2012/01/14 (Sat) ミュージカル「モンティ・パイソンのスパマロット」

【赤坂ACTシアター】



【CAST】(14.Jan.2012.Soiree)

アーサー王 … ユースケ・サンタマリア

ランスロット卿 … 池田成志

ロビン卿 … 戸次重幸(TEAM NACS)

デニス・ガラハッド卿 … 賀来賢人

マルチ … ムロツヨシ

パッツィ … マギー

ベデヴィア卿 … 皆川猿時

湖の貴婦人 … 彩吹真央



日本でやるの!?どうなの?!大丈夫なの!?という思いが強すぎて、見に行っちゃいました(笑)
まぁこれだけのキャスト集めておいて、白けさせることもないだろうと、実はそんなに心配もしていなかったんだけど。

だがしかし、冒頭に指揮者がトランペット(?)奏者を銃で撃ち抜かず、なのに中途半端にトランペットの音が死に、フィンランドのダンスが始まってニシンで殴り合っても客席がシーンと静まり返っている様子に、若干の不安がよぎる(笑)
思い返してみれば、学者のざっくりした歴史紹介だけでも、ロンドンは笑っていたよなぁ。

ただその後、ユースケ・サンタマリアがココナッツのひずめ音と共に登場した瞬間、意外にも大きな笑いが起こり、そこから先は坂道を転げ落ちるように会場はヒートアップしていったのでした。

やはりというか、歴史&文化的な笑いや言葉遊びは、そのまま訳したところで日本人には響かないので、手練手管で何とか笑わそうとしていました。
ブロードウェイに関する諸々はすべてK-Popに置き換えられ、ユダヤ人とゲイを皮肉る歌詞は、フジテレビを揶揄する歌詞にそれとなく置き換えられていたよう?(本公演はTBS制作)
EXILE、少女時代、AKB48に上島竜兵似の野田総理など、日本の時事ネタが満載でした。

あとアンドリュー・ロイド・ウェバーを、本家は名指しでおちょくりますが、さすがにその名が轟く範囲が日本では限られているため、特にお名前は登場せず。
意味のない壮大バラードのシーンでは、オリジナルはキャンドルと船という設定だけで、かの有名ミュージカルを連想させるものの、今回はご丁寧にマスクまで付け、「クリスティーヌ!クリスティーヌ!」と無駄に名前も連呼する親切さ(笑)
それでもやっと、知っている人は笑えるっていう様子だったかな。

オリジナルも開幕初期は、観光客でなくロンドンっ子が詰め掛けてフルハウス出しまくってたし、地元客向けにどんどん推敲していったと考えると、日本公演も日本ネタを使って然るべきなのかもしれません。
ただそれは突き詰めると、スパマロットという枠でやる意味に疑問符が付きますが(笑)
あっでもあれね、モンティ・パイソンのコントとドリフのコントは、特に身体を張るネタにおいて、そのくだらなさは通じる部分があるかもしれない。文化ネタはまた別ですが。

「Always Look On The ~」の歌詞が日本語訳のため、歌詞が分からず一緒に歌えなかったり(あれは日本語歌詞字幕出すべきでは?客席に歌わせたいなら)、ランスロット卿のマッチョっぷりは、ゲイっぽさを出すには全然足りないよ!と突っ込みたかったり(オリバー君くらいムキムキでないとね!)、神様の声は誰?というのが終始気になったり(ロンドンではジョン・クリーズが神の声っていうのも、一つのポイントだし!)、デニスのブロンド髪のなびかせ方がいかんせん足りなさすぎる!、塀の上のフランス人兵士は面白かったけど、動きでももっとロンドン版みたいに笑わせて!といった、小さな不満はあります(笑)
神の声は、日本でやるなら、さんまさんあたりにお願いしても良かったんじゃ?あっドリフだったら志村けん

ただオリジナルを知りながら見ているからこそ大変な努力の跡を感じるし、“笑わせる”という目的は見事達成していました!
そのせいか、ミュージカルというよりも“たまに歌うお笑いライブ”に豹変していた感は否めません(笑)
それでも“笑い”って偉大なもので、鑑賞後は「楽しかったなぁ、見てよかったなぁ」という充足感でいっぱいでした。
もう1回見に行ってもいいなぁ、と思ったくらいです。

あっユースケさんの歌と、主役としての存在感&間が意外に安定していたことも付け加えておきます!
CHARAの歌と、クイーンの歌、どっちも上手いことオチつけてたもんなぁ(笑)

スポンサーサイト

SPAMALOT | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/09 (Mon) SPAMALOT 【CAST】 07.Mar.08 Matinée

alan dalearthur

いやーイケてなかったねぇ…(苦笑)

キング・アーサーはもちろん主役だけども、周りのキャラが濃すぎるゆえ、ちょっとスットボケてれば舞台は成り立つかと思ってたんですが……。

ボケもツッコミもハイレベルにこなせないと務まらない役だったらしい。

アーサー役アラン・デイルは、まず映像の俳優さんてとこがネック。
「LOST」では全シーズン見ているのにも関わらず記憶にありませんが、「アグリー・ベティー」では確かに観た顔。
アメリカのTVドラマに、いかにも「上司役」で出てそうな顔。
要は、どんな環境設定にも馴染める「特徴のなさ」がウリとも言えるわけで。

モンティ・パイソンのコメディで主役を演じるのは、ギャップを狙いきれていないというか、もうだんぜん的外れ。

せめて表情筋を動かそうよ~。
これでもか!ってくらい、しかめっ面でした…。
歌はまだしもセリフも一本調子で、声も張りがない。
ストプレだったらまだ良いかもしれないけど、ミュージカルの、しかもモンティに、そもそも誰がオファーしちゃったのだろう。

彼のためだけかどうかは知りませんが、前見たときほどの感動はなく、舞台からあふれ出るパワーも感じられなかったのでした。

というわけで、来年1月のクローズが決まったのにも、納得できてしまう。
役者次第の演目で、演技も歌もダンスもハイレベルに、そして均等に求められるからねぇ。

ランスロットは、今回の俳優さんも良かったけど、何となく前の俳優さんのが好き。

湖のレディーは、常にバイタリティーのある女優さんがキャスティングされているのに驚愕。
今回は女優さんが若返っていたけど、この演目、メイン女優が彼女しかいないから、そういう意味でも存在感の出せる女優さんがキャスティングされてる。
迫力は損なわれていないし、歌唱力もちゃんと冗談になるくらい上手い。
(歌が上手いのもどこかジョークな湖のレディ)

SPAMALOT | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/08 (Sun) SPAMALOT 【Intro.】 07.Mar.08 Matinée

【PALACE THEATRE】

spampalace.jpg


【CAST】(07.Mar.08 Matinée)

・ザ・ゴッド … ジョン・クリーズ(声の出演のみ)

・キング・アーサー … ALAN DALE
TV:「アグリー・ベティー」(ミード出版社のCEO役)、「The O.C.」、「LOST」、「E-Ring」、「ザ・ホワイトハウス」、「24」、「X-FILE」、「ER」、「The Practice」、「CSI」
映画:『インディ・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国』、

・パッツィ(アーサー王の召使い兼“馬”)… DAVID BIRRELL

・デニス・ガラハッド卿/黒い騎士/ハーバート王子の父 … GRAHAM MacDUFF

・ランスロット卿/罵り屋のフランス兵士/ニ!の騎士/魔法使いティム
 … JAKE NIGHTINGALE

TV/映画:「オリバー・ツイスト」、「カジュアルティー」、「デヴィッド・カッパーフィールド」

・ロビン卿/ブラザー・メイナード … ROBERT HANDS

・歴史学者/まだ死んでないフレッド/ハーバート王子/ロビン卿の吟遊詩人
 … STEVEN KYNMAN


・デニスの母/べディヴィエール卿/コンコルド(ランスロット卿の召使い兼馬)
… TONY TIMBERLAKE

・湖のレディー(未婚)…NINA SöDERQUIST

+++++++++++++++++++++++++

前回と違うキャストは、太字の方たち。

キング・アーサー湖のレディーも違うので、舞台の雰囲気もガラリと……トーンダウン…?(苦笑)

SPAMALOT | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/30 (Fri) SPAMALOT 【STAGE-2】 05.Mar.07 Soirée

「プロデューサーズ」がミュージカルの裏側を面白おかしく描いていたのに対し、本作は痛烈にミュージカル文化を皮肉っているから、舞台好きには笑いどころもいっぱい!

「ブロードウェイにはユダヤ人が不可欠!」とただ歌い続けるナンバーもあれば、「ロイドウェバーみたいなのは、やめてくれよ!」なんてセリフも出てくるし、ファントムのパロシーンもあり。

男と女が小舟に乗って、スモークの焚かれた舞台奥から登場、上からはシャンデリアが(笑)
シーンにぴったりのバラードが歌われるんですが、この歌詞がまたいいんだ!

「こういうシーンでよく歌われるよね~こういう歌~最後はキスで終わる歌~♪そうね~演技過剰で唄われるわ~♪そしていつまでも終わらない~やけに長い歌~♪さぁ、ここでキーが上がってクライマーックス~♪」

訳は適当だけど、ホントにそんな内容しか唄ってないバラード(笑)

spamfantom.jpg

俳優みんな好きなように芝居してるし、歌も上手いし、サービス精神も旺盛。

カテコの最後の最後までエネルギーが有り余っていて、幕が完全に閉まりきるまで、しゃがんだりひれ伏したりして、幕と床の隙間がどんなに小さくなっても、ずーっと手を振ってくれるの!
むしろ幕が閉まっても手だけヒョコっと出てきて振ってるし(笑)
そこも含めて演出なんだろうけど、可愛いし面白いし嬉しい♪

ネタバレに絡んでしまうけど、アーサー王と騎士たちホーリー・グレイル(聖なる杯)を見つけるところで、お客さんの1人も芝居に巻き込まれます。

もし友だちと一緒に見に来てたら、絶対巻き込まれたい!
だって、舞台の上に上げられて、色々お土産もらったり、写真を一緒に撮ってもらえたり。
そのうえ名前と出身地を聞かれて、自分の名前を歌詞に盛り込んだ歌を、キャストが歌ってくれるんだよ~!
すてきな思い出になること間違いなし!

騎士たちがさんざんチヤホヤして、そのお客さんを客席に帰した後、最後に幕が閉まる直前にマイラブランス~が、もう1回ちゃんと「協力ありがとー」って感じでそっちの方向に手を挙げて挨拶してたのー!
なんて律儀なの!ていうか、ぶっちゃけそれが一番羨ましいんだけど!らんすぅー♪

いつも同じ席の人がイジられるのかな?
その席番号、セットとも連動してるので、そうそう頻繁には変えられないと思うのよね。
私もランスの視線が欲しい…v

13londonspam.jpg

そんなわけで、モンティ好きは間違いなく楽しめるし、旅疲れの夜に行っても眠気に襲われないという、素晴らしいミュージカルです。
あーもっかい見たい…。

Earlさんランスロットやんないかなーやんないかなー♪…なー♪

SPAMALOT | trackback(0) | comment(2) |


2007/11/29 (Thu) SPAMALOT 【CAST-4】 05.Mar.07 Soirée

【ランスロット卿/罵り屋のフランス兵士/ニー!の騎士/魔法使いのティム … TOM GOODMAN-HILL】
劇団・学校:ブリストル・オールド・ヴィック演劇学校
舞台:「ドール・ハウス」、「かもめ」、「ヘンリー4世」
映画:「シャーロット・グレイ」、「The One and Only」ほか
テレビ:「The Office」、「Gideon’s Daughter」(スティーブン・ポリアコフ監督)ほか
tauntingfrench.jpg

もう騎士ん中で一番好きなキャラ!
てかこの俳優さんの持ちキャラ、全部好き!
この俳優さんが好き!愛が倒錯!!!

ニッ!しか言わないノッポさんもアホらしくて可愛いんだけど、ランスロットフランス兵士がツボりまくり!

イギリス人VSフランス人の古典的な笑いも最高です!
トロイのパロディもここだったよね。
馬じゃなくて、ウサギだったけど。
本作は、ウサギが重要キャラでいっぱい出てきます。
しかもそれが殺人ウサギとかだし。

さて、ののしり屋フランス兵士
英国騎士たちに向かってファック(てかメールド!?)&ブーイングのダブル攻撃を浴びせながら、城壁の間を顔だけで行ったり来たりする芸(説明するのが難しい!マリオのキノコみたいな動きよ~)は、TOMさんが開発した笑いらしく、畏敬の念すら覚えました。

彼はこの役で、What's on Stageの賞とってます!納得!

ランスロットは可愛い…v
殺人をものともしない屈強な騎士ながら、登場シーンからほのかに“そのケ”を垣間見せる。
ずっと隠し通しつつも、を助けるつもりが王子を助けちゃったりして、最後はカミングアウト!
ゲイの象徴=レインボーカラーあふれるセットで、ノリノリで踊っちゃいます。

カテコでも彼が一番元気で、観客に突っ込んでたりと、サービス精神旺盛でした。

ブロードウェイ・オリキャスではハンク・アザリアがやっていたし、オイシイ役どころなんだろうね~。
ハンクのランス見たかった!(><)

現在のWEランス(Tomの後任)は、ずっと大手広告代理店サーチで働いてて、いきなり俳優に転向した、これまた面白そうな俳優さんがやってます。
電通から俳優に転職した白井晃みたいですね(?)

SPAMALOT | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/27 (Tue) SPAMALOT 【CAST-3】 05.Mar.07 Soirée

【デニス・ガラハッド卿/黒い騎士/ハーバート王子の父 … GRAHAM MacDUFF】
劇団・学校:王立バレエ団、Arts Educational School
舞台:「ガイズ・アンド・ドールズ」(2005年ピカデリー劇場版オリジナル・キャスト、ジョーイ・ビルトモア&ソサエティ・マックス役)、「シカゴ」(ビリー・フリン)、「ウェスト・サイド物語」(ベルナルド)ほか
映画:『オペラ座の怪人』
spam-vsfrench.jpg

「ガイズ・アンド・ドールズ」2005オリキャス多いな~。

この作品のスゴイところは、脇キャラをアンサンブルがやるのではなく、あえて役名付きの俳優が1人何役も務めるところ!
それぞれの騎士に持ち歌があるから、その人の出番中、確かに他の騎士はヒマなんだな(笑)

黒い騎士や、ハーバート王子の父……って書くと何でもないような役に思えるけれど、登場人物すべてキャラが濃いので、芝居が出来る人じゃないと務まらないのもまた事実。

黒い騎士は、両腕両足を切られても、なお戦おうとするサイコなやつ。
超バカなのに、仕掛けと芝居の連動が上手くて、笑いとともに拍手までうっかり起きちゃったりもする(笑)

デニス・ガラハッド卿は、ファントムのパロシーンで男役(ファントム役!?)を歌う人。
俳優さんが、映画版『オペラ座の怪人』にまで出演していながら、パロってるのが笑える。

舞台の端っこの方にいても、グリンダ in 「Wicked」の持ちワザである「Toss! Toss!」大げさ&キザにずっと続けているような王子キャラです。


【歴史学者(本作のナレーター)/まだ死んでないフレッド/ハーバート王子/ロビン卿の吟遊詩人 … DARREN SOUTHWORTH】
舞台:「クリスマス・キャロル」、「ピノキオ」、「カンタベリー物語」、「秘密の花園」
映画:『カレンダー・ガールズ』、『あなたのために』
本作でウェスト・エンド・デビュー。
not-dead-fred.jpg

この枠もなかなか大事なポイントを抑えた役ばかり。

騎士の持ち役はないけど、まだ死んでないフレッドの歌(の直後に“あっ!今死んじゃったフレッドの歌”もあり・笑)で、オープニングのフィンランドの歌に続き、畳み掛けるように笑かしてくれます。
小柄な役はすべてこの枠が担うけど、ハーバート王子は特にウルトラ・キュート!

「“フィンランド”じゃなくて“イングランド”だっちゅーの!」……なんてベタな歴史学者(笑)

SPAMALOT | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/26 (Mon) SPAMALOT 【CAST-2】 05.Mar.07 Soirée

【湖のレディ(未婚)… HANNAH WADDINGHAM】
Live and Recorded Artsアカデミー奨学生
舞台:「ロートレック」(主演女優賞、新人賞)、「グリース」、「バッド・ガールズ」
ほかオリンピック開幕式、This Morning、London Nightなどで歌唱パフォーマンス
spamladylake.jpg

男性中心のキャストの中で、唯一女性のメインキャラ
エクスカリバーを授ける重要な役ながら、2幕でめっきり出番が減ってしまう。
思い出したように登場し、「歌姫の嘆き」と題した歌の中で、「私の役はどうなっちゃったの~いつ出番が来るのよ~」と、嘆きというより怒りの大熱唱。

歌唱力のある女優さんだけど、なかばヤケで歌うので、結構ノドとか辛そう…。
自分を潔く捨てた強力キャラでした。


【ロビン卿/ブラザー・メイナード … ROBERT HANDS】
劇団・学校:ブリストル・オールド・ヴィック演劇学校
舞台:「シカゴ」、「マンマ・ミーア!」、「真夏の夜の夢」、「ウーマン・イン・ブラック」ほか
映画:『ピュア』、『アンナと王様』、『シャーロット・グレイ』、『シャイン』
テレビ:「ドクター・フー」、「ハートビート」

弱虫騎士のロビンは、聖なる杯を探す旅の途中でミュージカルに目覚め、ミュージカルやりたいけどユダヤ人が必要だー!という、アメリカのショービジネスユダヤ人で成り立っている事実を皮肉った歌を愉快に歌って、身近なところにユダヤ人を見つけ、めでたしめでたし。(さらっと書き上げてみました)

SPAMALOT | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する