--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/12/02 (Fri) My Fair Lady 【STAGE】 12.DEC.2012

MFL_chatelet_paris.jpg

「レミゼ」WEツアー(JOJ&アールさん出演)など、英語のミュージカル作品をパリのど真ん中にも関わらず、結構やってくれるシャトレ劇場。
オペラ座のピナ・バウシュは当然のごとく取れず、到着日でバスティーユの「白鳥の湖」の払い戻しに並ぶ余力もなかったので、その場で当日券が取れたこちらを見に行きました。

到着日にFnacで確認して初めて公演を知ったくらいなので、まったく予備知識なし。
誰が出ているかも、どの公演の来仏なのかも分からぬままでしたが、今回調べてみたら、ほぼウェスト・エンドのドゥルリー・レーン公演のオリジナル、もしくはセカンドだったんですね!

ヒギンズ教授役は、映画でもちょいちょい名前を見かけるアレックス・ジェニングス
その他にも、記念コンサートでずっとテナルディエ妻を演じているミュージカル女優や、名作映画にも出演している大女優が出演していたりと、意外と豪華だった出演陣。

観ている時には、「きっとツアー版キャストなんだろうなぁ、それにしては満遍なく上手いなぁ」なんて漫然と見ていましたが、なんて勿体無い!
通りで、キャスト全員安定しているはずですよ、ねぇ。

MFL_Chatelet.jpg

ただ昔の演目なので演出が古く、暗転で転換という定期的すぎる流れに飽きたり、はたまた暗転が長かったりと、「Wicked」などハリウッドの飽きさせない法則で、暗転も極力少なく抑えて作られたエンターテイメントに慣れた目には、若干間延びして感じられる部分があったのも事実。
クラシック・ミュージカルって、本来こんな感じかもね~。
クラシックもリバイバル版ばかり見ているので、しみじみ感じたことはなかったけれど。

演目的、そして到着日の体力的に、寝オチしそうになった瞬間もあったものの、キャストの実力とオフホワイトのセンスの良いセットの力もあり、完成度は高い舞台だったと思います。
聞くところによると、オペラの演出家によるミュージカル演出だったそうで、クラシカルな雰囲気と、ストーリーの邪魔をしない程度に主張の程よいビジュアル演出とのバランスの良さは、そこから来ているのかもしれません。

スポンサーサイト

My Fair Lady | trackback(0) | comment(0) |


2011/12/01 (Thu) My Fair Lady 【Intro.】 12.DEC.2012

【Théâtre du Châtelet】

Chatelet_MFL1.jpg

Chatelet_MFL2.jpg

Chatelet_MFL3.jpg


【Interprètes】(12.DEC.2010. Soirée)

Eliza Doolittle … Christine Arand

Henry Higgins … Alex Jennings
映画:『ロイヤル・シェイクスピア/夏の夜の夢』、『サハラに舞う羽根』、『クィーン』、『陰謀の報酬』、『リーマン・ブラザーズ 最後の4日間』
舞台:「スカーレット・ピンパーネル」、「ライアー」、「冬物語」、「マイ・フェア・レディ」(ドゥルリー・レーン劇場、オリヴィエ賞最優秀ミュージカル男優賞受賞)ほか、RSC作品多数。

Mrs. Higgins … Margaret Tyzack
CBE受章。2011年永眠。
舞台:「バージニア・ウルフなんてこわくない」、「Lettice and Lovage」、「フィードル」(ヘレン・ミレンと競演)
映画:『2001年:宇宙の旅』、『時計仕掛けのオレンジ』、『マッチ・ポイント』
TV:「アガサ・クリスティ」、「インディアナ・ジョーンズ」、「イースト・エンダース」

Colonel Pickering … Nicholas Le Prevost
舞台:「マイ・フェア・レディ」(オリヴィエ賞最優秀助演男優賞ノミネート)ほか
映画:『恋に落ちたシェイクスピア』

Alfred Doolittle … Donald Maxwell

Mrs. Pearce … Jenny Galloway
舞台:「マンマ・ミーア!」(ロジー役オリジナルキャスト)、「レ・ミゼラブル」(マダム・テナルディエ役で複数回出演、2010年O2アリーナで行われた25周年記念コンサートでも好演、ちなみにロイヤル・アルバート・ホールで行われた10周年記念コンサートでもマダムは彼女)、「オリバー!」(1994年版オリジナルキャスト)、「スウィーニー・トッド」、「メリー・ポピンズ」(2004年Mrs.Brill役オリジナルキャスト)

******

昨年末、クリスマスにパリで見たイギリス・ミュージカルですが、出演者に今年すでに亡くなられている方がいらっしゃってびっくり。

ヒギンズ夫人を演じたマーガレットさんですが、「Lettice and Lovage」で、「ハリー・ポッター」マクゴガナル先生で有名なマギー・スミスと競演し、WEとBWの両方で公演しました。
実はWEからBWへトランスファーする際、米国俳優協会から出演許可が下りなかったものの、マギー・スミスが、「彼女とでなければ舞台上のケミストリーが失われる」と単独での出演を拒否、無事、共にBWの舞台に立つこととなったそうです。

『2001年:宇宙の旅』、『時計仕掛けのオレンジ』などのキューブリック作品、そして大好きな『マッチ・ポイント』(ウディ・アレン監督)にも出演している大女優の、恐らく最後の舞台だったと思われる本作を見ることが出来て、光栄でした。ご冥福をお祈りいたします。

My Fair Lady | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。