--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/11/20 (Fri) Lion King 【CAST】 24.SEP.09 Soi

こいつがどれほどの大きさかといいますと。

loi lion

どん。
loi lion2

帰りに大階段を降りる時、目の前にいます。かなりの大きさ。
loi lion3

ファミリー・ミュージカルって客層が幅広いからか、レベル高い!
それともBroadwayだから?
BWってWEに比べて、演目や時期、役者ごとのブレが少ないな~とは思っていました。
最低ラインのハードルが高め、逆に言うと実験的なキャスティングがない印象。
自分が見た演目や時期に限ってですが…。

レベルが高いという意味では良いけど、演目選びにおいては、ある程度観客ウケが約束されたものしかオンではやらないよね。WEはオンでも色々やるけど。

とにかく出てくる役者さんみんな芸達者で、芝居も歌も上手く、ある意味リアル感がないアートなマスクも上手く使いこなし、動物になりきっていました。
あのマスクの構造が気になる。肩、絶対凝るよね~。

ムファサシンバナラなど主役たちは灰汁がなく、ゆえに芝居の上手さをグッと感じさせる見せ場もなかったのですが、準主役級が素晴らしいです。
ていうか、準主役ありきの演目だったんだね!知らなかった。

スカーは言わずもがな(正直主役より大事な悪役)、ザズー(キャラ作り、声作りに感嘆)、ラフィキ(ものすごいエネルギー)、プンバァ、ティモン、そしてシェンズィ、バンザイ、エドの3匹組あたり、全員がピンで主役張れそうなクオリティ。
プンバァ以降のキャラたちがプリンシパルとして存在していることが、この作品を贅沢にしているんだろうなぁ。
ある意味プンバァ&ティモンザズーと、ハイエナトリオスカーと、キャラがかぶるじゃないですか。
でもあえて登場させることで、しかもプリンシパル扱いにすることで、確実に厚みと旨みが増してるよね。

かつて何かしら「ライオン・キング」という舞台に関わったことがある出演者が多いですが、ティモンはその中でもオリジナル・キャスト。
プンバァ役の俳優さんも脇役慣れしているというか、コメディ要素を脇から足すっていう使命を理解して全うしている方なので、ナイス・コンビ。
「ハクナ・マタタ」は彼らの曲だったんだーと今さら発見しつつ、元気付けられました。

スカーデレク・スミスも良かったです。
よく「ライオン・キング」絡みでは「シンバが」とか「シンバ役者が」と聞くことが多いですが、ぶっちゃけスカーやれる方が、役者的には嬉しいんでないの?そーいうもんでもないの?(笑)
あっスカーはあんまり歌わなかったっけ。
でも役者としてのカリスマ性が大事だよね、この役。ムファサシンバより存在感あったよ。

スカーの衣装展示。もみあげー。

scar-miskoff.jpg

ラフィキはなんか、凄いもん見たー!って感じでした、はい(笑)
ラフィキの蝋人形 by マダム・タッソー。さすがリアル。

rafiki-minskoff.jpg

ハイエナたちはどこかトリオ漫才なわけで、息がぴったり合っていて上手かったです。
エド役はドイツ版に出ていたんだって。ヨーロッパから引き抜かれてきたのかしら。

ザズー役は出っぱなし、善人ではないけど嫌われもしない、オイシイ役です。
「アグリー・ベティ」マークみたいな存在。
スカーのご機嫌を取る場面で、ザズー「Supercalifragilisticexpialidocious」を歌うのは、全世界共通ですか?
同時期にかかっているDisney Musicalということでメリポピを歌ったのだと思いますが、他の都市や言語ではどうなるんだろう~?って気になりました。
「何か歌え」と言われて歌ったのに、歌う曲歌う曲「それ以外で」スカーに拒否られるというくだりです。
Super~以外にあと一曲歌っていたのですが、それがリトマの曲かどうかは定かではない。
もうこの時期リトマはクローズしてたしね~。

Disney Musicalの劇場の扉は、演目のトレードマークが透かしで入ってます。
minskoff-window.jpg

ちなみにリトマ。(5月の滞在ではまだONだったので)
中の映像がちょうど歌ってる。
little mermaid

スポンサーサイト

Lion King | trackback(0) | comment(0) |


2009/11/15 (Sun) Lion King 【STAGE】 24.SEP.09 Soi

Minskoffのロビーは、タイムズ・スクエアを見渡せるガラス張り!圧巻の光景です。

minskoff-robbey.jpg

やっと見ました!
ミュージカル好きなのに本作を見てないとはどういうことだ!?とミュージカル好きな友達に言われ続け…(笑)

だってだってぇー、もうロンドンでもBWでも日本でも常設じゃないですか。
そうすると「今見なきゃリスト」から外れちゃうんですよねー、どうしても。

もうどんな感想書いても“今さら感”が拭えないんでしょうけど、いやーやっぱりこれだけ各地でロングランしてるだけあって、良かったよ!(←今さら感・笑)

初めて見る新鮮さもある一方で、有名作品だしDisneyの浸透力の凄さでもあるんでしょうか、今までの人生で作品の一端にでも触れる機会が多かったんだなぁというのも実感。
友人の結婚式でプロによる「Circle of Life」の生パフォを見ていたりとか、その昔ユーロビートが流行った頃聴いていたディズニー音楽のユーロRemixや、あとロックアレンジのDisney CDも聞いてたので、知っている曲もそこそこありーの。あっこれもLion Kingだったの!?と驚きーの。

あとはアニメを見なきゃ。何たって、ジェレミー・アイアンズマシュー・ブロデリックネイサン・レインだからね!
演出・音楽にジュリー・テイモア、音楽にハンス・ジマーも名を連ねていたりして、映像方面からの影響力を感じます。まぁDisneyだしね。

いやいや曲も良いですよねぇ。(今さら)
「Circle of Life」のあの幸福感は素晴らしいねぇ。(今さら)
さらにはセットもかっこいいよねぇ。(今さら)
あのプライド・ロック上で子供がプラプラ掲げられてる有名な場面は、ラストだったんだねぇ。(今さら)

あっでもストーリーはふつうやね。
勧善懲悪。ダイハード1のラスト並みに落下するスカーが可哀想。
しかし英語が分からなくても絶対に置いてけぼりを食らわないであろう“ストーリー・テリング術”はかなり秀逸。

受付のお姉ちゃんから「マジ超いい席だから!」と若干恩着せがましく説明を受けた(だってその席代払ってるし・笑)、センター上手の通路側の席でした。
本作も客席を使うタイプの演出が多いので、本当に良い席だったけれども。
ハイタッチしたよ~何かの動物と(笑)たぶんライオン。

Minskoffは、通りに面している入り口は狭いけど、縦(横?)がワンブロック分あるので、デカイです。
碁盤の目の町は通り抜け出来ないのが難ですが、劇場の敷地内は通り抜けOK。
どこもかしこもLK Yellowでしたわー。

minskoff entrance

Lion King | trackback(0) | comment(0) |


2009/11/14 (Sat) Lion King 【Intro.】 24.SEP.09 Soi

【MINSKOFF THEATRE】

minskoff theatre


【CAST】(24.SEP.2009 Soiree)

RAFIKI … Tshidi Manye
「サラフィーナ」(ヨーロッパ、日本)
CD:「Sisters of Joy」

MUFASA … Nathaniel Stampley
「ライオン・キング」(WE、BW)、「カラー・パープル」ほかコンサート多数。

ZAZU … Cameron Pow
WEと国内ツアー版を経てBW版に出演。「2008 Royal Variety Performance」(London Palladium)ほかオフ多数。

SCAR … Derek Smith
「グリーンバード」(トニー賞ノミネート)、「ジャッキー」ほかオフ・ブロードウェイも多数。
TV/映画:「ジャングル2ジャングル」、「スタンドイン」、「インターナル・アフェア」

YOUNG SIMBA … Jeremy Gumbs
USツアー、アジアツアーなどで9歳からヤング・シンバ役
映画:「Perfect Holiday」、「And Then Came Love」

YOUNG NALA … Cypress Eden Smith
BWデビュー。地元ジョージア州アルバニーで「スクルージ物語」、「アニー」など。

SHENZI … Bonita J.Hamilton
BWデビュー。「ガイズ・アンド・ドールズ」、「ピアノ・レッスン」、「ドリームガールズ」

BANZAI … James Brown-Orleans
ガゼルツアー版オリジナル・キャスト。
映画:「Disney’s The Princess Diaries」

ED … Enrique Segura
ドイツ版「ライオン・キング」を経て今回BWデビュー。
「美女と野獣」、「キャッツ」、「ジョゼフと不思議なテクニカラーのドリームコート」、「ウェストサイド物語」、「コーラスライン」、「ピピン」

TIMON … Danny Rutigliano
BW版並びにLA版のオリジナル・キャスト(Ovation Award受賞)、「ゴッドスペル」、「How to Succeed…」
TV:「ロー&オーダー」、「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」
映画:「ダンボ2」、「プロデューサーズ」

PUMBAA … Ben Lipitz
「ライオン・キング」、「ウェストサイド物語」、「プロデューサーズ」などの国内・国際ツアー
TV:「ソプラノズ」、「ロー・&オーダー」
映画:「The Giraffe」、「Find Me Guilty」

SIMBA … Dashaun Young
本作がBWデビュー。「ライオン・キング」(ガゼル・カンパニー)、「ヘアスプレー」、「Legends」、「Radio City Christmas Spectacular」

NALA … Ta’Rea Campbell
ナラ、チーター、ガゼル役で3年間ツアーを周る。BW:「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」、「アイーダ」(主役の代役)

Lion King | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。