られるユダヤ人は、目印として黄色いダビデ星を胸につけていた。
一方さらなる差別と迫害を受けていた同性愛者たちは、ピンクの星というレッテルを強要されていた――。

鑑賞希望リストには入っていたものの、「ミュージカルならまだしも、英語でストレートプレイは難しいかな」と最後まで迷って、「えぇい、やっぱり観とけ!」と、半ば勢いで劇場に向かった作品。

結果、観て良かった!

スタンダップコメディアンが1人で捲くし立てるレベルだったら適わないが、芝居として演出されている以上、ある程度ストーリーも把握できる。

その演出がまた、斬新でシンプルなのに、だからこそ象徴的で、言葉や文化を超えて人の意識を引くものがあるんだよね。
特に運送列車のシーンと、ラストシーンの残像が今でも目に焼きついています。

休憩を挟んでの前半と後半で、照明のトーン印象も、ガラリと変わる作品。

前半は、お気楽でずる賢いマックス(アラン・カミング)と、世話焼きで奥さんキャラのボーイフレンド・ルディ(ケヴィン・トレイナー)が暮らす日常の風景がメイン。

勝手に若い男の子を連れ込んじゃったりと、ワガママでB型な彼氏そのまんまのカミング
彼の周囲をちょこまかと動き回り、腹を立ててもなおマックスの世話焼きを止められないトレイナー
2人の対比が可笑しくて、可愛い。

いつからかダーティの象徴として映画や舞台の登場人物が着ることが多くなった、カラフルなキモノガウンを身にまとい、喧嘩したり愛し合ったりコメディしたり、忙しくも生と性に満ち溢れた賑やかな生活

今まで観たどの舞台よりも過激だった性描写も、コメディに乗せて繰り出されるため、かえって奔放で自由な生活の悦びを感じさせる。
出演者にも、迷いがない。
顔面からガツンといった時には、思わず身が引きましたが(苦笑)
こういう意味でも役者はスゴイわ。


そこへ乗り込んでくる、ナチスのホモセクシュアル狩り。
捕らえられた2人は汽車に乗せられ、収容所へと送られるのだが、その車中でルディがひどい暴行を受けてしまう。
さらにそんな恋人にトドメを刺すよう指示されるマックス
どんな時も自分が一番大事だったマックス、何事にも動じないマックス。
今回も心を無にしたためか、返ってやりすぎなくらい、ルディを痛めつけ、息を奪ってしまう。
泣きそうな顔をしながら。

それまでの流れからルーディに愛着を持っていた観客としては、悲しいのだけど、マックスが殴るのを止めない理由も分かる気がして、居たたまれない気持ちでした。

それでもなお自分が生き抜くことが第一な彼は、プライド(があったとすれば)を捨て、取引でピンク色の星(逆三角形)を黄色に取り替えてもらうのだが……。

BENT (2006) | trackback(0) | comment(0) |


2007/05/06 (Sun) 【BENT】 カミングさん雑感 その2

続き…
emcee1.jpg

そんでもって、ファビアン・リシャール(フランス版Emcee)に比べ、ご自身の大切な息子さんをこねくり回すアクションが(ムダに)多いっすね。
1stショットイヤらしくもセクシーな笑みからして、やられてしまった。
めっちゃキモいながら、えらく艶かしい

っていうか、彼がEmceeっていうキャスティングがすでに反則だと思うんだ。
後継者は大変でし。
だっていい年なのに、キモいのに、爬虫類なのに……可愛いんだよー!!!←歪んでるけど褒めてる。
ゲイ変人の役ばっかりの彼が、白塗りのハイテンションEmceeだなんて、何てGayのない配役でしょ。
って、あらやだ。最近は真面目に記事書いていたのに、久々に浮かれすぎて寒いわ~。
とりあえずKeep it gay。あらゆる意味で。

Emcee仕様のカミングちゃんストラップとか、ちょっと欲しいくらい。
でも「SAW」シリーズに出てくる出来損ないのピエロに似ててちょっと怖い。
そういう複雑な愛おしさを掻き立てる、絶妙にあられもない姿ですよ、これは。

98年版のCDはもちろん彼が歌ってるわけで、俄然手に入れなければという気になって来ました。
しかもこの98年版、まだまだ突っ込みどころありすぎなんだけど、サラ役ナターシャ・リチャードソンって、マジかい!?

アラン(61)ファンには黄金のいかちぃーヘアスタイルと共に、もしくはリーアム・ニーソンの奥さんとして認知されているかもしれないナターシャさん。
サラが出来るほどに歌えるのか!
何でみんなスゴイの!何でも出来ちゃうの?
でもキャラは結構納得かもー。
スタイル抜群(元モデルだし?)、ヴェルマとかもやってそうだもんねぇ。

カミングさんに話を戻しますが、最近ボーイフレンド結婚したんだね。おめでとー!
今さら同姓婚には驚かないけど、一度女性と結婚していたことにむしろびっくり。
二重に血迷ったってことかい。

そんな彼が、「BENT」ではあんな感動を呼び起こすなんて。
カワイイだけでもキモいだけでもなかった……。

BENT (2006) | trackback(0) | comment(0) |


2007/05/05 (Sat) 【BENT】 カミングさん雑感 その1

cabaret_picalan.jpg

BENTレビューの前にカミングさん雑感をちゃらちゃらと。

去年秋に「BENT」をWEで観た理由の一つは、アラン・カミングが出演しているということ。
(第二には、ロンドンで舞台の評判自体が高かったこと)

アラン・カミングとは。
映画出演は脇役ばっかだし(『アイズ・ワイド・シャット』なんて、一瞬出てくるホテルのフロント役)、『X-MEN2』では青い爬虫類だったにも関わらず、印象濃ゆいゆえに忘れられないキワモノ俳優。(たとえ特殊メイクでも)

映画好きにはお馴染みの顔だけど、そうでなくてもつぶらな瞳に見覚えがある人も多いのでは?

名前がアランだからと言ってあっちのアランと同じような恋慕を寄せているわけではさらさらなく(あっさり&きっぱり)、言うなればスティーヴ・ブシェミと同じ方向で、な~んか気になってる俳優さん。

そんな彼は英国俳優らしく舞台経験も豊富で、今回経歴を書いていて「あらま、そうだったの?」と思ったので、それに関する雑感を。

それとは……「CABARET」Emcee役トニー賞最優秀主演男優賞、獲ってたんだねぇ!

「キャバレー」の舞台自体を観たのが、春のフランス滞在が初めてだったんで、記憶にも新しい。(っても4月が濃い1ヶ月だったんで、卒業旅行なんてもう遠い話みたいだけども・苦笑)
「フランスにも輸入ミュージカルを!」の第一弾が「CABARET」だったので、台詞こそフランス語であれ、演出なんかはBW版そのまま(たぶん)。

そんでもって、「劇場自体がキャバレーになってて…」っていう設定&演出における意味ではオリジナル・プロダクションに当たるのが、カミング愛しの61歳と区別をつけるためにラストネームでいきますよ)がトニー受賞した98年リバイバル版のようです?

某所でトニー授賞式パフォを見てみたら、いやんv
本当にあの白塗りサスペンダー半ズボンで、歌って踊るカミングちゃん
映画から入ったので、歌っている時点ですでに新鮮。
母国語の英語もしっかりドイツ訛りでがんばってますぅ。
フランス語発音も上手くて全然違和感ないよー。

世のアランもいろいろよね。(カミングさん雑感 その2に続く)

BENT (2006) | trackback(0) | comment(4) |


2007/05/04 (Fri) 【BENT】 (2006)

【Theatre】Trafalgar Studios
trafalgar.jpg



【CAST】(18.Oct.2006 Matinée)

Max … Alan Cumming
映画:『プラハ』(BAFTAノミネート)、『エマ』、『007/ゴールデン・アイ』、『アイズ・ワイド・シャット』、『スパイ・キッズ』シリーズ、『X-MEN 2』、『マスク2』ほか
舞台:「キャバレー」(トニー、ドラマ・ディスク、NYプレス他各賞受賞)、「あるアナーキストの不慮の死(原題)」(オリビエ賞受賞)、「お気に召すまま」(RSC)ほか
TV映画:『アニー』ほか
TV:「セックス・アンド・ザ・シティ」、「サタデー・ナイト・ライブ」ほか
cummingbent.jpg



Greta … Richard Bremmer
映画:『ハリー・ポッターと賢者の石』(ヴォルデモート卿の声)、『13ウォリアーズ』
舞台:「大いなる遺産」(RSC)、「ジュリアス・シーザー」(グローブ座)、「リア王」「リチャード3世」(RNT)ほか多数。本当に多数。
TV:「Casualty」「説得」「Made in Britain」ほか
PICT0559.jpg



Rudy … Kevin Trainor
映画:『ヘルボーイ』ほか
舞台:「十二夜」「間違い続き」(RSC)ほか
テレビ:「タイタニック:伝説の誕生」ほか

Freddie … Hugh Ross
映画:『ハンニバル・ライジング』『トレインスポッティング』『パトリオット・ゲーム』ほか
舞台:「黒衣の女」「リア王」(RCT)「お気に召すまま」(RSC)ほか

Wolf … Benjamin Wilkin
映画:『キンキーブーツ』(どこにいた…)
舞台:「Sweetheart」「4人の男と1人の女」「The Nativity」


Horst … Chris New
Lieutenant … Charles Mayer
SS Officer … Matthew Spencer
Corporal … Rickey Champ
Captain … Laurence Spellman

BENT (2006) | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。