--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/01/04 (Sun) God of Carnage 【BACKSTAGE】

待っている間にアジア系のゲイにいきなり話しかけられ、感想を求められた後、滔々と本作の講評を聞かされるハメに。
夏みかんちゃんたちの観劇日記読んでたら、「Avenue Q」の後かなんかに、同じ人に絡まれたっぽい?と思ったんだけど、どうでしょ?
Stagedoorの有名人?(笑)
この人はかなりの舞台ファンらしく、本作も地方でのTry Outからウォッチしていたそうな。

ralphatbackstage.jpg

そんなこんなでレイフ登場。シャワー浴びたてなのか、肌つやバッチリ。
あんまり会話はしないけど(ファンに話しかけられても、「Thank you」とさらっと流していく)、にこやかにサインに応えていく。
が、オークション目的のおっさんが2度目のサインを差し出すと、ガン拒否。
それでもおっさんが「いやこれが初めてですよ」と嘘ついて食い下がるも(笑)、「その手には引っかからないよ~ちゃんと分かってるんだからね~」と、いたずらっぽい笑顔で余裕の応酬。ちょっとすてき。

すごく色が白くて、顔がちっちゃかったです。
顔立ち的には生で観ても普通の外国人って感じかな~と思ってたのですが、やっぱり清潔でキラキラっと光るものがありました。

ralphsignature.jpg

レイフが第一目標でしたが、ケン・ストットも出てきて、お芝居も良かったのでサインいただく。
こちらは普通のおっちゃん風味でした。

スポンサーサイト

God of Carnage | trackback(0) | comment(0) |


2009/01/03 (Sat) God of Carnage 【STAGE】

godofcarnagescene2.jpg

イーストボーン「ZORRO」を観に行って1泊するつもりだったのに、その日のうちにトンボ帰りしたのはこの作品を観るためでした。

おなじみギルグード劇場に当時かかっていた「God of Carnage」
主演があのレイフ・ファインズということで話題になっていました。
ケヴィン・スペイシーと並び、やはり一度は生舞台を観てみたかった俳優さん。

経歴にある「The Faith Healer」上演中にちょうど卒業旅行で向こう行ってたのですが、その頃はまだロンドンに上がってきてなくて、地方をドサ周り中だったのよね。で、泣く泣く諦めた。

ウェスト・エンドで上演したストレート・プレイを、来日公演にもそこそこ持って来てくれる俳優さんなので、何でアランに同じことが起こらないのか不思議でしょうがないっす。
レイフアランが、ハリポタに続き舞台で共演すれば良いのか?
そしたらアランを連れてきてくれるのかしら?

godofcarnagescene1.jpg

子供の喧嘩をきっかけに双方の両親が集まって話し合いをすることになったものの、形式的に場を設けただけなので、どこかよそよそしい4人。
しかし徐々にそれまで鬱屈していた気持ちが吐き出され、一方の母親は気分が悪くなって、もう一方の母親が大切にしている画集の上に本当に吐いてしまう。

芸術的なセットは転換せず、ひたすら4人のセリフ応酬劇。
レイフ以外の3人が優秀なコメディアン&コメディエンヌで、そもそも役柄からしてクールなレイフが若干浮いていました。

「The Faith Healer」でもレイフと共演していたケン・ストットの吐くセリフは一言一句笑いを取っていたのが印象的。
『チャーリー・ウィルスンズ・ウォー』どこに出てたかしら…。

そんな人と並べられたレイフが不幸なのかもしれないが、彼はやっぱりスィリアス芝居向きなのでは?
コメディのイメージがないし、実際芝居もそこまではっちゃけられてない。
声の張りも心なしか他の3人に負けているような気がして、真面目な芝居で苦悩している方が輝くんじゃないかと思いました。

作品としては、特に演出が独創的なわけでもなく、心に何か残すほどではなかったです。
セリフ応酬劇で英語の理解にいっぱいいっぱいでも、深く感動を残す作品には出会っているので、それらに比べるとあっさり。
さらっと就業後に大人の時間を楽しんでね~的な作品に感じられました。

God of Carnage | trackback(0) | comment(0) |


2009/01/02 (Fri) God of Carnage 【Intro.】

【Gielgud Theatre】

gielgud goc

「エクウス」と同じ劇場。ずいぶんシンプルになったね。
映画人率たかいね。

オフィシャル・サイト

脚本:Yasmina Reza
監督:Matthew Warchus

【CAST】(08.Mar.2008 Soirée)

Alain Reille … Ralph Fiennes
舞台:「First Love」、「Faith Healer」、「Julius Caesar」ほか
映画:「嵐が丘」、「シンドラーのリスト」、「クイズ・ショウ」、「オスカーとルシンダ」、「ことの終わり」、「オネーギンの恋文」、「メイド・イン・マンハッタン」、「レッド・ドラゴン」、「ナイロビの蜂」、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」、「上海の伯爵夫人」、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」、「The Dutchess」、「The Reader」ほか

Annette Reille … Tamsin Greig
舞台:「から騒ぎ」、「ジョン王」、「真夏の夜の夢」ほか
映画:「ショーン・オブ・ザ・デッド」ほか

Véronique Vallon … Janet McTeer
舞台:「メアリー・スチュアート」、「から騒ぎ」、「ワーニャ伯父さん」ほか
映画:「お気に召すまま」、「Tumbleweeds」ほか
TV:「分別と多感」ほか

Michel Vallon … Ken Stott
舞台:「The Faith Healer」、「あるセールスマンの死」、「オクラホマ!」ほか
映画:「チャーリー・ウィルスンズ・ウォー」、「アドルフ伯父さん」、「カサノヴァ」、「キング・アーサー」、「フィーバー・ピッチ」、「シャロウ・グレイヴ」ほか
TV:「ベガーズ・オペラ」ほか

God of Carnage | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。