2012/05/02 (Wed) La Cage Aux Folles 【STAGE】 15.JAN.2011

この写真の、オープニングのシーンが好き。っていうか、曲が好き。綺麗なメロディなんだもの。

Les Cagelles_opening

この後ガッツリとゲイならではの下世話な展開がてんこもりなのですが、逆にゲイならではのピュアさっていうのもあるじゃない、アルバンのキャラに象徴されるように。
それがこのシーンに凝縮されているようで、静かで、ちょっと切ない。
繊細なメロディを、女性が歌うのではなく、あえて落ち着いた男性のささやき声で歌っているのも安心するんだよねぇ。

その後のレインボーパレードはご承知の通り(笑)
日本でも市村正親×今井清隆で見ているけれど、やっぱり英語圏のクドさは素晴らしいね!
主演2人というよりも、アンサンブルの濃さが違う!
向こうの若者って、若いのに何で市村さんや「ロッキー・ホラー・ショウ」の古田新太さんクラスのおどろおどろしさが出せちゃうんだろう。

開演前にアンサンブルの1人がトークして会場を温めるのですが、これがまた勢いがあって、開演前から客席が沸くのなんの。
この演出、日本も同じだったっけ?まったく無く、いきなり曲から始まったような気もする。
ステージの近さと、こういった客席いじりの演出も含め、昼間から真っピンクのキャバレーに迷い込んだような気分で、ラストまで笑い突っ走りました。

そんでもってレ・カジェル(アンサンブルのカノジョたち↓)が、びっくりするくらい美しい!
すね毛のないツルツルの足は細長くてスタイル抜群で、目の保養にはなるが、女子の立場なし。

lacagebway_les cagelles

一人あえて毛がボーボーのもいたり、一人ダンスの気だるさが半端なくて笑いを誘っていたり(途中でタルそうにダンス辞めたりもするんです、日本版にはなかった演出!)、とにかくその濃さと美しさにヤラレっぱなしです。
彼らが恐らく素でもゲイだろうことが勿体ないったらありゃしない。

小間使いのちっちゃいオカマちゃんも可愛いの面白いの。
「レント」では恐らくエンジェル役だったんだろーなと思いますが、私もこういうお友達が欲しいです。
てかRoomyになりたい!化粧品の取り合いとかお風呂の時間帯が大変そうだけど!

で、このお二人ですが。

Kelsey Grammer and Douglas Hodge_LCAF

すごいなダグラスの恰好…。
まぁ男だって考えたら何てことないんだけど、もうおばちゃんとしてしか見られないから…。

ケルシー・グラマーは映像の俳優さんで、米国全土で知名度があるだろう客寄せ俳優なのですが、残念ながら「そりゃないぜ!?フレイジャー」を見ていないもので大してピンと来ず。
ケルシー・グラマーという名前には聞き覚えがありましたが、X-menで印象に残ってる以外に可能性はない。
でもスタンダップ・コメディアンかと思うくらい、安定したコメディセンスでした。
歌も上手かったし、ダグラスとのケミストリーも上手く作用していたと思います。
もはや中年夫婦の存在感……いるいる、こういう男女。

ダグラス・ホッジはさすが!
彼のアルバンが見たくて行ったようなものなのですが、期待を裏切りませんでした。
笑いすぎて声が出なくなるタイプの本気の爆笑を今回も提供してくれて、場を掴む天才だと思います!

同じように、観客の笑い声を殺してしまうくらい笑わせることが「ガイズ・アンド・ドールズ」でもあって、歌声も良いし、絶対また何かに出るときは見るぞと思っていたのでした。
本当はロンドン公演の時点でずっと見たかったのだけど、やはり本物の才能は国境を越えるものですね。
大西洋を渡ってNYまではるばる来てくれて、今回の観劇が叶いました!

スポンサーサイト

La Cage Aux Folles | trackback(0) | comment(0) |


2012/05/01 (Tue) La Cage Aux Folles 【Intro.】 15.JAN.2011

【Longacre Theatre】

LaCage_Longacre.jpg

La Cage_2011cast

劇場入り口にはミニ・ミラーボール♪この演目のためだけに取り付けたのかしら?
Lacage_discoball.jpg



【CAST】(15.JAN.2011 Matinee)

Georges … KELSEY GRAMMER
舞台:「マクベス」、「オセロ―」、「スウィーニー・トッド」、「マイ・フェア・レディ」、「尺には尺を」(LLA)、「リチャード二世」(LA)
TV:「チアーズ」(エミー賞2回受賞)、「そりゃないぜ!?フレイジャー」(エミー賞)、「シンプソンズ」ほか
映画:「X-men:The Last Stand」、「Fifteen Minutes」、「フェイム」ほか

Albin … DOUGLAS HODGE
本作でオリヴィエ賞受賞、本作でブロードウェイデビュー!
ドンマーの2007-2009の助監督。映画「ロビン・フッド」「The Decent Two」など。
舞台:ナショナル・シアター、RSC、シェイクスピアグローブ座で多数の舞台を踏む。
ユアン・マクレガー主演時の「ガイズ・アンド・ドールズ」でネイサン役でしたが、もはや出演舞台が多すぎて、経歴に書いてないよ。

M.Dindon/M.Renaud … FRED APPLEGATE
舞台:「プロデューサーズ」(マックス役)、「ヤング・フランケンシュタイン」、「サウンド・オブ・ミュージック」、「ハピネス」、「ファニー」ほか

Mme.Dindon/Mme.Renaud … ALLYCE BEASLEY
舞台:「エニシング・ゴーズ」、「ドロウジー・シャペロン」
TV:「ムーンライトニング」、「タクシー」、「チアーズ」、「ミディアム」、「グラヴィティ」
映画:「キューティ・ブロンド」、「スチュアート・リトル」

Francis, u/s Goerge, u/s Albin … CHRIS HOCH
舞台:「シュレック」、「スパマロット」、「ドラキュラ」、「美女と野獣」
TV:「30 Rock」、「All my children」、「The Good Wife」

Anne … ELENA SHADDOW
舞台:「ウーマン・イン・ホワイト」、「屋根の上のバイオリン弾き」、「ナイン」、「レ・ミゼラブル」、「ショウボート」、「ライト・イン・ザ・ピアッツァ」

Jean-Michel … A.J.SHIVELY
舞台:「サウンド・オブ・ミュージック」ほか

Jacqueline … CHRISTINE ANDREAS
トニー賞ノミネート2回、OCとしてのCD参加は10回、カーネギー・ホール、リンカーン・センター、ホワイト・ハウスなど各所で公演。

Jacob … ROBIN De JESUS
舞台:「イン・ザ・ハイツ」、「レント」、「ゴッドスペル」、「All about us」ほか

La Cage Aux Folles | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する