--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/03/10 (Thu) HAIR 【STAGE&CAST】 18JUN10

hairlondon_last.jpg

ロンドンにトランスファー後、意外に早く減速してしまった「HAIR」
開幕から時間を経てというわけでもなく、ロンドンではオープンの当初から評価が両極端に分かれてしまったのも驚きでした。

客いじりにエンタメ性が強すぎて、演劇の国では受け入れられなかった?など色々考えられますが、そもそも客いじりの激しさや長さも、NYに比べ6割くらいなんだけどね。
客層に合わせて、あえて抑え気味にしていた可能性もあるけど……イギリス人ってボディタッチ苦手だっけ?

劇場も、キャストが暴れるには若干不利な造りでした。
縦の通路が客席の両脇にしか通っておらず、真ん中にないので、絡める客席の表面積は必然的に減ってしまいます。
逆にNYの観客も、自分から参加していく姿勢が強かったんだけどね。
これはどの演目でもそうなのでしょうが、WEは「舞台を観ている」という客観性が強いです。

あとこれはCAST変更後からかもしれませんが、全体的にテンポが速くサッサとシーンが移り変わっていった印象。
物理的に早いだけで、NYの時のように全ての場面に見ごたえがあって、「時間が過ぎるのがあっという間だった」というのとは違うんだなぁ…。
まぁねーNYも最後の方はキャスト側にマンネリ感が見て取れるパフォだったらしいので、どっちにも原因はあるんだろうけどねぇ。
現地到着日のソワレで見るには辛い演目になっていたのが残念でした。
「ヘアー」なら寝ない!と思って選んだのに。寝てないけど……でも辛かった。

hair_parkcast.jpg

バーガースティールは上手かったし、一瞬ウィルかと見まごうくらい演技や声や動きがソックリ!
キャプテン・ジャック・スパロウ風に演じれば、誰でもバーガーになれるのかしらん。
そのパフォーマンス自体は見ていて満足なのですが、ウィル・バーガーの客席絡みがもっと引っ張っていて奔放だったのに対しどこか遠慮がちで、巧妙なコピーなのだけど、コピーの域を出ていなかった。
こんなに辛口で言ってるけど、パフォーマンス力は高い俳優さんです。
オリジナルが、セカンド泣かせなだけです(笑)

WOOFは完全にブライスのキャラ勝ちでした!ごめん、新キャス・ルーサーさん!
可愛らしいくせに図体がデカイから存在感があり、そして絶妙に少々アホという、あの“デカカワイイ”感じはブライス独特でした。
ていうかブライスが好きなんだけど。次なに出るの?ギブ・ミー・ブライス!
誰も「I love you!」って返してあげなかったのが可愛そうでした。でも自分で言う勇気はないんだけどさ!

GAVINは相変わらず素晴らしかったです。彼はぶれない。

スポンサーサイト

HAIR | trackback(0) | comment(0) |


2011/03/09 (Wed) HAIR 【Intro.】 18JUN10

【Gielgud Theatre】

Gielgud Theatre-Hair

Hairlondon_castboard.jpg


【CAST】(18. JUN. 2010. Soiree)

Dionne … SASHA ALLEN

Berger … STEEL BURKHARDT

Crissy … ALLISON CASE

Woof … LUTHER CREEK

Claude … GAVIN CREEL

Sheila … CAISSIE LEVY

Jeanie … KACIE SHEIK

Dad、Margaret Mead … ANDREW KOBER


パンフを買わなかったので、危うくロンドンの2次キャストわっかんなくなるところだった…。
バーガーのキャス変は知っていたけど、Woofもか……と大分おちこみ。←何せブライスが大好き。
トリオのうち2人も違うのね…寂しい。

ディオンヌ&シーラの女性メインが変わってないのが、せめてもの救いだったなぁ。

HAIR | trackback(0) | comment(0) |


2009/09/28 (Mon) HAIR 【ONSTAGE!】 25&26 SEP. Soiree

BWはロンドンと違って、正面入り口の隣りにステージドアのあるところが多いよね。
自然な流れで出待ちできるので便利です。

「HAIR」トニー・キャストということもあるのか柵が設けられており、ほぼ全てのキャストが自前のペンを持ってサインにも写真にも応じるという、出待ち前提なステージドアでした。
かといって、そんなに溢れんばかりにファンがたかっているワケでもないので、キャストと触れ合うのに最適な環境かも。

お目当てのGavin、Will、Bryceとも普通に触れ合えて満足だけど、さらっとしていたかなぁ。
ロンドンの方が役者さんとの触れ合いが濃い気がします。
写真も皆と撮ってもらえたんだけど、自分が前に出ているので切り取りしにくい……。

代わりにこちら、舞台上からの写真……ブレブレですが。

hair-baner.jpg

一度ストーリーが締まった後、カーテンコールは「Let The Sun Shine In」を会場中で歌い、さらには舞台上に自由参加。キャストも客席にホレホレ~と誘いにきます。

最終的にかなりの人数が舞台上に乗るので、2階席ガラガラ↓(笑)

hair-onstage.jpg

25日は1人で観ていたし、ショッピング帰りで大荷物、さらにはあまりに劇中でキャストと絡みすぎたため逆にちょっと恥ずかしい……というわけで決心が付かなかった。
でも2日目は、隣りで見ていた現地のおばちゃんと仲良くなり、自分は昨日見て流れを知っていたので、おばちゃん誘って上がっちゃいました(笑)

みんなで手をつないで「れーっざさんしゃー♪」って、楽しいよっ!
まさにトニー賞オープニングパフォのラスト状態。あんぐらい舞台に人が溢れてます。んで皆ノリノリ。
ストーリーはとても静かに暗く終わるのに、カテコでこの雰囲気に持って行く――ヒッピーらしいLove&Peaceの主張の仕方だと思います。

この作品目当てならもちろんのこと、ファントムWickedなど定番ものはほぼほぼ見終わったような方々に、是非とも勧めたい作品。
エンタメ派も、ストーリー重視派も、ある意味で老若男女楽しめる作品ではないかしら。

しかし舞台上から見てもやはり劇場小さいね~きっとロンドンもこれくらい。
日本の会場じゃこういう見え方はしないだろうなぁ。

HAIR | trackback(0) | comment(5) |


2009/09/27 (Sun) HAIR 【TRIBE♂】 25&26 SEP. Soiree

Hair650-bryce.jpg

ジュード・ロウは確かに美しいのだけど、セックス・アピールを感じるのはアランとかブライス(一番右のブロンドガイ)みたいな馬顔なんだよねー。せかいnanaふしぎ。(くだらなっ)

要はWoof役を演じていたブライスがど真ん中だったってことです!!
身体の大きさとか、顔とか、ヒゲとか、ロンゲ具合とか、Woof役のビジュアルがもろヒットだ!
もちろん本人にも興味津々になるわけで、ネットで素写真や「RENT」ロジャー役の写真見てみたら、それはそれって感じでした。あんまりグッと来なかった。
素写真なんて、綺麗過ぎ。若干ヨゴレているのがいいんだなーうん。

Woofのキャラは、ちょっと頭が足りないのが可愛い。
文法を直された時の怒り方、愛しのミック・ジャガーのポスターを汚されて大ショックを受けている表情などなど……全てが愛しい!
ブライスがまた、それを愛嬌たっぷりに演じているのです。
おバカキャラ男子が可愛いというのは今まで疑問でしたが、今回は「あっ可愛いかも♪」と思わされちゃいました。
自己紹介の「Woof!」の言い方も、Loveを説く冒頭のセリフも、何がそんなに嬉しいのかってくらいニコニコしながらだし、それが人一倍大きなブライスの(イイ)身体から発せられるからタマラナイのです。

せくしーしょっと。Micky Jag, Mickey Mic!

bryceryness-hairs.jpg

「HAIR」時の彼、ヘッド・バンキングすごし。
さすがバンドのフロントマンだわ。
夏にパパになったばかりだそうですが、絶対TRIBEの中でモテてると思うー。(超推測)
優しそうだし、モテオーラが出てるもん。(独断)

以上、マジカル・トライアングルのご紹介でした。
Will、Gavin、Bryce――この3人が“この3人”を演じているのはミラクルだ。
You three are too beautiful together!!
↑本編にこんなようなセリフがありましたので、彼らに捧ぐ。

メインの男性キャストは上の3人ですが、もう一人キャラの立った人物がいまして、Andrew Kober演じるMargaret Meadです。っておばちゃんやん!という突っ込みが聞こえてきそうですが。

margaret-koberhair.jpg

「CHICAGO」メアリー・サンシャインといえば分かりやすいでしょうか。
ただしあそこまで女じゃありません。ソプラノもあれほどではありません。
明らかにオトコが演じているおばさんなんですが、人は老いると性別が曖昧になると言いますからねぇ。

超保守的な出で立ちの観光客ながら、ヒッピーに深い感銘を受けるという夫婦の片割れ。
芸達者で全てのセリフが笑えるのですが、珠玉なのは「My Conviction」の中の“Actually”という歌詞。

「Ahhhhhhhhh~~~~♪」とクレッシェンドで女声を伸ばし、いったん拍手をもらう。
と思いきや、「…ctually!」「クチュ」のところで思いっきりツバを飛ばしながら歌が続くっていうオチ。

土曜日が特にツバの量・飛距離ともに伸びまして、本人も「最前列の方々に思いっきりツバかけましたけれども」って直後に言った(笑)
この作品、キャストと絡めるとはいえ、ウィルのストリップとかツバとかあるから最前列はイヤかも(笑)

一応Andrewは、まん前を向かず横向いてツバとばすんですが、そこにいるのはWoof役ブライス
間違いなく目の中に入ってたと思うよ~条件反射で顔歪んでたし、近くで見てたキャストに素で笑われてたし(笑)
でも自分にかかったツバは気にせず、衣装のファーで最前列のお客さんの顔を拭いてあげていて、さらなる笑いを呼んでいました。

HAIR | trackback(0) | comment(0) |


2009/09/26 (Sat) HAIR 【TRIBE♂-MAIN】 25&26 SEP. Soiree

Will_Swenson__Bryce_Ryness__Gavin_Creel_.jpg

このトライアングルは反則です…!!(注:除く犬)

左から、バーガー役のウィルウーフ役(で日本語表示は合っているだろうか?)のブライス、そしてクロード役のギャビン
好きすぎます、この3人!!!
キャスティング・ディレクター、ぐっじょぶ!

それぞれ全く違うキャラクターな上に、それぞれの俳優が素材からして役にぴったりな上に、それぞれが上手く演じてるのですよ!“上に”の二乗ですよ。(よくわからん)

hair-broadway-71.jpg

まずはツートップから。
1人はストーリー上の主人公、クロード役のGavinです。
「メリー・ポピンズ」でも見せてくれた伸びやかな歌唱は健在!
目なんかキラキラしちゃって、典型的なミュージカル好きのあんちゃんって感じです。

ブライスウィルほどヒッピー姿がハマっていなくて(メリポピのバートはえらいハマリようだった)、ビジュアルだけ見たときには作品選びや役選び間違えた?って感じだったんですが、ストーリー的にはその場違いな雰囲気が正解なのです。
クロードはヒッピーに憧れたけれど、ヒッピーにはなれなかった。
「Where Do I Go?」という曲が彼の人生を現していると思う。

ピュアで素直でか弱き人。
Willとかが汚い(褒め言葉)だけに、余計そのクリーンさが際立ちます。
ヒッピーに憧れてNYにでてきたクロードと、ミュージカルに憧れてNYに出てきたGavinの瞳の輝きには、同じ憧憬が見て取れるよ。

ヒッピーの格好してるとかなり線が細く見えますが、実際は結構モリモリ。
ちょっとアールさんに似た優しい話し方をするギャビンさん。
まぁ彼の場合、話す時の身振り手振りも乙女になっちゃうんですが、そこがまたカワイイ。(いちお年上)
パンフでも叫んでますが、いつか合法的にも家族が持てるように祈ってます。

さてツートップのもう一人はバーガー先生byウィル
クリーンなGavinと違って小汚くてワイルドなウィルは、カリスマ性抜群!
客いじりの上手さや、映画監督もしちゃうところ、ステージドアでの雰囲気と舞台上の大きなギャップ、それらを見る限り、ものすごい賢くて才能溢れる人なんだろうなーと思う。
ま、舞台上は完全アニマルですけどね(笑)
ステージドアの落ち着き払った素振りのどこから、あの獣が生まれてくるのか。

公式サイトのキャスト紹介が全て動画なのですが、ウィルのは、ひっじょーに彼らしい(笑)

この作品、バーガー役が弱いと旨み半減、超重要な役どころ!
ストーリーを、歌を、観客を、他のキャストをも引っ張る役どころ。
一晩の公演で彼が一番疲れるだろうさ(笑)

hair-broadway-31.jpg

歌声はシャウトが効いていながら、優しい声のGavinとも何故か相性の良いハーモニーを生み出すのです。

何よりステージングが上手い!!
トニー賞パフォ観ていると、Gavinは王道ミュージカル俳優らしいというか、振りが付いている方が得意で動きやすそう。
ウィルは好きなようにカッコつけてるのが、さりげなく全部キマってる(笑)
演技も熱くて、2時間半の刹那に、本当に全力でバーガーを生きているんだ!というのが伝わってきます。

男性客はハチャメチャなイジリようなのに、女子いじりは優しいところにもキュンと来る(笑)
そのこと自体にっていうより、あんだけガムシャラに自己陶酔の激しいバーガーを演じている最中でも、観客が不快にならないようにちゃんと考えてる、エゴだけでパフォーマンスしてないってところにね!

長くなっちゃったから、カワイイカワイイWoofについてはマタ今度!

HAIR | trackback(0) | comment(0) |


2009/09/25 (Fri) HAIR 【TRIBE♀】 25&26 SEP. Soiree

ほぼリバイバル版オリジナルキャストでレベルが高く、歌も大迫力の女性陣でした!

hair-broadway-61.jpg

まず写真中央Dionne役のSasha
ストーリー的には中心人物ではないですが、歌は圧倒的な存在感。
オンに来る前Public Theatreでのパフォーマンスでは、今ロンドンで「Sister Act」に出ているPatina Millerが演じていた役。彼女も素晴らしいらしいが、Sashaもすごい。

トニーパフォのオープニング「Let the Sun Shine In」で、全員のコーラスの裏でソロを取っているのが彼女の歌声なのですが、彼女用のソロ曲もちゃんとありまして、そこでは本領発揮です。
思わずお客さんのけぞっちゃうほど劇場を揺るがす声です。
しかも出し惜しみしないのね。太っ腹。
経歴からするに、招かれてこの作品に出ているんだろうなと推測されます。
出てきた瞬間からヒューヒューや拍手が起こるけど、リピーター多いのかしら。分かるわ!

そしてSashaの向かって左隣が、ストーリー的にはヒロインに位置するシーラ役のケイシー
ロスとBWでエルファバ「ヘアスプレー」ペニー「レント」モーリーンと、私のツボに来る役ばかり演じている彼女。もちろんオーラのある歌声です。
サーシャは劇場を解き放つパワフルさですが、ケイシーは歌に込めた感情がグッと観客を押さえつける圧倒感。
どちらも実力者であることに変わりないです。

ただケイシーエルファバをネット上で聴いてみましたが、そんなにツボじゃなかった(苦笑)
今回のシーラ役の方が好きだな。ヒッピーの格好も似合っていて可愛いし。

他にソロがある女性はクリッシー役。25日はU/Sのケイトリン、26日はファーストのアリソンでした。
どちらもカワイイ感じの女の子で、花束を持ちながら歌うのが似合いすぎる。
ケイトリンはアジア系で、アジア人の好きな顔だよ~この子。
実年齢は知りませんが、雰囲気も見た目も少女らしくアリソンより好きでした。
歌声自体はアリソンの方が安定していましたが、ケイトリンの丁寧な歌い方は好感度大。
ちなみに写真では肩からバッグを提げている子がアリソンボニー・ライト(ハリポタのジニー役)に似てる。

そして妊婦なのに良からぬモノを吸ってしまうJeanie役のKacie。(この人もケイシー?)
上の写真ではサーシャの右隣。こういう雰囲気の人好きですー。
トニパフォ見ていてもダンスのセンス良いと思う!
これくらい本人のキャラが立っていないと、存在感が出せない役だし、観客の共感を得るのが難しいと思います。

HAIR | trackback(0) | comment(0) |


2009/09/24 (Thu) HAIR 【STAGE2】 25&26 SEP. Soiree

今回の記事はストーリーのネタバレはそれほどでもないですが、演出のネタバレをかなり含みますので、驚きたい方、キャストのアドリブ・トークをより楽しみたい方は注意報~。

このビデオの客席がらみ、トニーだからって大げさにしてるわけじゃないです。
常にこんな感じです。ってかもっとスゴイです(笑)



本作をより愉しみたいなら、高くても1階通路席をおススメします!断然オイシイ!
しかもですね!たまたまですけど自分がセンター通路側に座り、その隣り中4列がオーケストラ席で唯一ぽっかり空いてたんですね。セールス的にはよろしくないですが、始まってみたら「神様ありがとう!」な空席でした。

まずオープニング・ナンバーをガッツリ歌った後、ヒッピーのリーダーであるバーガーのトークが始まります。
基本内容は自己紹介ですが、バーガー役ウィルの長~いアドリブ&客席いじりの始まりです(笑)

まずアッシャーがLate Showのお客さんを客席に案内するタイミングで「ちょっと君たち何で遅れて来たワケ?一番いいパート見逃してんだけど~」と絡み(こういうのは他の作品でもたまにある)、何人かのキャストがそのお客さんたちの下に走っていきハグ。
25日夜はその勢いで1人の紳士が舞台まであげられる。そのオジサマもノリが良く、「遅れてごめんね!」と劇場中に謝罪してどっと笑いが起きました。
26日もLate Showに対して絡みがあったので毎回やってはいるのですが、いない時はどうすんだろ?(笑)
その後もバーガーは、「俺のこと何て呼んでもいいぜ。例えば“ちゃんと時間に来るバーガー”とかね」とチクリ。

客いじりは続き、パンツ脱いでストリップの真似して、センター最前上手のお客さんにチップをねだったりも。
ちなみに本当にチップをくれるまで悪乗りを止めません(笑)
観客が「ジョークねハイハイ」と、くれない素振りだと「Do you speak English?」(言葉通じてる?)とまで言い出します(笑)
1ドルでもくれれば引き下がりますが…その1ドルは見た限り、そのお客さんの元に返ってきませんでした(笑)

その後のナンバーでは、通路(私の足の先)でシーラ(元エルファバのケイシーが演じています)の上にバーガーが乗っかっていちゃつき始め、「プライベートだから見ないで」だって。

客席いじりや通路パフォーマンスはマイクを通さないことが多いので、小芝居鑑賞は1階通路側のお客さんの特権です!
トニー賞パフォーマンスでもそうでしたが、ほんっとーに頻繁にキャストがよく客席に降りてくる作品で、なおかつ客席を巻き込んでいきます。

2人がいちゃついた後、私の隣の4席の空白を指差して「あそこ行こうぜー!」となり、「ちょっと通してね」と2人からMy Hairを掴まれて頭にキスを浴び、私の隣で次のナンバー(自分たちは参加しない)を鑑賞し始めました。
バーガーはかなり態度が悪く隣りの席のおっさんの所にまで足を伸ばしてましたが(笑)、私の隣のケイシーはめっちゃ可愛くて、私の手を握って「すごく楽しいねー気分いいわー」とトロンとした目で言ってきたり、帰りがけには「じゃあもう行かなきゃ」(しかも聞き取れなくて「何?」って言ったらもう一度言い直してくれた・笑)と握手してさらに頭からキス。
バーガーも去り際もいちど「Hey, Sweetie」と言いながら頭掴んで今度は両頬にビズをくれました。
ヒゲがジョリジョリしました。トニーパフォの主役2人のうち黒髪の方なんですが、見ての通り毛が濃いのね。ヘアーだけに。でもかっこいいからいいの。
その後ももっかいくらい、2人してこの空席に舞台鑑賞に訪れていました。自由だな(笑)

で、ついに私の中の一大モーメントが!!タイトル曲「HAIR」でだったかな?
もう興奮しすぎて覚えてない(笑)
お目当てだったGavin Creelがついに空白席を利用してくれたのです!
上のビデオではアン・ハサウェイに絡んでる水色シャツのお兄さんです。主役です。

元々座っていた下手はGavin側なので、「おぉ!憧れの人がこんな近くで歌っとるよー!普通に地声で聞こえるよー!やっぱ上手いな~」と思いながら見ていたのですが、そんなGavinがキタキタキター!!
近づいてきたー!私の膝をまたいで行ったー!膝の上に置いていたマイ・バッグを取っていったー!

ってちょっと待ったー!!!

財布もパスポートもそこに入ってるからーーーー!!!(笑)

その後、私のバッグを肩にかけたまま空席の椅子の上に立ち、ナンバーを最後まで歌い上げただけだから何ともなかったんですけどね。さっきの1ドル入れて返してくれても良かったけど。
去り際Thank Youつって、彼からもキスが降りました。

私のバッグ、きっと想定より重かったと思います。ごめんね(笑)
同じ日に日本人の方がいてこのブログを見ていたら、私が誰だか分かっちゃうね(苦笑)

あと通路側だと、キャストが配る小道具のビラやお花をもらえやすいです。
客席からの入場時にさらっと頬をなでられたり、肩を掴まれたりは日常茶飯事です。
後ろのおじさんも、「C’mon!It’s good and amazing!」の言葉でダンスに誘われていました。

髪いじりはデフォルトなんですが、女性のHairは優しく撫でられることが多いのに、男性のHairはクシャクシャにされることが多いです。
薄い人もおかまいなしです。ビクビクしてるだろうな、貴重な髪の毛を無造作に触られて。
舞台のテーマが“愛”なので、とにかくキャストが人懐っこいんす!

あーもう今すぐ飛んでってもっかい見たいよーー!!!
帰って来ても一番思い返すのが、この舞台で見た光景の数々だよ!
てか毎日HAIRのこと考えながら仕事してるよ!!

もっかい見たすぎてハゲそう!!!

HAIR | trackback(0) | comment(4) |


| TOP | next >>

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。