--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/04/02 (Mon) スウィーニー・トッド 【STAGE】 19.MAY.2011

sweenytodd_2011JP.jpg

現在ロンドンで公演中のマイケル・ボール×イメルダ・スタウントン(このSTはかなり見たい!)といい勝負の濃さを持つ市村×大竹カップル。
縞々模様の水着シーンがなくて残念だわ(笑)

ジョニーのトッドが先だったので、市村トッドのどっしり感が新鮮でした。
ジョニーは、美男子が若くして妻を奪われた感が強い分、悲しさは美しく、狂気は妖しく、綺麗にデフォルメされていたようにも思います。

市村さんのトッドは「積年の恨み、はらしてやるわ!」という、純和風な敵討ち物語で、また違った味わい。
芝居と歌がバランスよく観客に届けられるパフォーマンスの素晴らしさは、今さら書くまでもないでしょう。
彼に、上手く演じられない役などあるのでしょうか?

ストーリーラインはあまりにシリアス、ただ“人肉パイ”な時点でシュールなトンデモ感がある作品ではあるので、アドリブでねじ込まれた笑いも邪魔ではなかった。
確か、“こんな人をパイにしたらこんな味”という大竹さんとの掛け合いで、当時の首相、管さんが“味がはっきりしない”だか何だか言われ、いじられていたかと思います。

大竹さんは、歌の技術そのものは残念でしたが、芝居の凄みで歌も押し切るところ、それで見られちゃうところが凄いよね。
あの市村さんに負けない存在感でラヴェットを演じられるのは、彼女しかいないでしょう。
ヘレナ・ボナム=カーターを、その演技力と、顔も少し似ていることから「しのぶ、しのぶ」と呼んでいたら、まさか同じ役をやるとは驚きです。

日本の芝居を見るとき、主演はもちろん分かって見ていますが、あまり脇のキャストを調べないので、トバイアスが武田真治さんだと知ってびっくり。全然分からなかったです!
「時計仕掛けのオレンジ」でも思いましたが、彼は脇で本当に様々な役を演じていて、そして彼だと気付かないことが多いです。
市村さんとはまた別の意味で色んな役を器用に演じていらっしゃって、舞台の隙間をギュッと埋めて全体の見応えをアップさせている、縁の下の力持ち的存在です。

さて、今回初めての田代さん。
若手の中では、山崎育三郎さん、井上芳雄さんと並び、抜きんでて主役を張っている役者さんという印象。
ただ如何せん、この辺りの、日本で売れている若手男優のパフォーマンス力に個人的には疑問符が浮かぶので(だってロンドンやNYで同等に売れている若手だったら、市村さんくらいの実力があるんだもん)、あまり期待しないようにして見に行きました。
歌の中で太く出す時(ラストの伸ばしとか)は綺麗に出るけれど、1曲の中でも力の出し方にバラつきがあったり、滑舌でセリフが聞き取りにくい場面もあったのが残念。

ジョアンナソニンちゃんは、ますます安定感のある女優さんになっていて、すばらしい。
歌声にも芯がありますが、逆に彼女ほど芝居で弾けられる余力を持っている女優さんには、この役は大人しすぎてもったいなかったかも。

それにしても、暗い作品だねぇ。
トッドターピンの歌のシーンも、映画はピヨピヨいって陽気だったのに比べ、安崎さんのターピンは真面目に悪だったからなぁ。
俳優さんのアプローチの仕方にもよりますが、愛嬌のある悪役を演じちゃう方が個人的には好きです。(英国俳優の90%がそのタイプかと…)

そんな役者の方向性と演出(てか照明?舞台が常に真っ暗だから)のせいか、映画版より舞台版の方が、より暗く感じました(笑)
映画版は、“何か”が常に観客をおちょくってる感があり、そっちが印象に残ったんだよねぇ。
まぁ“何か”って、確実におティムですけど。

スポンサーサイト

Sweeney Todd | trackback(0) | comment(0) |


2012/04/01 (Sun) スウィーニー・トッド 【Intro.】 19.MAY.2011

【青山劇場】
演出:宮本亜門

sweeneytodd_jp_2011.jpg


【CAST】(19.MAY.2011)

スウィーニー・トッド … 市村正親

ミセス・ラヴェット … 大竹しのぶ

乞食女 … キムラ緑子

ジョアンナ … ソニン

アンソニー … 田代万里生

ターピン … 安崎求

ビードル … 斉藤暁

トバイアス … 武田真治



フリート街の話題が出たところで(って前の記事アップしてるのずいぶん前ですが)、豪華キャストのスウィーニー・トッド
アランの(っていうかジョニーの)映画が公開された時も、時期を合わせて市村・大竹キャストの舞台が公演中だったのですが、その時は作品自体が盛り上がっていたので、どんな手を使ってもチケットが取れませんでした。

再演するといいなぁ~と願っていたら、実現するものですね!
前日に関係者用の余剰もないくらい人気だったら、再演は当然といえば当然かぁ。

Sweeney Todd | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。