--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/02/15 (Wed) 【THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO】(ドラゴン・タトゥーの女)

出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バーコフ、ステラン・スカルスガルド、ヨリック・ヴァン・ヴァーへニンゲン、ロビン・ライト
監督:デヴィッド・フィンチャー
製作年:2011
製作国:アメリカ

THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO

グロいだのエロいだの話題になっていて、グロがきつすぎるとちょっと厳しいかもなぁなんて身構えすぎていたら、モザイク映像の方が印象に残っちゃった。
グロい系は半目で防御してたってのもありますが。
日本の映画館って、映しちゃダメなんだっけ?
モザイクなしでガッツリ映ってる作品も見たことがある気がするけど、DVDだったのかなぁ。
せっかくのクレイグちゃん、もったいない。

世界中でベストセラーになっているという触れ込みで、アメリカ人の友人も愛読書にしていますが、日本語・英語ともに読んでいません。
今ロンドンに行けたら買うんだけどな、Buy 2 Get 1 freeで。←基本せこい。
というか今、もう1年半もロンドンに行ってないことに気付いて、ちょっとヒイた。しゅん。

デヴィッド・フィンチャー監督がスパイシーにカッコよく映像を仕上げているので、ある程度の世界観の広がりも感じられますが、話の内容を噛み砕くと「金田一少年の事件簿」レベルな気が……。
いやあれもよく出来た漫画ではありますが、ハリウッド映画にはミステリーも地球規模のものを期待しちゃうのね。ミッション・インポッシブルとか見ちゃった後だと特にね。
一族しか住まない遮断された島での自家中毒っていう設定も金田一っぽいし、おじいちゃんも周りも、記者に依頼するより前に色々気付いたんじゃないかしらねぇ、と突っ込んじゃう。

でも猛吹雪に包まれたスウェーデンを、原作に忠実に舞台にしたのは正解!(って原作読んでないけど)
閉塞感と寒々しさの対極にある、ミカエルリスベットの肌の交わりに、余計ぬくもりが感じられるから。
ダニエル・クレイグがカッコいいからサラっと見てるけど、よく考えたら世界と世代にだいぶ差のある、クセのあるカンケイ。
なのに違和感ゼロで、カッコよく愛おしい2人の距離感。

デヴィッド・フィンチャーという、カラーのハッキリした監督にも関わらず、オリジナル映画にかなり忠実な造りらしいので、スウェーデン製作の作品も俄然見たくなりました。
原作も評判良すぎて気になる。原作買いにロンドン行きたい。ただただロンドンに行きたい。

スポンサーサイト

Cinema 2012 | trackback(0) | comment(0) |


2012/02/03 (Fri) SPIDER-MAN TURN OFF THE DARK 【STAGING】

goblin_vs_spider.jpg

途中までジュリー・テイモアが絡んでいた演出も、離脱したせいでしょうか、スカスカの印象でした。
ラストの蜘蛛の世界の幻想的な演出だけ、やけにハイレベルで密度が濃く、ここだけジュリー色が出ているのかしら?と思ったり。
同じ作品とは思えないほど、ラストシーンのテイストが違いすぎて驚きます。

そのシーンまでは、原作を生かしたアメコミ風演出満載なのよ。
効果音の代わりにデッカイ吹き出しのセットを使い、衣装も現代風、照明は蛍光灯のように白味が強いもの。グレー一色のシャープなNYのビル群セットの中で、スパイダーマンの赤とグリーンゴブリンの緑が際立つ、シンプルかつ若干舞台の“間”が目立つ演出です。
ただそれなりにテイストに一貫性があり、“アメコミが原作”という意識を持って作られていました。

逆にラストのシーンは、それまでの単純さから一変して、非常に高レベルで美しい演出だったのです。
(布ブランコで前後に揺れる女性たちの動きを利用して、舞台下方から素早く上がってくる布を絡ませ、舞台の前方を覆い尽くす巨大な織物を紡ぎだす……って、説明が難しいの(笑)しかもそのシーンが画像検索で出てこないの)
このシーンの演出そのものは突飛な発想+技術力もあって素晴らしかったのだけど、テイストにはアメコミ色も、それまでのシーンとの一貫性もなく、せっかくの出来なのにちぐはぐな印象。

この違和感は、セットに連動してストーリーにもありまして(そもそもは脚本のせいだと思いますが)、劇中のスパイダーマンはあんなに着地が上手かったのに、作品自体の着地は大失敗している感が否めません。
原作は読んだことないから何とも言えないんだけど、映画版に近いものを期待してくると、着地点が10mくらいズレますので。
劇中のスパイダーマンだったら観客の上に落ちて大事故になるところです!

まぁ映画のストーリーが単純すぎっていうのもあるんですが、それにしてもスパイダーマンが蜘蛛の女王の下に召されて昇華していっちゃうっていうストーリーが何だかアメコミとして納得いきませんでした。
最近のBWミュージカル、ストーリー無理くりなの多くない?アダムス・ファミリーとかさー。

spidermen_cc.jpg

一方で、アクションはさすがでした。数多の俳優が犠牲になったおかげでしょうが…(苦笑)
カテコはこんな感じです。いっぱい出てくるスパイダーズ!

プレビューだったせいか知りませんが、開演前にプロデューサーが舞台に上がり、どんだけこの舞台が危険か……じゃないですけど、「通路は頻繁に使うから気をつけてね。足出さないでね。頭の上もビュンビュン飛ぶからね」と注意喚起していました。そんな舞台初めて(笑)

やっぱりアメコミヒーローなので、その姿が舞台上に現れただけで観客は歓声MAXになっちゃうし、そういう、“歓声の真ん中にいるヒーロー”っていう状況がもう、言わば見どころ!ストーリーとかじゃなくて!
飛んだり着地したり、グリーンゴブリンの背中に乗りながらフライングなんてしちゃった日には、ヒューヒューの嵐!
これはこれでまた、ミュージカルっていうより飛んでる最中にたまに歌ってみちゃうだけでしょ~と言えなくもないのですが、まぁそのフライングの技術はなかなかです。

何がすごいって、飛ぶことそのものよりも、着地が難しい。
あのちっちゃいNYの劇場の、客席の通路に着地するんですよ。
漫然と見てるとただ落ち着くべきところに着地しただけですが、客席の通路って、幅1mもないですからね!
そこにスピードを落とすことなく、びゅーん!ピトっと着地するのです。
2階の縁への着地も然り。50cm四方の板が2階席のヘリに設置されていて、その狭い空間にピトっとな。

そんなわけでアクション・エンターテイメントとしてはまぁアリかもしれないのですが、こちらもいい大人なのでミュージカルとしては物足りなく、キャストがどんなに良くてもあまりリピートする気は起きなかったのでした。

USJのスパイダーマンのアトラクションも、3Dで上手く出来たエンターテイメントだから、アクション楽しむだけならそっちでいいや、みたいなね(笑)

Spider Man | trackback(0) | comment(0) |


2012/02/01 (Wed) SPIDER-MAN TURN OFF THE DARK 【CASTS&SONGS】

spider-man-musical4.jpg

当日券も売り切れで、Return待ち。列は長くなるわ、結構じらすわ、そして1月のNYは寒いってば!
前から10番目くらいだったけど、何とか入れました。
今はもう、そんな事態はないと思うけどね。
投資を回収するために、ある程度の期間回さなきゃいけないっていう話だったし、クローズしようにも出来ない状況なのではないでしょうか。
作品自体があれから進化してれば、ちゃんとお客さんも入るかもしれませんが。

というわけでね~、どう評価したもんかね~(笑)

まぁあの、間違いなくキャストは良かったんです。
「Next to Normal」で素晴らしい歌声を聞かせてくれたジェニファー・ダミアーノの歌いっぷりは、やっぱり気持ちいい。
ピーター・パーカー役のリーヴ・カーニーは、見た目は貧弱すぎて苦手ですが、歌は上手いし声も良い。
アンサンブル陣にも歌がいけていない人はいなかった。演技力もみんな悪くなかった。
グリーン・ゴブリン「ライオン・キング」スカー俳優なので、キャラ丸かぶりですが、だからこそキャラ立ちが激しくナイス・キャスティング。

なのに歌に関して、心に響くものも、メロディーが残るものもない。
ジェニファーなんて、上手さはN2Nの時と同等なのに、気持ちの届き方が違うものね。

ボノさん、途中からどうでも良くなっちゃった?本作のこと。
何回も聴いていれば、良さが分かってくる曲も中にはあったかもしれないけど、そんなにU2の大ファンでもないので、CDを買うこともなく、そのチャンスもなく。
ただどんな作品でも1曲くらい、求心力のあるメロディーがあってもいいはずなんだけどな。

Spider Man | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。