--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/11/09 (Mon) HAMLET barbican 【CAST】 Nov.04 Soirée

maloney-ham.jpg

場面の転換や、ハムレットの心情が揺れている時に、一緒に揺れ動く鉄線で吊るされた裸電球が印象的な蜷川版。
衣装もミニマムな黒衣が中心で、腐った鉄門が開閉するようなむず痒い効果音が不安を掻き立てます。
不吉で不穏な重苦しい空気に包まれたハムレットで、ジュード版のような軽さがありません。

ハムレットを演じるのは、マイケル・マロニー
アンソニー・ミンゲラ監督のデビュー作『愛しい人が眠るまで』で、アラン・リックマン演じるゴーストが妻を託す新しい恋人、マークを演じていました。
シェイクスピアの映像作品にばかり出ているみたいですが、最近『あるスキャンダルの覚え書き』にもチョロっと出ていて安心しました。

この人のハムレットはたぶん、スタンダード。
舞台然とした大仰な演技で、超シリアスに悩みぬく姿は、まさに初めて「ハムレット」を見るに当たってしていた予想を裏切りませんでした。
ジュードが一人っ子や、真ん中っ子の奔放さを兼ね備えたハムレットだとしたら、マロニーちゃんは末っ子気質。
ジュードは自分の身に起こる出来事を斜に受け止めている感があったけど、マロニーちゃんには「何で自分がこんな目に」という不満を感じる。

オフィーリアローラ・リース『ラブ・アクチュアリー』に出ていますが、出演シーンが分かる人はそうそういないかと(笑)
劇場公開版では、彼女のセリフがあるシーンは削られちゃっているし。
ビル・ナイ演じる元ロック・スターが契約するレコード会社の重役だったんです。
でも明らかに若いので、ビル「いくつ?14歳?」って聞いて彼女が怒るっていうシーンだったんですが、DVDのカット場面集には入っていたかな、たしか。
公開版でも新曲が1位を取って社全体で大喜び!というシーンにちょろっと映ってます。
童顔で、可愛い感じの女の子なんですよね。
しかし演技は骨太でした。

折れそうな一輪の花といった役作りをしてくる人が多い役だと思うのですが、ノーマルな時はローラもその路線。しかし美しい人が狂う時の恐ろしさは嵐のよう。
黒衣の中1人だけ白いドレスの彼女が舞台上をのた打ち回る姿は、今も絵として目に焼きついています。
英国俳優の、さらには舞台俳優らしい演技だな~と冷静に見る気持ちもありましたが、淡々とした舞台にいきなり彼女の演技が現れると、空気が覚醒して劇場全体が引き締まったのも事実です。

スポンサーサイト

HAMLET - Barbican | trackback(0) | comment(0) |


2009/11/07 (Sat) HAMLET barbican 【Barbican】 Nov.04 Soirée

というわけで、昔見た舞台について改めて書くのは「Woman In White」以来でしょうか。
もうさすがに印象くらいしか残ってないけどね~(笑)
とはいえ演技や演出で目に焼きついてる場面も多い公演でした。

バービカン劇場は蜷川さんのロンドンにおける拠点。
今年の深津絵里さんの舞台や歌舞伎の公演など、日本の演劇界がロンドンで何かやる時に使われることも多い。
蜷川さんの舞台だと藤原竜也さん主演の「身毒丸」が、アラン・リックマンのあらすじ説明を冒頭に流して上演されました。
蜷川さん繋がりだからっていうのもあるだろうし、劇場自体も実験的なものを積極的に受け入れる姿勢があるのでしょうね。

留学中の写真が1回ほぼおじゃんになったことがあるので劇場写真は残ってないですが、同じロンドンのNational Theatreに近い印象を持っています。
演劇の複合施設で、鉄筋コンクリートの冷たいイメージ。駅から微妙に歩く。分かりにくい。日本にもありがちな現代的な造りがつまらない。良いイメージがない(笑)
一番好きな劇場がパリのオペラ座なので、対照的な存在。しょうがないっす。

客席に通路がなかったりして(一度入ったら出にくい&一度入り損ねたら入りにくい・笑)、観客の立場からするとあんまり好きにはなれないのね~。
演者からしたらどうなのか知りませんが。トイレに立つ人が少なくなって、集中できるかもね?

あと日本人が多かった~。さすがロンドンだわ!と思った覚えが。
同じ年に、パリ郊外で村上春樹原作「エレファント・バニッシュ」(サイモン・マクバーニー演出、主演・吹越満ほか出演者はほぼ日本人)を見に行ったのですが、その時は「おぉ、ハルキ・ムラカミのお国の人が見に来てる~」って感じで、めっちゃフランス人にじろじろ見られたもん(笑)
さすが蜷川さん、ってことでもあるんですかね?

HAMLET - Barbican | trackback(0) | comment(0) |


2009/11/05 (Thu) HAMLET barbican 【Intro.】 Nov.04 Soirée

演出 … Yukio Ninagawa

【BARBICAN THEATRE】

hamlet-ninagawa-programme.jpg


【CAST】(Nov.2004 Soirée)

ハムレット … Michael Maloney
「Mouth to Mouth」(ロイヤル・コート、アルベリー劇場)、「リア王」、「ロミオとジュリエット」、「ヘンリー4世」、「ランベス」ほか
映画:『あるスキャンダルの覚え書き』、『十二夜』、『ハムレット』、『オセロー』、『愛しい人が眠るまで』、『ヘンリー5世』、『世にも憂鬱なハムレットたち』、『ドーバー海峡殺人事件』

父王の亡霊/クローディアス … Peter Egan
「シーザーとクレオパトラ」、「The Rivals」、「The two gentlemen of Verona」(RSC)、「マダム・バタフライ」(シャフツベリー劇場)ほか多数
映画:『ハウエルズ家のちょっとおかしな葬式』、『Re:プレイ』、『レスリー・ニールセンの2001年宇宙への旅』、『炎のランナー』、『怒りの日』、『The Hireling』(BAFTA、男優賞)
リリック・ハマースミス、サヴォイなどで舞台監督も務める。

ガートルード … Frances Tomelty
「真夏の夜の夢」、「ヴェニスの商人」、「リチャード3世」(全てRSC)ほか多数
TV:「モース捜査官」ほか

ポローニアス… Robert Demeger
「ヘンリー4世」、「じゃじゃ馬ならし」、「十二夜」、「ヴァージニア・ウルフなんてこわくない」ほか多数
映画:『嵐が丘』、『オーランド』、『ディファレント・フォー・ガールズ』
TV出演50本以上。

ギルデンスターン … Nick Bagnall
「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」(ローゼンクランツ役)ほか多数
映画:『ヒステリア』ほか

ホレイショー … Bob Barrett
ギルドホール音楽演劇学校
「旅の終わり」、「ダンスの後に」(オックスフォード劇団、TMA助演男優賞ノミネート)ほか多数
映画:『恋に落ちたシェイクスピア』
TV:「イーストエンダース」、「カジュアリティ」、「バッド・ガールズ」ほか

コーネリアス … Edward Clayton
「オセロー」(RSC)、「マクベス」(アルベリー劇場)、「リチャード3世」(RSC)、「リア王」(RSC)、「オズの魔法使い」ほか多数

レアティーズ … Adam Dodd
「シャーロック・ホームズの秘密」ほか、演劇学校作品多数

フォーティンブラス … Mido Hamada
オックスフォード演劇学校
「グアンタナモ」、「橋からの眺め」ほか
映画:「Spooks」、「ワールド・オブ・トゥモロー」、「シクロ」ほか

ローゼンクランツ… Brendan O’Hea
「終わりよければ全てよし」(RSC)ほか
映画:『ブラウン夫人』

オフィーリア … Laura Rees
「ロミオとジュリエット」、「ブランド」(RSC)、「私生活」
映画:『ラブ・アクチュアリー』(レコード会社の幹部)ほか

HAMLET - Barbican | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。