--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/10/23 (Sat) A VIEW FROM THE BRIDGE 【STAGEDOOR】 24.Mar.2010

今回はスカジョだけでなくシュライバーさんとも触れ合いたかったので、出待ちをしただよ~!

VFTB_bs_riev.jpg

だのに何故だかシュライバー氏とのやりとりを全然覚えていないです。
緊張してたわけじゃないんだ。ただスカジョのインパクトが強くて。
だってシュライバーさんは、普通に優しく接してくれそうじゃないですか。
一方スカジョはファンとの接し方や、どう反応してくるかも全く予想がつかず、そして意外と(笑)優しかったことに静かに感動したもので。

すっごい簡単な舞台の感想を言うだけなのに噛みまくってしまい、なのにそれをあんだけのファンがいて忙しい中ちゃんと言い切るのを待ってくれて、むしろ言い終わった後「まだ続くかな」とさらに待ってくれて、でも続かなかったもんだから(笑)、変な間で「Sure!」と(感想に対して)フォローを入れてくれたという。

キャラが変わるほどファンの前でテンションが高くなるわけでもなく、あの変わらないテンションの低さが逆に良かったです(笑)

『真珠の耳飾りの少女』コリン・ファースと共演した時も、コリン「才女」「頭の回転が速い」とべた褒めだったし(色気にヤラれてた可能性もあるが)、他にも「頭が良い」という褒め方をされているのをよく見るので、実際そうなんだろうなと思った。

気が強いところはあるのだろうと推測するけど、頭が良いから振舞いをわきまえているし、相手が誰であれ人との接し方を心得ている……という感じ。
『ロスト・イン・トランスレーション』のこと聞けば良かったのかな~。
日本ってCRAZY!とか言われそうだけど…。

スカジョ写真はブレブレで残念!(一緒に写真を撮れる雰囲気ではなかったです)

VFTB_bs_SJ1.jpg

VFTB_bs_SJ2.jpg

そんなわけで静かに好感度アップなステージドアだったのですが、もらった2人のサイン、どっちがどっちだか、後からパンフを見ても判別つきません。
やっぱり力の抜けたミミズみたいな方がスカジョかな…。

スポンサーサイト

View From The Bridge,A | trackback(0) | comment(0) |


2010/10/22 (Fri) A VIEW FROM THE BRIDGE 【CAST】 24.Mar.2010

VFB_five.jpg

アーサー・ミラー「橋からの眺め」は、特にシュライバーの演じるエディ役の理性と感性の揺れ動きに「いつ崩壊してしまうのだろう…」という緊張感がありました。
シュライバーは、その演技力の高さゆえ“共演者泣かせ”とまで言われますが、今回は脇もレベルが高くて舞台上の世界に観客をグイグイ引き込む引き込む……。

エディが突然に、そして強引にキャサリンにキスするシーンでは、「はぅ!」と息を呑む音が。
はたまたロドルフォを殴るシーンでは「おぅ!」と唸る観客。
ストレートプレイなので場面ごとの拍手や歓声はないけれど、あそこまで観客の入り込みようが手に取るように分かれば、やってる方も甲斐があるってもんではないだろうか。

VFB_ten.jpg

その一方で、演技に文句をつける気はまったくないのですが、ロドルフォの不自然な金髪はどうにかならないのだろうか?
明らかに染めているかカツラなんですけれども、どうやらどの演出でも金髪は不自然らしい…。
『タイタニック』の頃のディカプリオが演じると非常にしっくり来るキャラなんですが、役者に似合わないにも関わらず金髪を強要するのは脚本家の要望?
だとしたら、時代は時代だけど、ステレオタイプにも程がある……。

今年度のトニー賞を本作で受賞したスカジョですが、同枠でノミネートされていたのがシュライバーの妻役のジェシカ・ヘクト
彼女の出演は知らずに見ていたのですが、「どっかで見たことあるな~」と思いながら、後で経歴見て「あぁ!『サイドウェイ』ね!」と大いに納得。
“普通”を演じ、醸し出すのが上手いですね。というか、天然?The 草食系女子。
彼女を筆頭に、主演3人は怖いくらいリアル感がありました。

VFB_six.jpg

エディの姪であるキャサリンを演じるスカジョは地味な格好をしていても(だからこそ)滲み出る罪な色気は、キャサリンとしてハマリ役。
美しすぎても出来ないし、どこかイモっぽさやダサさ、ピュアさの必要な役で、スカジョを見てしまった今、彼女以上の適役は思い浮かびません。

この時の滞在で、もう一人ハリウッド女優の舞台を観たのですが、やっぱり映画俳優って浮きがち。
もちろん老練俳優ならその浮きっぷりも上手く利用するのですが、セレブ第一線みたいな人々(悪く言えば客寄せパンダ)は実力が追いついていないという悪目立ちをしてしまうのも事実。
その点、彼女は「スカジョが見られるから来た」という人々にも、演劇的な満足感を与えてくれたのではないでしょうか。

彼女、この作品出演前に、「プロミセス・プロミセス」(『アパートの鍵、貸します』のミュージカル版)に出演の噂もあったんだってね。
現在その役はクリスティン・チェノウスが演じていますが……2人のキャラが1mmもかぶりませんな(笑)

View From The Bridge,A | trackback(0) | comment(0) |


2010/10/21 (Thu) A VIEW FROM THE BRIDGE 【STAGE】 24.Mar.2010

aviewfromthebridge_poster.jpg

スカーレット・ヨハンソンのブロードウェイ・デビュー作品として大きな話題に!
しかも共演は『ウルヴァリン:X men Zero』『ニューヨークの恋人』リーヴ・シュライバー!
『サイドウェイ』ガブリエル・ヘクトも出演。
『サイドウェイ』、久々に見たいな~。ワイン、飲みたいな~。←いつも飲んでるくせに。

2010年はキーラ・ナイトリー「人間嫌い」スカーレット・ヨハンスンと、好きな女優さんの舞台が2つも見られて嬉しすぎる!
これでナタリー・ポートマンもお目にかかれていたらパーフェクトでした…!
スカーレットは外見というよりも、この人のお芝居やオーラが好きなので、舞台で見られて本望です。
席運はスカーレットとの方が相性が良かったようで、前から3列目くらいをゲット、豪華な出演陣の芝居を存分に味わうことが出来ました~。

作品は少し地味めではありますが、演劇としては良い題材。
正直この作品はストレート・プレイなのに事前に予習が全く出来なかったので、理解できるか不安だったのですが、完成度が高ければ何はともあれ伝わるものですね。すごく分かりやすかった。
舞台セットや衣装なども、必要性を感じさせる佇まいで演者の邪魔をしておらず、ロドルフォ役の金髪を除いては(笑)、すべての要素がストーリーに向かって同じベクトルを向いていました。

VFB_nine.jpg

素敵な共演者に囲まれ、私が見たかった“お芝居のスカーレット”も堪能でき、ストーリーにもたっぷり浸れた本当に良い観劇でした。
各方面からの評判もすこぶる良かった本作ですが、有名人を起用した舞台やオープンしたての舞台に良くある、オーラのインフレが確かに感じられた!

View From The Bridge,A | trackback(0) | comment(0) |


2010/10/20 (Wed) A VIEW FROM THE BRIDGE 【Intro.】 24.Mar.2010

【CORT THEATRE】

cort theatre_VFB


【CAST】(24.MAR.2010 Soiree)

Eddie … LIVE SCHREIBER
舞台:「Talk Radio」(トニー賞ノミネート)、「Glengarry Glen Ross」(トニー賞受賞)、「裏切り」、「In the Summer House」、「Moonlight」
映画:『ソルト』、『ウッドストックがやってくる!』、『ウルヴァリン:X men Zero』、『ディファイアンス』、『幸せになるための10のバイブル』、『オーメン』、『クライシス・オブ・アメリカ』、『トータル・フィアーズ』、『ニューヨークの恋人』、『ザ・ハリケーン』、『スクリーム1~3』、『身代金』
TV:「CSI」、「RKO281」(エミー賞、ゴールデン・グローブ賞ノミネート)、「バッファロー・ガールズ」

Catherine … SCARLETT JOHANSSON
本作でブロードウェイ・デビュー。
オフ・ブロードウェイ:「Sophistry」(8歳時)
映画:『ロスト・イン・トランスレーション』(BAFTA賞、べネツィア映画祭最優秀女優賞)、『のら猫の日記』、『モンタナの風に抱かれて』、『ゴースト・ワールド』、『ブーリン家の姉妹』、『ザ・スピリット』、『イン・グッド・カンパニー』、『ママの遺したラブソング』、『マッチポイント』、『真珠の耳飾りの少女』、『アイランド』、『ブラック・ダリア』、『プレステージ』、『私がクマにキレた理由』、『理想の女』、『タロットカード殺人事件』、『それでも恋するバルセロナ』、『そんな彼なら捨てちゃえば?』、『アイアンマン2』

Beatrice … JESSICA HECHT
ブロードウェイ:「Brighton Beach Memoirs」、「ジュリアス・シーザー」、「アフター・ザ・フォール」、「The Last Night of Ballyhoo」
映画:『Whatever Works』、『Dan in Real Life』、『フォーガットン』、『サイドウェイ』

Alfieri … MICHAEL CRISTOFER
舞台:「三姉妹」、「ロミオとジュリエット」、「ハムレット」
脚本家として:「シャドー・ボックス」、「Falling in Love」、「イーストウィックの魔女たち」、「Breaking Up」、「カサノヴァ」、「Gia」

Rodolpho … MORGAN SPECTOR
本作でブロードウェイ・デビュー。
舞台:「ライオン・キング」ナショナル・ツアー、「クリスマス・キャロル」

Marco … COREY STOLL
舞台:「三姉妹」、「Old Acquaintance」、「Henry IV」
映画:『ソルト』、『Helena From the Wedding』、『ノース・カントリー』、『ラッキー・ナンバー・セブン』

View From The Bridge,A | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。