--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/10/26 (Mon) Les Misérables 【STAGE】 May 3.2014



Raminのバルジャンを観に行く機会がないままロンドンでの公演が終わり、トロントなんてもちろん観に行けずに意気消沈としていたところで、まさかのBWトランスファー。
NYならいつでも誰か1人は見たい役者が出ているもので、この時は見たい作品が重なったこともあり、迷わず渡米しました。

大好きな作品で、しかもあのラミンがバルジャン役。
脇のキャストも、ミュージカル「ヘアー」で際立っていた面々(ジャヴェールのウィル、フォンティーヌのケイシー、そして売春宿オーナーのアンドリュー)が揃っており、期待度マックスでした。

……ちょっと期待しすぎたかな(苦笑)
全体的に、ロンドンで観るレミゼの方が好きでした。

多分、ロンドンの役者さんたちの空気感が作品向きなんでしょうね。
以前、「オペラ座の怪人の英米版の印象が違う!」という記事を書いたと思いますが、あれはまだフィクションなので、それぞれの良さを堪能できたんですね。
ファントムはある意味、超エンターテイメントですし。

一方で、シリアスなシーンが多く芝居に近いミュージカルであり、しかも群像劇であるレミゼは、ニューヨークのスター性の強すぎる役者陣では物語に入り込めませんでした。
「ヘアー」のような、カジュアルでライブノリの作品でいかに彼らが輝いていたかを考えると、本当に向き不向きでしかないんでしょうけれど。

クセのあるアレンジを効かせた「I dreamed a dream」は、フォンティーヌに共感するにあたって邪魔になってしまう。
「ウィキッド」のエルファバならいいんですけどね……。

ウィルはそんななかでもクセが出ないように抑えていたと思いますが、彼の場合、キャラの濃い役が出来るのを知っているが故に歯がゆい(笑)
ラミンが、ラミン本人ではなく“バルジャンとして”存在感を出している一方で、ウィルはウィル本人としての存在感を消すと同時に、ジャヴェールとしての存在感も弱くなってしまっているようでした。

役として生きるのは、やはりロンドンの役者さんの方が得意で、自分のスター性を出していくのが得意なのが、アメリカの役者さんなのでしょうね。



そんな中で、さすがにラミンは役として生きていました。
ただ、このレミゼの前に観たのは「4STARS」という素晴らしい舞台でだったので、ロングラン公演で久しぶりに見ると、少し声がつぶれたような、衰えたような気がしてしまいました。

全盛期のファントムって、この程度ではなかったと思うんだ。
歌声が響いた瞬間に、「アールさんやばい!この人にファントム役交代しちゃうかも」って思わせるスーパーヴォイスだったもんなぁ。
トニー賞ノミネートされるだけの実力は確かにあると思うけど、もっとすごいパフォーマンスの時にノミネートされていれば、獲れていたかもしれないね。

この作品は、ロンドンで記念特別公演など役者がスペシャルなバージョンも見ているし、通常公演でも良い役者さんにも当たっているので、総じてクラシカルな歌声と芝居が似合っているロンドン公演に分があり、でした。

スポンサーサイト

Les Misérables | trackback(0) | comment(0) |


2015/10/25 (Sun) Les Misérables 【Intro.】 May 3.2014

【Theatre】Imperial Theatre










【CAST】(May 3, 2014 Matinée)

Jean Valjean … Ramin Karimloo
本作品でトニー賞主演男優賞ノミネート。
舞台:「ミス・サイゴン」、「オペラ座の怪人」、「ラブ・ネバー・ダイズ」ほか
映画:「オペラ座の怪人」、「ヴェンデッタ」、「オペラ座の怪人25周年記念公演」、「レ・ミゼラブル25周年記念公演」

Javert … Will Swenson
舞台:「ヘアー」(トニー賞ノミネート)、「プリシラ」、「レスタト」、「ミス・サイゴン」(ツアー)、「ウィー・ウィル・ロック・ユー」(ツアー)

Fantine … Caissie Levy
舞台:「ゴースト」、「ヘアー」(シーラ役)、「ウィキッド」(エルファバ役)、「ヘアスプレー」(ペニー役)、「レント」(モーリーン役)

Thénardier … Cliff Saunders
舞台:「39ステップス」ほか

Madame Thénardier … Keala Settle
舞台:「Hands on a Hardbody」、「プリシラ」ほか

Eponine … Nikki M. James
舞台:「ブック・オブ・モルモン」、「トム・ソーヤー」
TV:「30Rocks」、「Low and Order」

Enjolras … Kyle Scatliffe
本作でブロードウェイ・デビュー。
舞台:「ラグ・タイム」、「オクラホマ!」ほか

Cosette … Samantha Hill
舞台:「オペラ座の怪人」(クリスティーヌ)、カナダ版「春のめざめ」、「ナイン」ほか

Marius … Andy Mientus
ブロードウェイ・デビュー
舞台:「春のめざめ」(ナショナル・ツアー)
TV:「スマッシュ」ほか

The Bishop of Digne … Adam Monley
舞台:「マンマ・ミーア」(オリジナル・キャスト)、「ファントム」(ラウル)

Les Misérables | trackback(0) | comment(0) |


2013/06/15 (Sat) Les Misérables (10.Oct.2012 Soirée)

【Queen’s Theatre】

LesMiz2012.jpg

LesMiz_WE09OCT.jpg


【CAST】(10.Oct.2012 Soirée)

Jean Valjean … Geronimo Rauch

Javert … Tam Mutu
舞台:「レ・ミゼラブル」(アンジョルラス代役)、「Love Never Dies」(ファントム代役)ほか

Fantine … Sierra Boggess
コロラド州デンヴァー生まれ。
舞台:「Princesses」(Binky役)、「レ・ミゼラブル」(USツアー、コゼットU/S)、「オペラ座の怪人―ラスヴェガス・スペクタキュラー」、2007年ミュージカル「リトル・マーメイド」の主役でブロードウェイ・デビュー。
TV:「The Today Show」、「Good Morning America」、「The View」、「The Macy’s Thanksgiving Day Parade」、「62nd Annual Tony Awards」

Thénardier … Cameron Blakely

Madame Thénardier … Linzi Hately

舞台:「シカゴ」(ロキシー役)、「レ・ミゼラブル」(エポニーヌ役)、「メリー・ポピンズ」(バンクス夫人)、「マンマ・ミーア!」(ドナ役)、「秘密の花園」(マーサ役)

Eponine … Danielle Hope
舞台:「オズの魔法使い」(ドロシー役)

Enjolras …Liam Tamne
舞台:「ヘアー」(エレクトリック・ブルース)、「ヘアスプレー」(リンク・ラーキン役)、「ウィキッド」(フィエロ代役)

Cosette … Samantha Dorsey

Marius … Craig Mather



シエラとタムのカポーが評判になっていたので、見に行ったのでした。
ヴァルジャン役や、エポ以下の若手は全く知らない名前でしたので、何度も鑑賞済みの本作を見る動機は2人以外にないなか、シエタムカポー共に本領発揮できるような役ではなかったので、レミゼを外して「戦火の馬」でも見れば良かったかなという感じです。

シエラは、先日観た「4 STARS」(ラミンと共に来日中の豪華コンサート)で披露したソプラノの方が、よっぽど上手かった。
「I dreamed a dream」「On my own」は、綺麗な声よりも感情が先立って地声で張るような曲なので、彼女の声には残念ながら合わない。
「4 STARS」でも「I dreamed~」を歌ってくれて、感情表現は素晴らしいのですが、やはりソプラノの曲の方が似合うなと改めて思いました。
歌への気持ちの込め方は熱いのだけれども、これはもう技術とのバランスの問題だね。

マダム・テナルディエのLinziさんは、鑑賞記録には残っていなかったものの、「CHICAGO」のロキシー役で絶対見ているはず。そして名前が記憶に残っているので、上手かったのだと思います。
ロキシーもたいがいアクの強い役ですが、セクシーな魅力のある女性なので、脇役かつ汚れなテナルディエ夫人で名前を見かけた時には意外性を感じました。
器用な女優さんなので熟してはいましたが、CHICAGOのロキシー役ほど、特別な印象が残っているわけでもありません。

キャラクター化されすぎた役なので、ロキシーほど演者による差が出ず、アレンジできる箇所も決まっているせいかしら。
とはいえ、現在マダムを演じているウェンディさんは、オペラ座でカルロッタのファーストに昇進した時に、演技で前任との差を巧みにつけていたので、今のマダムは面白いかも?!

ジャヴェールを演じたタムさんは、そこそこ評判が良かったかと思うのですが、そこまでの感動がありませんでした。何だろう、すべてにおいて一歩足りない感じ。

これはもはや、自分が最後に観た公演が幻のJOJ×EARLキャストだったところによる、“Earlの呪縛”(韻を踏むなら、アールのカース)のせいだと思われます。
もしくはその直前にみた、Queen’sの25周年期間限定キャスト(Javertはハンスさん)も素晴らしかったから、もはやお祭りレベルのキャストでないと、満足できないカラダになってしまったのかもしれない…

比べる相手が酷だとは思いますが、役へのなりきり度ではEarlさん、声の安定感とパワーではHansさんに及ばず、でした。

ヴァルジャン、テナルディエ、エポ、コゼ、アンジョなど、すべてのプリンシパルキャスト(マリユスは別に誰でもイイらしい)において、25周年キャストの引きずり現象は起きているかもしれないです。

そんな見方をしたら楽しめるもんも楽しめない、というのも一理あると思うのですが、例えばEarlさんのファントム役UnderにRaminが入ってきた時に、「あっこれはEarlさんのファースト維持が危ういかも!」と思わせられたように、すでに良いキャストをさらに超えてくる俳優の出現を目撃するのも、WEやBWで世界屈指のプロのエンターテイメントを見る醍醐味だったりするので、今回は全体的に物足りない印象になってしまいました。

しかし自分で書いていて突っ込みましたが、JOJ、Earlさん、ハンスさんレベル以上じゃないと満足できないって、どれだけ贅沢なんだよ!と(笑)

さて、Ramin×Earlさんの(Ramin的に凱旋)トロント公演、どうしようかねぇ。

なんでNYかLONDONかパリでやらないんだろ?
トロントじゃ他の演目が見られないじゃないの……ぶつぶつ(笑)
これでトロントが未踏の都市だったら、観光がてら行っても良いかなと思いますが、一回行ったことがある上に、パリのように何回行っても楽しい都市ではないからなぁ…。

Les Misérables | trackback(0) | comment(0) |


2011/06/03 (Fri) レミゼ25周年記念もろもろ

1日に日本のレミゼを見てからというもの、ここ1週間ほど、昨夏のレミゼ・フィーバーが若干もどってきたので、書きもれたことをツラツラと。

ロンドンの25周年期間限定キャスト版グランテールが非常によくて、他のキャスト版に比べて、存在感と父性がとても強かった。
若くてカッコいいタイプの俳優さんが演じていて、その時点で珍しい。
ガヴローシュのお父さん!という雰囲気が随所ににじみ出ていて絡みがほほえましく、その分ガブの死での悲しみようが見ていて可哀想すぎる…。

原作読みでない私は恐れもせず聞いちゃうけど、グランテールガヴは親子ってことでいいのかな、実際?
ガヴがみんなに可愛がられてるから、誰が保護者か一見わかりにくい…。
今回初めて、その関係性に注目してバリケードのシーンを見た気がしたよ。泣けたわ。
もしこれで親子じゃなかったら、あの2人の関係性をドラマにする力といったら素晴らし過ぎな、グランテール役者とガヴ子役。

てか原作読もう。と、多分5年くらい前から思ってる。
あえてフランス語で手つけちゃう?<一生読み終わらないに1フラン!<しょぼい賭け金。

そだそだ、昨日NHK BSで、トニー賞特集やってましたね。
舞台ではそこまでパンチを感じられなかった新妻さんですが、シルビアさんと歌った曲は迫力があって良かった。
しかし今井さん、島田さん、新妻さん、笹本さんの「民衆の歌」はさすがに薄っぺらかった…。
これは4人ぽっちで歌う曲じゃーないね(苦笑)

そして四季の映像特集に入っていったのですが、うん、やっぱり正直なとこ言わせてもらうと、海外で見る方が断然……(苦笑)
ちょっとね、途中からホント、見てるの辛くなったからね…。
日本語で上演した功績や意義の大きさは、もちろんあるのだろうけども…。

↓そんなわけで去年行われたレミゼ25周年記念コンサート@O2アリーナ。
明日はこれが全編通しで放送される!わーいわーい!



オリキャスでもないのに歌いだしで拍手と歓声をもらったEarlさんが自分のことのように嬉しかったり。
聴き心地も良いし、立ち姿もスラっとしていて、きれい。
ケイティー・コゼットが嬉しそうに拍手していて、手の動きから読み取るにリア・サロンガさんも拍手してくれていて、あの画面上で唯一拍手していないニック・ジョナスっていう。
そりゃ女子はみんなアールさんにメロメロよね~男の子にとっちゃ面白くない存在よね~(←妄想です)
そんなニック・ジョナスは全員入るところでサボってた(てか気抜いてて気づかなかった)がバッチリ映っているのが面白い。

ラミンのあの、自分も出演者なのに、周りのスターキャストに興奮している笑顔もたまらなくかわいい!
カテコで1人ずつお辞儀する時、アンジョルラスの自分でいきなり歓声が大きくなったことに驚き、感謝しているところが謙虚で素敵でした。
そりゃあなた、わざわざO2まで見に行ってる観客は、ファントム2、いやむしろファントム1でも主役張ってる人がアンジョやってるって知ってるんだから、歓声も大きくなるよー!
ただのアンジョじゃないもん、贅沢な使い方だってみんな思ってるさー。
でも!本人は至って謙虚です。

↓レミゼの舞台となった通りの近く・現風景。平和じゃ。

AU ROCHE DE CANALES

rue_montorgueil.jpg

残念なのは、先日フランス人にミュージカル「レ・ミゼラブル」について話したら、

「はっ?レミゼがミュージカル?想像つかないんだけど!ミュージカルってだって、ディズニーランドみたいなやつでしょ?あんな暗い話、ミュージカルにできなくない?」

うん、わかるよーわかる。フランスでのミュージカルの市民権って、そんなもんです。
あんな豪華なツアーキャストがわざわざシャトレーくんだりまで来て歌ってくれてるのに、なんてもったいない。

ロンドン・ミュージカルとブロードウェイ・ミュージカルの違いを説明するも、最終的に「やっぱり想像できない」とのこと。
もう私にはこれ以上の説明はできない。見てもらうしかない。
しかしディズニーランドを想起している時点で、ミュージカルを見に行く気も起こらないらしい。
フランス演劇は好きらしいので、そのディープさとシュールさを求められたら、それはそれで無理だけど。

Les Misérables | trackback(0) | comment(0) |


2011/06/02 (Thu) レ・ミゼラブル さよなら公演 【STAGE】



ガヴローシュこども店長だった!(加藤清史郎くん)
海外子役に比べたら歌はやっぱり……ですが、初めてのミュージカルだし、子供らしくて可愛かったです。そして芝居は上手かった。
そういえば息絶えるシーンの歌って、あのメロディだったっけ?
ガヴのテーマになっているメロディラインと共に息絶えてた記憶ですが、違うメロディーのようでした。

あとリトル・コゼット「アニー」モリーを演じた事もある子で、上手かった。
子役にあまり辛いことは言いたくないのですが、パリで見た公演2日目のリトル・コゼットが、椅子からずり落ちちゃうくらいに音程が外れっぱなしで、ちょっとアレはないかな~ってくらい酷かったのです。
自分が音痴だから少しのズレなんて気づかないのですが、それでも肝が冷える調子っぱずれ。
子役だから、一部もしくは全員が現地オーデ調達だろうけど…。でもガヴは両日とも上手かったしなぁ。

テナルディエsは安定感があって、安心して聞けました。
前回見たときも森クミさんだったけど、今回は少し元気がないように思いました。
前は、もっといっぱい笑った気がする…。いやすでに、十分な演技はされているのですが(笑)

コゼット中山エミリさんは、歌は残念でしたが、見た目が可愛い!
よわっちいソプラノでもなんでも、コゼットの存在意義である(笑)雰囲気は当たりでした。

新妻さんって、以前見たことあるのだろうか。何かで見ている気はするのだけど…覚えていない(苦笑)
フォンティーヌは海外でもキャストの落差は激しいので、そして芝居が前面に出て声が潰れていることも多々あるので、それと比べても可もなく不可もなく……という印象。
フォンティーヌとしてやるべきことはきちんとやっているけれど、突き抜ける何かが足りない感じ。
人としては好きなんだけどね~新妻さん。

その新妻さんと仲良しさんの笹本エポニーヌ
こちらは、海外が割りとずば抜け型キャストを持ってくるので、比べちゃうとやっぱり…。
芝居などは出来上がっているものの、歌声の迫力も同時に求めちゃう役なのが厳しいところ。

マリユスは今度ロミジュリのロミオをやる山崎さん。たぶん初見、かな?
日本のミュージカルはめちゃくちゃ見ているわけではないので分母が小さいかもしれませんが、ここらへんのヒーロー系若手の中では、個人的には浦井さんが一番歌えるイメージなんだよね~。
雰囲気は超マリユスだし、大きく伸ばすところは太く出るけど、弱い声で演じるところ……というか地声?が残念な感じ。まぁでも出すべきところは出るからいいのかー。
ニック・ジョナスもアレだったしねぇ。

ジャン・ヴァルジャン吉原さんは、素写真がいかつくて、他のパパ系バルジャンとの落差がすごいなーと思いましたが、舞台上ではちゃんとバルジャンしてました。
33歳という、海外では適当な年齢にも関わらず、日本のミュージカル界においては、バルジャンを演ずるに若すぎる年齢で、大抜擢。
四季時代から知っている人に、いいよ~と言われていたので期待していましたが、確かに声質は柔らかくて素敵。
ただ声が、わざとか天然かは分かりませんがよく震えるので、安定感に乏しく聞いていて不安になる瞬間も。
出しにくそうなのとはまた違うんだよなぁ。あれは何なんだろう…?

ジャヴェールは、多分はじめましてな今拓哉さん。
よく日本のミュージカルでは名前をお見かけする気はしますが、ずっと観劇日に出演が当たることはなかったのでしょう。
芝居は良かったのだけど、声が残念でした。
ジャヴェールというキャラクター上、ああいうハスキー声も全くナシではないとは思いますが、ハンスさん、アールさんと聞いてからだと、声自体に存在感や力強さ、艶やかさや聞き心地の良さも求めてしまいます…。

ここまで引っ張りましたが、最後にこの方、アンジョルラス!引っ張ったのには理由がある(笑)
大学を卒業したばかりで、初のプロ舞台が今回のレミゼという、こちらも大抜擢!(今回こういうの多いね?)
いやーーーー良かった!そうそう日本で出会えません、この「見ぃ―つけた!」感。
ネットで検索すると、公式モノはレミゼのプロフしか出てこず、あとは今回見た人の絶賛ページで検索結果が埋まります。

オペラから来ているので声に安定感とパワーがあり(今回のキャストの中で、間違いなく一番歌えてた)、一方でオペラ出身者に不足しがちな味の部分も薄れておらず、何より魂、芯の部分にアンジョルラスを持っているのが良かった!
小手先の芝居では勝てない、役が息づいちゃってる感じ。
かなり熱い想いを持ってオーディションも受けたようで、役とのシンクロ具合がすばらしく、声と存在感にオーラがありました。

帝劇100周年記念パーティなどでもリードで歌い、ヴァルジャンらプリンシパル含めても、歌わせている量が他と段違い。なので製作側としてもダイヤの原石を発見しちゃったウッヒッヒ!という感じなのでしょう。(なぜ悪代官風味?)
今回ワケあってバルジャンキャストに合わせて日を選んだので、上原アンジョに出会えたのは完全なる偶然ですが、これはもうセレンディピティですね♪
ロミジュリにも出演が決まったみたいで、願わくば彼の出演日に見たいものです!

Les Misérables | trackback(0) | comment(0) |


2011/06/01 (Wed) レ・ミゼラブル さよなら公演 【Intro.】

【帝国劇場 Imperial Theatre】



【CAST】(01JUN11.マチネ)

ジャン・ヴァルジャン … 吉原光夫

ジャヴェール … 今拓哉

フォンティーヌ … 新妻聖子

テナルディエ … 三波豊和

テナルディエの妻 … 森公美子

エポニーヌ … 笹本玲奈

コゼット … 中山エミリ

アンジョルラス … 上原理生

マリユス … 山崎育三郎

ガヴローシュ … 加藤清史郎

リトル・コゼット … 清水詩音


経歴を書くのも諦めた感が…(笑)
でも日本の人たちだから、みんな知ってるでしょ、ね?(笑)

しかし正式名称か分からんが、「さよなら公演」て書くと一抹の寂しさが…。
もう日本では盆公演に会えないのだね~。

Les Misérables | trackback(0) | comment(0) |


2011/05/31 (Tue) Les Misérables 25周年記念新演出版 【男子!お渋いの!アールさん】

DW_les_mis_25.jpg

この写真撮った人偉すぎる!いいとこ見てる!乙女心が分かってる!
ジャヴェールも、この髪型でいいよ。これがいいよ。
カッコいいよーーー!!!

JOJと絡むと……いやソロトークでも面白いらしいアールさんのジャヴェール2回目!
やっぱりもちろん間違いなく、この方はさらに進化してらっしゃいました。
普通に声量も増えていた気がするのは、会場が広いせい?

それにしても「Stars」の観客のつかみ方が、半端なかったの!
メトロが近くを走るときに会場に地響きがゴォー!っと走る瞬間があり、それが上手いこと「Stars」に重なるという嘘みたいな偶然もあり(しかも2回とも!ま、時刻表が一緒だから考えれば当然なんだけどさ・笑)、しかしまるでその地響きをアールさんが起こしたかのような錯覚に陥るのです(笑)
拍手とブラボーは絶大だったし、本当に役者が良いパフォーマンスをしている時、その曲が終わる前からもう観客が拍手したがっている、“あの”空気があったもん。

贔屓目は今さら否定しませんが(笑)、それでも今回はやっぱり絶対、声量も感情を押し出す力も強力になっていたと思う。
前回はハンスさんと比べ繊細さにあふれたジャヴェールという印象だったけど、今回はやわらかさの中に、とてもとても強い芯が生まれていて、バルジャンのように臨機応変に生きることができない性に説得力が増した気がしました。
その後JOJ「Bring Him Home」で同レベルの超絶歌声を聞かせるまでは、間違いなくアールさんの「Stars」が1人勝ちでした!

そんなアールさんに、レミゼ以来のステージドア接触!
アールさんにフランスで会えるとは~♪
何でこの機会が留学中になかったかな~(笑)
もっと頻繁にこういうの(ツアーでパリまで来ちゃうの)して欲しかったよぉ。

ステージドアから出て来た瞬間、フランス人の友人の下へハグしに行ったアールさんの第一声に悶えた私。

「へーい!ぼんじゅ~る!」

萌えポイントは非常にたくさんありまして。
息の漏れ音いっぱいのフランス語を、あのセクシーボイスが口にした!
しかも英語訛り!
Bonjourの後の会話は即英語!(でも挨拶はちゃんとフランス語にしてるとこがカワイイ!)
何が一番可愛かったって、ソワレ後(しかもフランスだから8時とかから始まって、終わるの遅いの)の真っ暗闇で、堂々と「こんにちは!」って言ってるところ!
Bonsoir(こんばんは)じゃないところが惜しい!でもそこが間抜けで余計カワイイ!

ま、要はフランスでアールさんに会えて嬉しかったよ♪って話です。
ロンドンのステージドアと違って、JOJアールさんも優しいというか、ちゃんと構ってくれて嬉しい。
アールさんも、いつもに比べたら適当じゃないし(嬉涙)

Les Misérables | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。