2013/12/31 (Tue) Notre Dame de Paris 【STAGE】 10.Mar.2013

【東急シアターオーブ】

NDDP_poster.jpg


【CAST】(10.Mar.2013)

エスメラルダ … Myriam Brousseau

カジモド … Matt Laurent

舞台:カナダにて「ロメオとジュリエット」、「星の王子さま」、「ドラキュラ」 

フロロ … Robert Marien
舞台:「レ・ミゼラブル」(ジャン・ヴァルジャン)、「ドン・ジュアン」

グランゴワール … Richard Charest
舞台:「Il était une fois」

フェビュス … Yvan Pedneault
舞台:「レント」、「ウィー・ウィル・ロック・ユー」(ガリレオ役)

クロパン … Angelo Del Vecchio

フルール・ド・リス … Elicia Mackenzie

舞台:「ロック・オブ・エイジズ」、「サウンド・オブ・ミュージック」、「オズの魔法使い」、「ハイスクール・ミュージカル」、「イントゥ・ザ・ウッズ」

NDDP_castboard.jpg


てっきりフランス語公演かと思っていたら、意外にも英語公演なのね。

そしてフロロ役のロベールさんて、ロイヤル・アルバートの特別企画17ヴァルジャンズの、フランスのヴァルジャン代表だった方では?!
今さら気付いたよ~鑑賞時に知っておきたかったよ~(泣)
さらに思うに、かなりヘビロテしてるフランス版「レ・ミゼラブル」CDのバルジャンでは?!
もうっもうっ!ちゃんと記憶に残すべく見ておけば良かったーー!

この公演の出演者、みんな上手いな~とは思っていたけど、知っている役者がいない(と思っていた)から、演目全体として楽しんで、役者の一人ひとりまで、そんなにじっくり見なかったよ…。

上記のプリンシパル中2名がStandby俳優でしたが、全く遜色なかったです。
舞台セットと連動したアクロバットが、「ロミオとジュリエット」以上に激しくて、見応えがありました。
あれはもはや、劇中ダンスというよりシルク・ド・ソレイユ。

もうひとつ驚いたのが、まったく知らない曲構成だとばかり思っていたら、数曲知っていたということです。
高校時代に友達から借りてヘビロテしていたセリーヌ・ディオンのベスト・アルバムで聴いた曲まであった!

フランス・ミュージカルは、まず劇中曲を一般のPOPとしてヒットさせてから集客する方式が良く採られますが、まさかセリーヌ・ディオンが歌っていたなんてね。
まぁ彼女もカナダのフランス語圏出身なので、自然なつながりなのかもしれませんが……。
しかも、自分が高校生の頃、すでにこのミュージカルがあった事実にも驚きです。

もう一曲は、留学中に日本語訳をつけるためにかなり何度も聞き返した「でーしーれー!」(曲名分からず・笑)でした。
てことは、フランス語版だね。
ローラン(バン)が歌ったやつだった気がするけど、気のせいかな?
なんならローランが、日本語訳を頼んだ張本人な気がする(笑)

そんなこんなで、観るまでは、前知識の欠片もない新作に触れるつもりでいて、縁のあるミュージカルだとは思ってもみなかったのですが、フタを開けてみると懐かしい香りがブワッと蘇った公演でした。


NDDP_cartaincall.jpg

スポンサーサイト

Notre Dame de Paris | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/25 (Wed) TOP HAT 【STAGE】 22.FEB.2013

TopHatMusical_tap.jpg

出張時の疲れたカラダで観たから、モヤッとした記憶しかないし、ちょっとオチかけもしました。
クラシカルな演出と曲だったもので、時差ボケ&仕事後の鑑賞には辛かった……!

ストーリーも曲も記憶の彼方に飛んでしまっており、覚えているのはタップシーンと、壊れたアレックス・ゴーモンだけです。
フレッド・アステアの映画版を見れば、少しは記憶が蘇るかなぁ。

ストーリーは、以下の通り。
公演のためにロンドンを訪れたブロードウェイダンサーのジュリーが、同じホテルに滞在するモデルのデイルに一目ぼれ。
しかしちょっとした勘違いとすれ違いからデイルはヴェニスに渡り、イタリア人のアルベルトと結婚してしまう。

……おぉ、そういうストーリーだったのか!(笑)

このアルベルトを演じたのが、アレックス・ゴーモン!
「キューティ・ブロンド」で、主人公の恋人役、エメットを演じた俳優さんです。
上手くて安定しており、決して二枚目ではないけれど、包容力が素敵だったのを覚えています。

そんな彼が、こんなにもヨゴレになれるなんて!
上手い俳優さんなんですね~。
主人公2人の仲を引き裂く、ある意味で悪役なのですが、とてもチャーミングに演じているので観客にも好かれていました。

主演のGavinは、さすがに爪先&指先まで神経の行き届いたプロフェッショナルらしいダンス。
特別に素敵な歌声だったり、驚異的な迫力の声量を持っているワケではありませんが、歌も丁寧に歌っていた印象です。
実は、今回観た時には体調を崩していたようで、この後すぐに数日間の降板期間に入ってしまいました。
体調万全の時に観れば、元々プロフェッショナルな神経の行き届き方に加え、ご本人の身体的な素質もたんまりと堪能できたのかと思います。

苦手なサマー・ストラーレンが、デイル役のオリジナル・キャストだったので、この日はすでにキャス変後のクリステンで良かったような、でもダンスだけでいけばサマーも上手いのよね(『ガイズ・アンド・ドールズ』のユアンの相手役が良かった)と思うと、残念なような。

Tom-Chambers-and-Summer.jpg

男性陣総出のタップシーンはそれなりに華がありましたが、「ブック・オブ・モルモン」のタップの方が、面白くって楽しくって、勢いがあったかな(笑)
階上のタップを階下で聴くシーンはロマンティックだったりもしましたが、とにもかくにも演出が正統派すぎてね~。
キャスト陣がオリジナルキャスト・レベルに最上級でないと、舞台全体の魅力が追い付かない作品かもしれません。

きっと観客・俳優ともに(笑)体調万全の時に見たら、強烈なアクや印象はなくとも、よくまとまった作品なのだろうと思います。

TOP HAT | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/24 (Tue) TOP HAT 【CAST】 22.FEB.2013

【The Aldwych theatre】

TOP HAT_Aldwych22FEB

TOP HAT_Aldwych




【CAST】(22.FEB.2013 Soiree)

JERRY TRAVERS … Gavin Lee
舞台:「コンタクト」、「メリー・ポピンズ」(バート役オリジナル・キャスト)、「ペギー・スー」(リチャード)、「クレイジー・フォー・ユー!」、「オクラホマ!」

DALE TREMONT … Kristen Beth Williams
舞台:「Nice Work If You Can Get It」、「Anything Goes」、「Promises, Promises」、「The Sound Of Music」

HORACE HARDWICK … Clive Hayward
TV:「イースト・エンダーズ」、「カジュアルティ」
舞台:「から騒ぎ」、「シラノ・ド・ベルジュラック」、「プライベート・ライヴス」、「エレファント・マン」ほか多数

MADGE HARDWICK … Vivien Parry
舞台:「マンマ・ミーア!」(ドナ役)、「フェイム」、「ブラッド・ブラザーズ」、「大いなる遺産」

ALBERTO BEDDINI … Alex Gaumond
舞台:「ジーザス・クライスト・スーパー・スター」(ジーザス役)、「ウィー・ウィル・ロック・ユー!」(ガリレオ役)、「キューティ・ブロンド」(エメット)、「ガイズ・アンド・ドールズ」、「フル・モンティ」、「スクルージ」、「ミス・サイゴン」

BATES … Stephen Boswell
舞台:「パイレーツ・オブ・ペンザンス」、「オズの魔法使い」ほか

TOP HAT | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/07 (Sat) Sister Act 【STAGE】 2012 Production Francaise

SisterAct_fabulous.jpg

さすがに2012年に観た作品は、2014年が明ける前に書いておきたい!!(笑)

フランス独自のミュージカルも数多が生産されている近年ですが、老舗ブロードウェイやウェストエンドの作品も、Stage Entertainment社の功績で順調に輸入が続いています。

「キャバレー」、「ヘアスプレー」、「マンマ・ミーア!」などに続き、2012年は「シスター・アクト」(映画『天使にラブソングを』舞台版)がパリで上演されていました。

ちなみに現在は「美女と野獣」が上演中、来年の秋にはなんと「ダンス・オブ・ヴァンパイア」です!
めちゃくちゃ観たいじゃないか!
野獣を演じているのは、Yoni君て……マジか。出世早いな。(あの頃は「Chance!」の配達人だった)
「美女と野獣」なんて、ある意味フランス語の方が原語になるのだから、CD欲しいなぁ。売ってないかなぁ。

閑話休題。
ミュージカル嫌いのフランス人に馴染みやすいよう、新作を上演するたびに慎重に作品選びがなされているのを感じますが、「シスター・アクト」は大正解かと思います!
コメディー要素が満載で、音楽がノレる作品は、やっぱり万人受けが良いよね。

日本版も森公美子さん主演で上演予定とのこと。
キャスト全員にモリクミさん同等のエネルギーがないと乗り切れないナンバーが満載の作品なので、楽しみなような、ちょっと怖いような……。

SisterAct2_raiseyourvoice.jpg

Joeyを演じたフランクさんは、「Chance!」の元祖ボス役で、唯一知っている俳優さんでした。
こちらから求めて観に行かなくても、彼自身が求められて出演している作品が多いせいか、日本にいても観る機会が向こうからやってくる俳優さんです。
司祭役をやっていてもおかしくない年だけど、あえてドローレスを追うチンピラの一味を演じているのも納得。
というのも、司祭役にはないソロ曲がJoeyという役にはあって、チンピラの中では大きい曲なのです。
曲もフランクさんの声質に合っているしね。

司祭役の俳優はロンドンでは何となくスベっていて、上手く客席と呼応していない感じがしたのですが、フランス版では上手く馴染んでいて良かった。
このおじさん、修道院長ほど保守的ではなく、ドローレスが吹き込んだ新風に意外に乗り気なところを可愛く演じられれば、客席の支持も得られるはず。

SisterAct3_finale.jpg

元々がアメリカの話なので、イギリス英語を経てフランス語化されたまどろこっしさはあるものの、キャストの迫力も、舞台全体のパワーも、ウェストエンドに負けず劣らず。
フランス版はちょこちょこイギリス版と演出が違い、舞台上での修道院服からクラブ風キラキラ修道院服への早替えや、指揮者がローマ教皇に早変わりした際の劇場全体の注目度(指揮台の位置の高さや、スポットライトでの強調)が、イギリス版に比べて生ぬるいような気がしたりもしましたが、概ね雰囲気と勢いは再現していたと思います。

何よりフランス人にウケている様子を見て、なぜかほっとしてしまいました。

パンフレットを買うか迷っていたのですが、フランス人のUsherが本気で作品に惚れているようなコメントを熱く語ってくれるので、「パンフ買え」と推されたわけではないのですが、買ってしまいました。

劇場のスタッフに愛されている作品や俳優って、やはり本当に良いことが多いですね。
かつてのEarlファントム然り。(さらっと懐かしく登場のアールさん)

Sister Act | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/06 (Fri) Sister Act 【CAST】 2012 Production Francaise

【Théatre Mogador】

どうやら劇場写真を撮り漏れたっぽいので、鑑賞時にフランスで撮った写真をいくつか。










【CAST】(18.OCT.2012 Soiree)

Mère Supérieure … CARMEN FERLAN
舞台:「シルク・ド・ソレイユ」、映画、TVドラマ多数出演。

Deloris Van Cartier/Sister Mary Clarence … KANIA
カナダ・ケベック出身。
アース・ウィンド・アンド・ファイア、ジェニファー・ロペス、シャキーラのコーラスとして活躍。

Monsignor O’HARA … CHRISTIAN BUJEAU
映画:「Les Visiteurs」シリーズほか。
ピエール・アルディティとツアーをまわる。

Curtis … BARRY JOHNSON
カリフォルニア出身。1980年にヨーロッパへ。
「X Factor」ほか、数々のTVやラジオに出演。

Eddie … THIERRY PICAUT
舞台:「エンジェルズ・イン・アメリカ」、「ライオン・キング」(シンバ代役、バンザイ)、「フェイム」、「スウィンギング・ライフ」、「ヘアー」(ロンドン公演)、「フェラ!」(ブロードウェイ公演)

Soeur Marie Robert … SARAH MANESSE
マレのダンス学校でレッスンを始める。2011年、X Factorで4位に輝く。

Joey … FRANCK VINCENT
舞台:「タンタン」、「シャンス!」、「フィガロの結婚」、「屋根の上のバイオリン弾き」、「マイ・フェア・レディ」、「シンデレラ」、「フェイム」、「ロミオとジュリエット」

Pablo … DAVID SOLLAZZO
「ワンス・アポン・ア・タイム」(ロビンフッド役)、「マンマ・ミーア!」

TJ … KENY BRAN OUREGA
コートジヴォワール出身の歌手。ジョン・レジェンド、セリーヌ・ディオンのコーラスを務める。
舞台:「ピーター・パン」

Soeur Marie Patrick … LOLA CES
舞台:「ドラキュラ」、「ヘアスプレー」、「シンデレラ」

Soeur Marie Lazarus … Valériane De Villeneuve
映画:「アメリ」

Sister Act | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/04 (Wed) 【WORLD WAR Z】(ワールド・ウォーZ)

出演:ブラッド・ピット、ミレイユ・イーノス、ジェームズ・バッジ・デール、ダニエラ・ケルテス、デヴィッド・モース、ルディ・ボーケン、ファナ・モコエナ、マシュー・フォックス
監督:マーク・フォースター
製作年:2013
製作国:アメリカ

WORLD WAR Z


ゾンビの重なり方が尋常じゃない!と話題だった本作。

SFではなく、現代を舞台にした普通のパニック・アクションとして描かれたゾンビもの、意外と新鮮かもしれないね。
宣伝は焦るブラピ中心で、あまりゾンビ感を前面に押し出していなかったので、フタを開けてみたら結構ゾンビ要素が強いというか、普通にゾンビ映画でびっくりしました。
バイオハザードとかもあえて見ないのに!苦手なのに!(笑)

しかしNYの公道、スーパー、アパート、機内、要塞化した町など、ゾンビから逃げるシチュエーションがバラエティに富んでいて飽きない。結構おもしろい(笑)
無駄に脅かすような演出はありませんが、それぞれの場所での追い詰められ方と、ギリギリで逃げおおせる描写が絶妙すぎて、心臓はキリキリまいです。

特に機上での感染なんて、絶対嫌ですよね(涙)
トイレと操縦室は無事かと思いますが、永遠にそこに隠れているわけにもいかず、着陸後にゾンビ飛行機から脱出するのにも、また一苦労しそうです。

この感染拡大を見越して町全体を要塞に作り上げた中東アフリカでの、ゾンビの攻め込み方もかなりアグレッシブ。
この作品のゾンビは、匂いや動きよりも、とにかく音に反応します。
要塞内で、この苦境にも負けず頑張ろうとお互いを慰めるために始まった大音響の歌が逆ザヤに。
予告でもよく流れた、人間(ゾンビ)ピラミッドによって、勢いに任せて襲ってくるゾンビは、まるで雪崩のよう……。

ラストは、ゾンビの或る習性を利用して、人間生存への糸口を見出すブラピ。
目には目を……という方法なので、痛し痒しのような気もしますが、死ぬことも治ることも出来ないゾンビ疫病に比べたら、何でもマシかもしれんね。

世の中全員ゾンビになったら、自活が出来ないゆえに、カニバリゼーションが始まるんでしょうか。
それとも、ゾンビなりに文明を築いていくんでしょうか。
…なんて、妙に地に足の着いたゾンビ映画だったので、ゾンビ社会に冷静に思いを馳せてしまいました。


ワールド・ウォーZ 3D&2DアルティメットZ・エディション 3Dブルーレイ&2Dブルーレイ(エクステンデッド・エディション)&2Dブルーレイ(劇場版)+Bonus DVD<4枚組> [Blu-ray]ワールド・ウォーZ 3D&2DアルティメットZ・エディション 3Dブルーレイ&2Dブルーレイ(エクステンデッド・エディション)&2Dブルーレイ(劇場版)+Bonus DVD<4枚組> [Blu-ray]
(2013/12/20)
ブラッド・ピット、ミレイユ・イーノス 他

商品詳細を見る

Cinema 2013 | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/03 (Tue) 【WHITE HOUSE DOWN】(ホワイトハウス・ダウン)

出演:チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ギレンホール、ジェイソン・クラーク、リチャード・ジェンキンス、ジョーイ・キング、ジェームズ・ウッズ
監督:ローランド・エメリッヒ
製作年:2013
製作国:アメリカ

WHITE HOUSE DOWN


よくもまぁ、これだけ近い時期に同じような題材の映画が公開されたものです。
『エンド・オブ・ホワイトハウス』と丸かぶりしました。

迷いどころですが、個人的にはこちらの『ホワイトハウス・ダウン』推しかなー。
主演俳優は、向こうの方が好きなんですけど、こちらの方が犯人側も味方側も厚みがありました。
向こうでモーガン・フリーマンが寝返らなかった欲求不満を、こちらの作品が果たしてくれたしね。
いやー、悪役って本当に大事です。国の象徴を攻撃する時には、なおさらのこと。

本作はヒーローも大統領もチャラいですが、ファンキーな大統領、ホワイトハウス・オタクな主人公の娘、強がりなツアーガイドなど、ファニーな要素と共にドッタンバッタンな爆発やカーレースを堪能できるところに、エメリッヒ祭りの醍醐味があるかと。

ホワイトハウスオタクやホワイトハウスのツアーガイドを登場人物に織り込むことで、この特殊な場所を舞台にする意味がしっかり生まれていたのもまた一興。
娘が星条旗を降るお約束過ぎる感動シーンも、ホワイトハウスが舞台だからこそ生きる。

『エンド・オブ・ホワイトハウス』は舞台を問わずに普通のクライム・アクションに置き換えられそうだけれど、本作はホワイトハウスを舞台にする意義を最大限に押し出した点を評価したいと思います。


ホワイトハウス・ダウン プレミアム・エディション(初回生産限定) [Blu-ray]ホワイトハウス・ダウン プレミアム・エディション(初回生産限定) [Blu-ray]
(2014/01/01)
チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス 他

商品詳細を見る

Cinema 2013 | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/02 (Mon) 【THE HANGOVER PART III】(ハングオーバー!!! 最後の反省会)

出演:ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィナーキス、ケン・チョン、ヘザー・グレアム、ジェフリー・タンバー、ジャスティン・バーサ、ジョン・グッドマン、メリッサ・マッカーシー
監督:トッド・フィリップス
製作年:2013
製作国:アメリカ

The Hangover Part Ⅲ


「もうしません」というコピーが付いている通り、大ヒットシリーズのファイナルとして製作された本作。

確かにもはや二日酔いなんて関係なく、お酒がなくてもトラブルに巻き込まれるという、元々のコンセプトから外れたストーリーだったので、二日酔いでできるバカがネタ切れしちゃった感も…。

今までは、二日酔いの結果が冒頭にドーンと来て、そこから自分たちが酒の力でどんなバカをやらかしてきたのかを辿っていく、謎解きのような一面もありました。
今回も謎解きやどんでん返しの要素はあるものの、もはやお酒による無礼講は関係なく、普通のアクション・コメディになっちゃった感があります。

ザック・ガリフィナーキスケン・チョンの、ハチャメチャなキャラクターに振り回される普通の人々っていう構造が、このシリーズらしさでもあり、そういう意味では、二人ともシリーズ最高級にはっちゃけてはいましたけどね。

キリンを高速に乗って運ぶ途中で(このシチュエーションがそもそもアホすぎるw)、高さ制限のある道を考えなしで疾走しちゃうアラン(ザック)なんて、ブラックすぎる。
キリンの首がむごいことに…。

つまるところ、ザック・ガリフィナーキスケン・チョンの俳優としてのキャラクターに大きく依存している作品なので、ブラッドリー・クーパーエド・ヘルムズが加わることによって目を見張るほどのケミストリー(ドラマ「フレンズ」の俳優陣レベルで)が起こるならまだしも、この作品でそれぞれを使い続ける意義が薄くなってきちゃったんだろうなぁ。

ケン・チョン×ザック・ガリフィナーキスのスピンオフはあり得そうだけど、濃すぎるのと、キャラクターのアホさに腹立たしくなりそうで、観るのに変な勇気がいりそう(笑)


ハングオーバー トリロジー ブルーレイBOX (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]ハングオーバー トリロジー ブルーレイBOX (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
(2013/11/06)
ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ 他

商品詳細を見る

Cinema 2013 | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/01 (Sun) 【JACK THE GIANT SLAYER】(ジャックと天空の巨人)

出演:ニコラス・ホルト、エレノア・トムリンソン、スタンリー・トゥッチ、イアン・マクシェーン、ビル・ナイ、ユアン・マクレガー、サイモン・ロウ
監督:ブライアン・シンガー
製作年:2013
製作国:アメリカ

JACK THE GIANT SLAYER


ハリウッド色の濃い映画のトーンの割に、意外に英国の香り漂うキャスト。
『ウォーム・ボディーズ』で素敵だったニコラス・ホルト君、ビル・ナイ、ユアン・マクレガーなど、ハリウッド映画に良く出るけど、英国色も強い俳優がいっぱいでホクホク。

天空の巨人たちの中でも、キャラクター分けや権力争いの描写が細かくなされ、もちろん対する人間側にも内部争いがある。
人間VS巨人という単純な構造ではなく、それぞれの世界での謀反やだましあいが大勢に影響を及ぼすことでストーリーに色がついていて、もっと単純で飽きるかなと思いきや、なかなか惹きつけられました。
また、英国俳優&スタンリー・トゥッチなど、そういった微妙な局面を演じるのに長けた俳優たちだったのも、面白さの一因かも。

映像もかなり凝っていて、3Dだったら、天空から地上をのぞく浮遊感もリアルに再現されていたのかなと思いました。
ただ、地上での巨人との大迫力なガチ戦いは、完全に『ロード・オブ・ザ・リング』と化していたけどね(苦笑)


ジャックと天空の巨人 3D&2Dブルーレイセット(2枚組)(初回限定版) [Blu-ray]ジャックと天空の巨人 3D&2Dブルーレイセット(2枚組)(初回限定版) [Blu-ray]
(2013/08/07)
ニコラス・ホルト、エレノア・トムリンソン 他

商品詳細を見る

Cinema 2013 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する