--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/07/02 (Fri) DREAMGIRLS 来日公演 【STAGE】 01JUN10

dreamgirls2010.jpg

映画版のエフィーを演じたジェニファー・ハドスン「And I Am Telling You I'm Not Going」でスクリーンからあふれ出るオーラと感情の波には窒息しそうになったけど、とりわけ好きなタイプの作品ではないので、当初この来日公演は見送るはずでした。

そしたらどんどん良い評判が聞こえてくるじゃないの!
ツアーキャストでなくブロードウェイのキャストがそのまま来てくれるっていうし、行っちゃおーいえー!!
っていう“ノリ観劇”を、昨夏以降日本でもかますようになってきて、お財布が心配です。
海外だったらいいんだけどね、そのために働いてるし。←

うん、確かに今回のモヤ・アンジェラも素晴らしい迫力の歌声でした。
チケットの元は取れた。

大道具的なセットはほぼ無し。テーブルや椅子などがあっても、アクリル製で存在感なし。
じゃー何で舞台を作っているの?というと、舞台の上から下まである、LEDの巨大ムーヴィング・パネルです。
モニターとして舞台上の様子も映し出せるし、背景を映して道中や町も表現しています。
照明として使っている時は綺麗なのだけど、背景映像としては粗いなぁという印象。
「ウィー・ウィル・ロック・ユー」は近未来が舞台だから映像パネルのセットが合っていたけど、全幕全シーン通して使うほど本作にお似合い?とちょっと疑問が残りました。
でも演目自体新しいものでもないから、これのおかげで現代らしさを出せているのかも。

しかしやはり、リピートするほどにハマれる種類の作品ではないな~。
本当に圧倒されて心がガシっ!と掴まれる舞台って、チケットの元どころか、10倍くらいの価値を感じるものだから。
その作品によってファンになれるくらいの俳優を発掘したら、それこそ30倍の価値に跳ね上がります。

アフリカン・キャスト、しかもBWからってことで、クオリティが高かったのは間違いないです。
ただ期待値も高かったよね(笑)

dreamgirls2010JUN.jpg

ディーナ役はアメアイ出身者のようですが、実際にR&B界のディーヴァであるビヨンセのオーラには適わず。
女性陣は曲のせいかもしれないが「ヘアスプレー」の3人組の方が主役じゃないにも関わらず歌声にオーラがあった気がします。
男性陣はなかなか声が魅力的だったりして良かったかな~今思い返すと印象は薄めだけれども。
エフィーなんて、この役にはさすがに来日でも中途半端なのは持ってこないだろうと踏んでたから、期待値マックス。
1幕ラストはあの広いオーチャードを支配するように歌い倒しますが、それでも「そうだよね、この役だし、これくらいの迫力出るよね」と冷静に見ている自分がいて、食い入ることも圧倒される事もできなかったのでした。
声量に乗って感情が突き刺すように届くというよりも、むしろ声量に感情が飲み込まれてしまっているように感じたのは、実力がありすぎ、ノドが強すぎるせいかもしれません。

ニューヨークの小さなハコで、現地の人々の反応の中で見たら、また違う波動を感じられたかもしれないな。
やっぱりどう考えてもオーチャードはミュージカルに向かないと思うんです。
音響はいいように作ってあるのかもしれないけど、音楽コンサートくらいじゃない?違和感がないのは。
ステージ上のパフォーマンスを見たい場合には、1階席上空に有り余りすぎる空気が邪魔なのだ。

スポンサーサイト

DREAMGIRLS | trackback(0) | comment(0) |


2010/07/01 (Thu) DREAMGIRLS 来日公演 【Intro.】 01JUN10

【Bumkamuraオーチャードホール】

Dreamgirls2010JAPAN.jpg


【CAST】(01.JUN.2010)

エフィー・ホワイト … モヤ・アンジェラ
舞台:『ライオンキング』ツアーでカゼルとチーター役を務めていた時から本作にも参加。『ライオンキング』(ラフィキ役、シェンジ役)。『ラグタイム』(サラ役)、『ウィズ』のadapearle役で2回アンコール・アワードを受賞。

ディーナ・ジョーンズ … サイーシャ・メルカード
アメリカン・アイドル(シーズン7)で最後の3名にまで残り、2008年アメリカン・アイドル・ライブ・ツアーにも参加。アメリカとカナダ合わせて49都市のステージに立った。ボニー・ジェームズと共にシングルをリリースしている他、グラミー賞受賞ダイアン・ウォーレン、スコット・カトラーなどとコラボレーションしている。

ローレン・ロビルスン … エイドリアン・ワーレン
アン・ラインキングのブロードウェイ・シアター・プロジェクトの卒業生。アンコール!サマースターズによる『ウィズ』ドロシー役(代役)。『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』、『キャッツ』、ジェニファー・ホリデイが主役を務めた『ドリームガールズ』25周年記念公演など。

ミシェル・モリス … マーガレット・ホフマン
テキサスでアンサンブル・シアターやシアター・アンダー・ザ・スターなどヒューストンにある多くの一流劇場の舞台やイベントに出演。

カーティス・テイラー・ジュニア … チャズ・ラマー・シェパード
『セブンス・ヘブン』、『モエシャ』、『ザ・パーカーズ』、などのテレビ番組や、映画『セット・イット・オフ』や『テンプテーションズ』に出演。ブロードウェイ:『カラー・パープル』ハーポ役。
2009年、ビルボードチャートにシングル曲「ケミカル・リアクション」で3回登場し、ゴスペル作品が同年グラミー賞にノミネート。

ジェームズ“サンダー”アーリー … チェスター・グレゴリー
『ジャッキー・ウィルソン・ストーリー』のジャッキー・ウィルソン役でNYデビュー。
ブロードウェイ:『ヘアスプレー』シーウィード役、『クライベイビー』デュプリー役、『ターザン』のターク役。映画『ヘアスプレー』やマイケル・ジャクソン作品にも出演。

C.C.ホワイト … トレヴォン・デイヴィス
カーク・フランクリンがホストを務める番組『サンデー・ベスト』でファイナリスト7名まで登りつめた。MTVのショーン・“ディディ”・コムズがプロデュースする番組『メイキング・ザ・バンド』にも出演。

マーティ・マディスン … ミルトン・クレイグ・ニーリー
『ドリームガールズ』のブロードウェイ初演、1987年のリバイバル・プロダクションにも出演。
ブロードウェイ:『かつてこの島で』アグウェ役
全米ツアー:『ジーザス・クライスト・スーパースター』20周年記念ツアーのユダ役、ジェニファー・ホリデイ主演の『シング・マハリア・シング』ほか多数
『ラ・カージュ・オ・フォール』のジャコブ役でベスト・オブ・ウエストワード・アワードを受賞。

DREAMGIRLS | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。