2012/12/22 (Sat) 【LES MISERABLES】(レ・ミゼラブル)

出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン、サマンサ・バークス、アーロン・トヴェイト
監督:トム・フーパー
製作年:2012
製作国:イギリス

Les Miserables

ついに公開されましたね~。アメリカよりイギリスより、日本が一番早い公開です。珍しい!
公開前のプレミアの様子はこちら

冒頭から迫力のあるズーム映像に圧倒され、続く本編への期待は高まるばかり。
夏ごろから楽しみにしており、期待は膨らむばかり。
プレミアまで行っちゃって、テンションマックスの中での鑑賞でした。

というわけで、ちょっと期待が大きすぎたかしらん?(苦笑)
もしくは、ケリー・エリスとかウェストエンド俳優を探すのに、労力を費やしすぎた?
(ちなみに、キリアン・ドネリー以外は、映像の中で見つけること出来ず……)

場面によっては想像よりスケールがでかい(冒頭の船のシーンなど)ですが、一方で舞台セットから膨らませた想像の方が映像のはるかに上を行っていたシーンもこれあり。

パリに行くまでは、CGや自然の風景のおかげで壮大な世界観なのだが、パリに着いた途端、せせこましい印象なんである。半径が1㎞から、急に3mに縮まったような。
まぁパリという町がせせこましいから、しょうがないっちゃ、しょうがない……。
ジャヴェールの自殺シーンのセーヌ川だけ、何だか物凄い迫力であった。(ロンドンならまだしも、パリにあんなに高い橋あったっけな?と思ったのは、内緒のヒミツ)

全体的にパリのシーンは、市内でのバルジャンの逃げ方等々が98年の映画版と重なってしまいました。
逃げ方そのものが原作で細かく描写されているせいだとは思うのですが、一方でジャヴェールの自殺は監督によって描き方が違うので、この既視感は回避してほしかったところ。

あと歌やシーンが終わった後の、映像ぶつ切りも気になりました。
『プロデューサーズ』なんかは、良い感じに余韻があった気がするの。
ジャヴェールの自殺シーンに顕著だけど、ガツンっ!→ブツッ!と映像が切り替わるシーンが多いように思いました。
これも最初の方は、紙切れが空に舞いながらの場面転換など凝っていたのに、後半になってだんだんおざなりになってきて気になりました。
小さい作品だったら違和感のない演出ですが、大作だと、尺が長いだけに反復感が強すぎる気がする。

まぁ『英国王のスピーチ』も実はハマれなかったので、この監督とは合わないんだろうなぁ。ご本人はとても素敵な英国紳士ですけどね。
映画としては、原作の偉大さとミュージカル楽曲の良さに救われた部分が大きいように思われる。

ファントムの映画版を見た時、アホかというくらい、頭痛がするくらい滝のように涙を流したので、今回もソレ級の大洪水が起こるかと思いきや、五筋くらいの水分量だったので、ちょっと期待しすぎ&作品を知りすぎだった気もします。(ファントムは作品としての初見が映画だったしね)

舞台版と異なる曲構成については、これもこれでアリだと思います。
神曲を連続で持ってきたか~!大胆だな~!とは思いましたが(笑)

それではキャスト。っていっても、プリンシパルが秀逸すぎて、語れること少なし。
ヒュー、ラッセル、アン、アマンダ、エディ(ただし声質はあまり好みではない。安定はしてるけど)、サマンサは芝居も歌も興に乗ってて良かった。

心配していたラッセルですが、他のキャストも全編を通して観ると綺麗には歌わない演出だったこと、あと芝居はさすがに上手かったので、さほど気になりませんでした。
声が割れるシーンだけ耳が「うぅ!」ってなるけど(そしてプレミアで披露されたOne Day Moreがまさにそれ・笑)、優しく歌うシーンは逆に、他のキャストが芝居全面の力んだ歌唱ばかりのなか、ロック仕込みの歌い方がメロディアスで聴き心地がむしろ良かったです。
声が割れるシーンはハーモニーを際立たせる部分だから、やはり本気のバリトンでないと苦しいのかな。
One Day Moreという曲の軸となって、ぐるんと全員の運命を振り回す感が、ハンス・ピーターさんの地響き低音とかだと顕著。

ヒューは新曲の「Suddenly」も含め、芝居に連動した激しくも柔らかな歌声。
アマンダはまさに小鳥の啼くような綺麗なソプラノで弾むような歌声。
アンは本作中一番ではないかと思われる「I dreamed a dream」を力強くも儚く歌い。
サマンサは歌声に期待していたけれど、実際は芝居で泣かされ。
エディ・レッドメインは、好みの歌声ではないが、マリユスらしさは溢れんばかり。

上手かったけど、期待が大きすぎたのは、アーロン・トヴェイト。
トニー賞授賞式の「Next to Normal」パフォーマンスでは、映像を通してもひと耳で分かる神声だったのに!
その後のBW出演作を見ても分かるように現代劇のロック調音楽が得意なのか、クラシカルな本作のアンジョルラスという役には、あまり向いていないように思いました。
最近は映像にもいっぱい出てるから(「Gossip Girl」にブレイク・ライブリーの恋人で出てきたときにはびっくり)、知名度採用なのかな~。
アンジョはラミンでも良かったけど、エディとの見た目のバランスを考えると、やはりアーロンかしら。
(でも実は、日本ではアーロンよりラミンの方が今や知名度あるかも?!)

ヘレナとサシャも期待し過ぎました。
だってこの2人、見るからに濃いじゃない~期待しちゃうじゃない~(笑)

映像用の演技があるのも分かるが、物足りない。
舞台版以上のものが最低限見られると思っていたのが、同等どころか、より抑えた演技だったのが残念。
たとえシリアスな内容でも、それゆえ笑いが織り込めないということではないと思うので(浮くようだったら、単に役者か監督の力量不足)、ここは存分にハジけてほしかった。
そして改めて、舞台版のテナルディエ俳優って、いつどこで見ても正しく喜劇を演じているんだなー、正しく劇的な演技をしているんだなーと思わされました。間とか、あくどい声の出し方とか。

総括して本作の感想ですが、映画版を観終わった後に、ムショーに舞台版が恋しくなりました、マイ・ベスト・キャスト陣の舞台が見たくなりました!
映画としての感想がそれって、良いのか悪いのかって言われると微妙ですが……(苦笑)

私のミュージカル映画⇔舞台の評価って、他人と割と逆なので許して(笑)
『CHICAGO』だって、世間のほとんどが映画版の方が好きor秀逸って言いますが、自分的には舞台版の演出の完璧さには全然勝ててないと思ってるし……。
だってMary Sunshineがあれな時点で弱いと思うのよ(笑)、舞台版の方があらゆる意味で(転換・セット・オケの使い方で知力、パフォーマンスの限界っぷりで体力)と、人間の底力を見せつけられるのよ。
まぁ、かなりキャストで左右されるのも事実ですが。

でも本作は前売りを2枚買ったので、あと1回見に行きます。
果たして2回目の鑑賞で、感想に変化はあるかしら~。
(舞台を見に行きたくなるのは変わらないと思うけど!)

スポンサーサイト

Cinema 2012 | trackback(0) | comment(0) |


2012/12/16 (Sun) 【ジーザス・クライスト=スーパースター アリーナ・ツアー2012】

出演:ティム・ミンチン、メラニー・C、クリス・モイレス、ベン・フォースター、アレックス・ハンソン、ピート・ギャラガー
作曲:アンドリュー・ロイド=ウェバー
作詞:ティム・ライス
演出:ローレンス・コナー(「レ・ミゼラブル」)
製作年:2012
製作国:イギリス



公式サイト:http://www.jesuschristsuperstar.com/

クリスマスですからね。(と言う理由でこの作品をアップするのも、どこか間違っている気がする…)

10月5日のバーミンガム公演を早速に映像化して日本で上演だなんて、『オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン』以来、この市場が認められたようで嬉しいですね~。
今後もどんどん劇場公開してほしいな~。今のところALW作品縛りがあるみたいだけど。

『ジーザス・クライスト・スーパースター/2000年』で、ミュージカル映画版は見ていましたが、かなり現代風にアレンジされた今回のアリーナ・ツアー版も新鮮な演出でした。
ヘロデ王に現役DJを起用し、イエスの裁判をTVのオーディション番組風に見せているのが、より皮肉っぽさが増して面白い。

ジーザス役は、TVのオーディション番組で選ばれたベン・フォースター
男子にとってはソプラノと言える領域まで声が出るほど上手いし、見た目もカッコ良い!
というか、アクがない正統派な魅力で、ジーザスという役に似合っていました。
ジーザス俳優は、みんなロックで啼けるのが条件ですね。

ロンドンで大ヒットしているミュージカル『マチルダ』の作詞・作曲をしたティム・ミンチンがユダ役、かつジーザスではなく彼が主役のようです。
『マチルダ』の音楽を作ったとは、とても思えない外見(笑)
歌も上手いし、才能豊かなんですね~!
ちなみに彼の職業はコメディアンです。
俳優でも、作詞・作曲家でもないところに、英国の奥深さを感じます。

マリア役のメラニー・Cは、元スパイス・ガールズ。
「ベッカムの妻」という、職業なんだかステータスなんだかよく分からない活動をしている人もいる傍ら、解散後もソロでちゃんとCDを出している人なので、普通に上手い。
声はハスキーでマリアっぽくないけど、そこが作風には合っていて良い。

ピラテ役のアレックス・ハンソンに“どーも見覚えがある!”と思っていたら、「The Sound of Music」のトラップ大佐役、「A Little Night Music」で見ていました。
ヨダレたらしまくって歌うものだから、『マチルダ』の校長先生やった人かと思ったよー(笑)
彼もすっごい上手いんですが、トラップ大佐のダンディなイメージは崩壊いたしました。
見るからにゲイな役作りだし。(って、自然に滲み出たものかもしれないが)

Jesus-Christ-Superstar_arenatour.jpg

ヨダレや汗にまみれた超熱演を堪能した後、明らかに場違いな雰囲気をまといながら、いそいそと登場するアンドリュー御大。出たがりか(笑)
って、作者なんだから出て然るべきなのですが、出てきた途端に失笑が起こる作者っていうのもどうなのよ(笑)

今回もちょっとテンション振り切ったまま再演に感謝の辞を述べ、「この作品を書いた時に一緒にいた女性、サラにも、この会場にもしいたら“ありがとう”」とサラへの愛止まらずでした。
っていうか、“この会場にもしいたら”って何よ(笑)
招待状も送って、恐らくメールか電話で来られるか確認もしたのに、最終的に返事くれなかったってこと?
悲しすぎるじゃない……(笑)

Cinema 2012 | trackback(0) | comment(0) |


2012/12/15 (Sat) 【FIRST POSITION】(ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!)

出演:アラン・ベル、ジュールズ・ジャーヴィス・フォーガティ、ミケーラ・デ・プリンス、レベッカ・ハウスネット、ジョアン・セバスチャン・ザモーラ、ガヤ・ボマー・イェミニ、ミコ・フォーガティ
監督:べス・カーグマン
製作年:2011
製作国:アメリカ

FIRST POSITION

9歳~19歳が挑戦できるバレエ・コンクール、ユース・アメリカ・グランプリの裏側を追ったドキュメンタリー作品。
バレエを生業とする友人と観に行ったのですが、現在YAGPは、ローザンヌを超えるコンクールとして認知されてきているみたいです。

見るからに裕福な家庭で育った子から、内戦で親を失いアメリカで養女となった子、貧しい祖国で暮らす家族のためにバレリーナを目指す子など、背景は様々。

普通の世界だったら、過酷な状況を経ても折れないような子が最後に生き残ると思うのですが、バレエは身体芸術だけあって、それほど単純でもないのです。
もちろん根性も必要ですが、表現力やスター性とともに、生まれながらのプロポーション、ある意味ステレオタイプな美しさというのも求められるのが残酷です。

綺麗ごとを学ぶはずの子供時代に、これほど現実を強く突きつけられる体験をする。
不可抗力なら地球上のどこにでもある話だと思いますが、彼らは自らそれを求めに行くところが、バレエの世界の特殊性だと思います。

期待も強かったけど、それに負けないくらい見応えのある作品でした。
涙が出そうになるかと思えば、思わず声を出して笑っちゃう場面も多々あり、生身の人間を良くとらえたドキュメンタリーだと思います。

日本人とアメリカ人のハーフであるジュールズ君が、かなり良いキャラ!
ロシア人の先生とのやり取りにも和む~(笑)

お姉ちゃんのミコちゃんは、映画公開後ローザンヌにも通ったみたいですが(実際上手くて可愛い!)、弟のジュールズ君は、映画の中でバレエを辞めちゃいました。
確かに今の時点では、周りの子に比べて技術やプロ意識に欠ける部分もありましたが、逆にある時点から突然上手くなる要素も男の子は特に強いだけに、少しもったいない。
あっけらかんとしたチャーミングさがあるので、大きく花開く可能性もあったかもしれません。

逆にマチュー・ガニオのお父さんであるデニス・ガニオに師事し、コンクールでも優等生の扱いを受けるアラン・ベル君は、今後壁にぶつかったときに伸び悩みそう。
真面目で無難だけど、惹きつける魅力はあまり感じられなかったのよね……。
ガールフレンドのガヤちゃんのモダン・ダンスの方が、表情があって惹きつけられた。

でも何だかんだで、映画の中でフィーチャーされた子たちには感情移入しちゃいまして、コンクールの結果にも本人並みに一喜一憂。
努力して着実に夢を手にしていく彼らの姿からは、前向きなパワーをもらえます!
すでにもう一度見たいくらい。
そして現在ロイヤル・バレエ団で頑張るジョアン君など、彼らが世界の舞台で実際に踊る姿を、いつの日か見てみたいものです。

Cinema 2012 | trackback(0) | comment(0) |


2012/12/03 (Mon) 【SKYFALL】(007 スカイフォール)

出演:ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ベレニス・マーロウ、アルバート・フィニー、ベン・ウィショウ、ジュディ・デンチ、ロリー・キニア、ヘレン・マクローリー
監督:サム・メンデス
製作年:2012
製作国:イギリス、アメリカ

SKYFALL.jpg

見事に評価が二分している007最新作。

確かに分からなくもない。
個人的には飽きる場面がなくて、次々と展開するアクションを存分に楽しみましたが、もう一度見直したいとは思わないかも。
今回のボンドガールは、あまり魅力的だったとは言えないしね~。
エヴァ・グリーンの表情を真似しているようにみえて、演技が微妙だったかな~。
ボンドガールにしては犬死だったし、見どころがない。

今回はどちらかというと、マニーペニーとMがボンドガールだったと言うのが正しいかも?
特にMの顛末は予想していなかっただけに意外でした。
逝き方が、そこまで劇的じゃないことも含めて。
ジュディ・デンチはもう、クレイグに飽きちゃったんだろうか。(そういう作品選び?)

ヘレン・マクローリーや、レイフ・ファインズ、そして特にQにベン・ウィショウを持ってきたあたりは、非常にコアに英国的で、今回はそのあたりの配役が目的で観に行きました。

ハビエル・バルデムは好きじゃないものの、俳優としては面白いと思うし、演技でエキセントリックな雰囲気は醸し出していましたが、あの犯人の描き方はそもそも甘い。
てか007の悪役って、オディプス・コンプレックスかマザコンか007コンしかいない気が……。

もっと大人で、美学というか哲学をちゃんと持った、共感に値する悪役求ム。
007を良く見せたいがために、浅い悪役描写になっちゃうんだろうけどね。
今回のボンドも、忠誠心強すぎてちょっとツマンナイやつに思えなくもなかった。

アクション自体は面白いけど、ストーリーの深みがもう少し欲しいところ。
女性の悪役も、ボンドガール以外のドンでは全然出てこないし。
コンセプト自体が古臭くあるべきなのはわかっているけど……。

某シーンの撮影が、長崎の軍艦島でした。
使われたのは外観だけみたいですが、あんなところがあるんだね~という驚き。
ちょっと行ってみたい。けど、だいぶ怖い。
ハビエル・バルデムが出てきた日には、ちびっちゃうよ。

Cinema 2012 | trackback(0) | comment(0) |


2012/12/02 (Sun) 【YOU WILL MEET A TALL DARK STRANGER】(恋のロンドン狂騒曲)

出演:アントニオ・バンデラス、ロジャー・アシュトン=グリフィス、ジョシュ・ブローリン、ポーリーン・コリンズ、アンソニー・ホプキンス、ジェマ・ジョーンズ、フリーダ・ピント、ルーシー・パンチ、ナオミ・ワッツ
監督:ウディ・アレン
製作年:2010
製作国:アメリカ、スペイン

YOU WILL MEET A TALL DARK STRANGER

なんと、日本ではウディ・アレンの最新作としての公開ですが、『ミッドナイト・イン・パリ』の前作に当たるそうで、2010年の作品。

バルセロナ(『それでも恋するバルセロナ』)、ロンドン、パリと、ヨーロッパづいてますね~ウッディ爺さん。

『ミッドナイト・イン・パリ』にコンセプト感が強かっただけに、本作はウディの醍醐味である“もやっ”と感がより色濃い。
シナリオとしてはありがちで古臭いのだが、普通の人が撮るとまんま古臭くなりそうなところを、ウディ監督だとあまりに登場人物がお約束を無視して普通に行動するため、意外と展開が読めないという不思議な作品。

「あっそこ、攻め込めるのに言わないんだ、黙って離れるんだ」という、小さな裏切りが微々たる刺激を脳に与え続け、淡々とした会話展開なのに、なぜか眠くならないのよね~。
コールガールに熱を上げて痛々しいおじいちゃんを演じるアンソニー・ホプキンスが、婚約者の浮気現場を一方的に見てしまったにも関わらず、婚約者があまりに大胆に嘘をつくので、何も言えなくなる、言わなくなるシーンが何だかリアルだった。
浮気された事実よりも、もっとも嫌悪している年寄扱いをされ、軽く見られたと感じたことが、決定打だったのかもしれない。

みんな自業自得で深みにハマっていった上に抜け出せないまま終わるので、鑑賞後は大して爽快でもないし、もやっと感が残ってむしろ不快かもしれないのですが(笑)、「自分探し」「自分に正直に生きる」という、現代のストレス社会で是とされている価値観をすげー小馬鹿にしてニヤッとしているウディ爺の顔がスクリーンの向こう側に見えて、あぁ悔しい(笑)

Cinema 2012 | trackback(0) | comment(6) |


| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する