2011/01/31 (Mon) 大人はかく戦えり-God of Carnage-

撃沈…。

シスカンパニー公演「大人はかく戦えり」当日券&キャンセル待ちの陣。
シスカンパニーのスタッフさんの感じが良かったのには救われましたが、欲を言えば、立見も出そうよ…(笑)

てか払い戻し一枚も出なかったんだよ!
どんだけ計画性あるの日本人!
というよりロンドンとNYとフランスが直前キャンセル出すぎって話?(笑)

しかもね、待ってる間にロビーの方から高橋克実さん大竹しのぶさんの声が聞こえたんだよ~。
普通におしゃべりしてる感じで、高橋さんは何て言ってるか分からなかったけど、しのぶさん(ヘレナ・ボナム=カーターの時は呼び捨てなのに、何故かさん付け)は「え~すごぉーい」って。何がすごいのやら…。
姿は見えないけど、しゃべり方も声も特徴ある2人だから、絶対そうだと思う。
生殺しだよなぁ、本編見られないのに。

あ゛ぅー見たかったなぁ!
でも千秋楽までに開演の何時間も前から並べる日はもうない。

もすこしおっきいハコでの再演求ム!近いうちに!

ちなみに本作は、私の初レイフ・ファインズ舞台、「God of Carnage」の日本語版です。
イマイチ英語だと全てつかめなかったので、その確認のためにも見たかったのですが……残念!

スポンサーサイト

Greetings | trackback(0) | comment(0) |


2011/01/10 (Mon) 【THE REBOUND】(理想の彼氏)

出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ジャスティン・バーサ、リン・ウィットフィールド、ケリー・グールド、アンドリュー・チェリー
監督:バート・フレインドリッチ
製作年:2009
製作国:アメリカ

THE REBOUND

すべてが理想とマッチしていたはずのダンナと離婚し、シングルマザーとしてNYで新生活を始めたサンディ。
そんな彼女が意識し始めたのは、大学出だけどフリーターで何がしたいか分からない24歳のナニー。
若い男の子とも一晩遊ぶくらいなら構わないけれど、40歳の女性にとって、親と同居し、1杯のビールで酔っ払い、「ハリー・ポッター」が愛読書の草食系男子は再婚相手としては不安定要素が多すぎる……。

かーらーのーラブ!!っていう、NYを舞台にしたラブコメ。
もう思いっきり、キャリアや子育てバリバリ頑張ってるけど、そんな完璧な鎧に疲れたアラフォー女性に向けたストーリーです。
自分がリードを取りながらも、年下の可愛い男の子にじっくり癒されちゃって~的な。
日本でも似たようなドラマあったね。

自分は微妙にどっちの世代にもはまらなかったので、リアルに共感しながら見る感じではなかったのだけど(これが男女逆だったらハマってたかもな~でもそれって『プリティ・ウーマン』?)、もしゼタ・ジョン世代だったならば、DVD買ってベッドの中でお休み前にまどろみ鑑賞してたかも。

ふた昔前だったら、熟女に可愛がられる若いツバメ的な描き方をされていただろう年齢差のある関係も、最近のアラフォー女性が若くて綺麗なおかげか、カラっとしたラブコメで、2人の会話も友達みたいでラフ。
妖しげで危険な空気はまったくありません。
これなら、頑張ってる女性は癒されちゃうだろうなっていう納得感。

……年下はゼッタイ無し派なのですが、最近やけに友達に勧められるんだよねぇ、「You should try!」つって。
……Should I?(←半信半疑)


理想の彼氏 [Blu-ray]理想の彼氏 [Blu-ray]
(2010/11/03)
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ジャスティン・バーサ 他

商品詳細を見る

Cinema 2010 | trackback(0) | comment(0) |


2011/01/09 (Sun) 【(500) DAYS OF SUMMER】((500)日のサマー)

出演:ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、ゾーイ・デシャネル、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ガブラー、クロエ・グレース・モレッツ、クラーク・グレッグ、レイチェル・ボストン
監督:マーク・ウェブ
製作年:2009
製作国:アメリカ

(500) DAYS OF SUMMER

『インセプション』で、ジョゼフ・ゴードン=レヴィットがカッコ良かったが為だけに鑑賞。
でも『インセプション』の方がカッコよかった件。
彼の役の職業がメッセージカードのコピーライターっていうのが密かにツボ。
気の利いたコピーや仕掛けのあるメッセージ・カードが大好きで、特に海外でよく買っちゃいます。

ロマンチストな彼と、超リアリストだけど奔放な彼女の、ありそでなさそな500日の描写。
そんなカップルの500日のうちのある1日を、時系列もランダムに、まるでミュージックビデオのようにパッチワーク的に綴った作品。

おしゃれでファンタジー色も強く、『恋愛睡眠のススメ』を思い起こさせました。
さすがにあそこまでぶっ飛んでないし、本作では特にラストで妙に現実感を残しているのが特徴ですが。

てかサマーって、まんま季節の夏のことかと思いきや、カレシをぶんぶん振り回す彼女の名前でした。
サマーを演じるゾーイ・デシャネル、存在自体がハプニングな映画『ハプニング』『銀河ヒッチハイクガイド』(なつかしい)なんかでもチョコチョコと見ていましたが、結局ゾーイなの?ズーイーなの?そこんとこ教えて!
映像で見るよりも雑誌の表紙で見るほうが可愛いなぁと思っていましたが、今回初めて映像での可愛さを見出したかも。

オンナから見てもぶっ飛んでるように見えたサマーですが、実はオトコから見れば、すべての女性はこれくらい謎めいていて事件性に富んでいるのかもしれない……と、顧みてはみたものの、だからといって省みようとは思わなかったところが、女性の女性たる所以ですかね~。


(500)日のサマー [Blu-ray](500)日のサマー [Blu-ray]
(2010/12/23)
ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ズーイー・デシャネル 他

商品詳細を見る

Cinema 2010 | trackback(0) | comment(0) |


2011/01/06 (Thu) 【INCEPTION】(インセプション)

出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ、トム・ハーディ、ディリープ・ラオ、キリアン・マーフィー、トム・べレンジャー、マイケル・ケイン、ピート・ポスルウェイト、ルーカス・ハース
監督:クリストファー・ノーラン
製作年:2010
製作国:アメリカ

INCEPTION.jpg

あぁ何かもはや、「今さら」っていうより「なつかしい」ね(笑)
2010年『アリス・イン・ワンダーランド』『セックス・アンド・ザ・シティ2』『ハリー・ポッターと死の秘宝』などの大物映画がありましたが、本作が一番“2010年の映画”として存在感が大きかったというのが、個人的な印象です。
でもなぜか『シャッターアイランド』の方が好きだった、というのは個人的な感想です(笑)
てかレオ、内容はもちろん違うけれども、印象のかぶる映画が日本では連続公開になっちゃったねぇ。

パリエセ東京も舞台で前評判に劣らない迫力映像でしたが、新幹線のシーンはとても庶民的に映りました。
あれってちゃんとグリーン車だった?
パリが折りたたまれるのは大胆な発想だよね。
(折り目のところがどうなってるのか気になってしょうがないんだけど…)

サイトーはなぜ目覚めた直後なのに、ミッションが完了したと思うことが出来たの?
(重要なシーンを見る前に雪山の層で死んでたと思うの)

雪山のシーンが無重力でなかったのは何故?
(川に落ちるトラックの無重力感が、次の層のホテルでの実際の無重力につながったでしょ。ホテルで最初から無重力なら違いを感じないから不思議は無いんだけど、途中で無重力になったのなら身体は違いを感じるはず→雪山も何らかの無重力の影響を受けるのでは?)

てかキリアン・マーフィー演じる息子は、あんな手の込んだことしなくても、じゅうぶん説得できそうだよね。(言っちゃった)

面白かったんだけど、見ながら色々突っ込んじゃって、しかも一番最後の突っ込みが物語の根幹を揺るがすものだったもんで(笑)、『シャッターアイランド』の方が面白いと思っちゃったんだよね。

本作はなまじっか論理的に作ってるから、いったん矛盾を感じると気になっちゃって。
『シャッターアイランド』は突っ込み入れるとしても、映像が不確かで結局は推測の域を出ないから、逆に自由に楽しむことが出来たんだな~。
ラストは本作も秀逸でしたが。

さんはますますメジャーな日本人俳優ですね。
戦争映画以外で、ちゃんとした日本人の役をハリウッドが演じさせてくれるって、やっぱり今まで稀なことだったよね。
ジョゼフ・ゴードン=レヴィットもかっこいいなぁ。
『(500)日のサマー』見なきゃ。

そしてR.I.P、私の中で永遠のコバヤシ、ピート・ポスルウェイト


【Amazon.co.jp限定】 インセプション (ジャパンオリジナル スチールブック仕様) トーテム(コマ)と「夢共有装置」取扱説明書付き[ 完全数量限定 ] [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】 インセプション (ジャパンオリジナル スチールブック仕様) トーテム(コマ)と「夢共有装置」取扱説明書付き[ 完全数量限定 ] [Blu-ray]
(2010/12/07)
レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙 他

商品詳細を見る

Cinema 2010 | trackback(0) | comment(0) |


2011/01/03 (Mon) 【SUNSHINE CLEANING】(サンシャイン・クリーニング)

出演:エイミー・アダムス、エミリー・ブラント、ジェイスン・スぺヴァック、メアリー・リン、ライスカブ、アラン・アーキン
監督:クリスティン・ジェフズ
製作年:2008
製作国:アメリカ

SUNSHINE CLEANING

エイミー・アダムスエミリー・ブラントを、負け組み姉妹としてダブル主演させるセンスはすごく好きですね(笑)
映画界における立ち居地や空気が似てる2人、映画のサイズ感にも合っています。

『リトル・ミス・サンシャイン』との比較をよく見かけるのは何故かな?
監督は違うようだし、邦題の“サンシャイン”しか共通点が見出せないけれど。
配給会社が同じで、アカデミー賞ノミネートで知名度が上がった作品を宣伝に使ったせいかな?

でもまぁ、あえて比べるのなら本作の方が好きですね~。
映画の半分くらいはネガティブオーラというか、だからといってマイナスの“パワー”と呼べるほどでもない、黒くてもっさりした何かに溢れていますが……(笑)
『リトル・ミス・サンシャイン』と同じノリかと思ったら、どーん!と暗くてびっくりしたさー。

その分「ハッピーエンドなんか来ちゃったら逆にどうしよう!」ってくらい、その暗闇に慣れるもんだから、大したことのない希望でも物凄く眩しく見えて、何か最後はちょっと良い気分で見終われたという(笑)

彼女たちが始める「事件現場の清掃業」というネタがオリジナリティをもたらしていますが、華やかではなく身の丈にあった仕事の中でやりがいやプライドを見出していくのは、共感度が高かった。


サンシャイン・クリーニング [DVD]サンシャイン・クリーニング [DVD]
(2010/03/03)
エイミー・アダムス、エミリー・ブラント 他

商品詳細を見る

Cinema 2010 | trackback(0) | comment(0) |


2011/01/02 (Sun) 【THE BOY IN THE STRIPED PYJAMAS】(縞模様のパジャマの少年)

出演:エイサ・バターフィールド、ジャック・スキャンロン、アンバー・ビーティー、デヴィッド・シューリス、ヴェラ・ファーミガ、リチャード・ジョンスン、シーラ・ハンコック、ルパート・フレンド、デヴィッド・ヘイマン
監督:マーク・ハーマン
製作年:2008
製作国:イギリス、アメリカ

THE BOY IN THE STRIPED PYJAMAS

デヴィッド・シューリス久しぶりだなぁーとか、「Sister Act」シーラ・ハンコックだなーとか思いながら見ていたら、久しぶりに衝撃を受けました。

縞模様のパジャマ=ユダヤ囚人服。
囚人と、それを取り締まるナチ上官の子供が、お互いの“ほんとうの”立場を知らずに子供同士の絆を深めてく。
しかも上官の子供は「塀の中は楽しい場所だ」という教育を受けているから、そっちに行きたいなんて言い出して……無邪気さも、大人の努力も、全てが悲劇に繋がっていく。

物語り感の強い、上手く出来すぎたサッド・エンドなのですが、特典映像を見るとオチの“できすぎ感”はメッセージを伝えるために“あえて”のよう。
その衝撃的なラストは、「まさか、まさか……」とサッド・エンドの回避を願う観客に対して、人間の業の深さを逃げ場ないほどに隙なく突きつけてきます。

子役たち、特に囚人役の子の、無邪気さと達観が同居した表情と口ぶりが秀逸。


縞模様のパジャマの少年 [DVD]縞模様のパジャマの少年 [DVD]
(2011/01/19)
エイサ・バターフィールド、ジャック・スキャンロン 他

商品詳細を見る

Cinema 2010 | trackback(0) | comment(0) |


2011/01/01 (Sat) 激目まぐるしかった年末年始、詳しくは追々……

A HAPPY NEW YEAR!
Bonne année!


2010年はたいへんお世話になりました。
2011年もどうぞ宜しくお願いいたします!
たまの更新にお付き合い頂きありがとうございます。
実は今アップしている作品って、映画は8月に見たものたちです。
舞台にいたっては、3月のNY鑑賞作品ですらまだアップし終えていません……。
2011年のいつ頃、アップし終わるのでしょうか。誰にも分かりません!No body knows!
英語で言っても状況は変わらない!

2010-2011のパリ、ギャルリー・ラファイエットのショーウィンドー・テーマはなんとミュージカル!

フランスで絶賛上演中、「マンマ・ミーア!」
しょせんヌイグルミなのに躍動感が何か愛しい。

lafayette_mamma.jpg

laffayette_mamma.jpg

「雨に唄えば♪」
I'm singin' in the rain~♪……といえば、「時計仕掛けのオレンジ」舞台版が1月に上演されます。
小栗旬主演。超見たいけど……チケット取れてません。見たいよぅ。(;;)

lafayette_singinintherain.jpg

こちらも(想像できませんが)フランス語版が上演中「フットルース」

lafayette_footloose1.jpg

そして来年の開幕に向けて宣伝しまくりだった「ヘアスプレー」!
なぜこれだけマネキン!?

PICT2523.jpg

そしてそして一番可愛かった「くるみ割り人形」!(…ミュージカルじゃないけど)
子供が夢中!

lafayette_caissenoisette.jpg

Greetings | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する