--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/02/18 (Tue) 【真夏の方程式】

出演:福山雅治、吉高由里子、北村一輝、杏、山崎光、西田尚美、田中哲司、白竜、永島敏行、風吹ジュン
監督:西谷弘
製作年:2013
製作国:日本

真夏の方程式


TVシリーズ「ガリレオ」『容疑者Xの献身』に続く劇場版。今回も切ないです。

容疑者X~の方が本も映画も良いと友人から聞いていましたが、本はどちらも読んでいないものの、個人的には、映画版は今回の方が好きでした。というか泣きました。
しかも機内で、割と号泣。
間違いなく杏の演技が上手かったせいだと思う。

最後、杏が死んじゃうんじゃないかと思って、ただそれも綺麗なラストかな、と思うくらい海の青が目に沁みたのですが、彼女には簡単には死ねない、死んではいけない理由があるのだったということが呈示されて、より悲しくなりました。
いつも冷静なガリレオも、彼女が何もかも諦めたように海に身を任せた時には、さすがに焦ったのではないでしょうか。

今回の謎も早々に解いていたのに、ある理由から真相を語れないガリレオの歯切れの悪さも含め、愛情に溢れた作品だったなぁと思います。
いつもは冷たいくらいに論理的な彼の、若い2人に対する想いが、何だか妙に琴線に触れました。

お互いを思いやりすぎる関係で世界が築かれている中に、それをかき回す心無い人が1人飛び入るだけで、物事はこんなにも不幸に転がって行ってしまうのか、という不条理も感じます。

そんなやり切れなさに溢れたストーリーに、すべてを呑み込み許すかのような海の青さが、奇跡のように映えている作品でした。


真夏の方程式 Blu-rayスペシャル・エディション真夏の方程式 Blu-rayスペシャル・エディション
(2013/12/25)
福山雅治、吉高由里子 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト

Cinema 2013 | trackback(0) | comment(0) |


2014/02/17 (Mon) 【PACIFIC RIM】(パシフィック・リム)

出演:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊池凜子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキー、マックス・マーティー、芦田愛菜
監督:ギレルモ・デル・トロ
製作年:2013
製作国:アメリカ

PACIFIC RIM


こんなにも日本オタクな作品だったとは…(笑)

菊池凜子の出演はまぁ良い、彼女はもはや、いちハリウッド女優になっておられるので。

それはそうと、ガンダムを彷彿とさせる人間が操縦するロボット、芦田愛菜がこの作品でハリウッドデビューし、敵の名前がKAIJU……ギレルモ・デル・トロ『パンズ・ラビリンス』を見た時には、芸術性の高い監督とだけ思っていましたが、こんなに日本好きだったんだね。

映像は、『トランスフォーマー』『ゴジラ』を足して2で割った+リアルガンダム・リミックスな感じです。
だってそのまんまなんだもーん(笑)

ここまでハイクオリティにガンダムKAIJU(劇中で英語で発音されるたびにクスっときちゃうv)がミックスされた作品も今までなかったとは思いますが、着想自体に目新しいものはないのですよね。
デル・トロ監督って、もっと独創性の人かと思っていたので、その点は意外。

好きな人は好きだと思うし、映像のクオリティ自体は高いのですが、『パンズ・ラビリンス』の時のように考えさせられるものはなく、ただSFとして細部の再現力に感嘆するのみでした。
男の子や、かつて男の子だった男性には、夢のような映画だろうなぁ。


パシフィック・リム イェーガー プレミアムBOX 3D付き (4枚組)(10,000BOX限定生産) [Blu-ray]パシフィック・リム イェーガー プレミアムBOX 3D付き (4枚組)(10,000BOX限定生産) [Blu-ray]
(2013/12/11)
チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ 他

商品詳細を見る

Cinema 2013 | trackback(0) | comment(0) |


2014/02/16 (Sun) 【THIS MEANS WAR】(Black & White/ブラック & ホワイト)

出演:リース・ウィザースプーン、クリス・パイン、トム・ハーディ、ティル・シュヴァイガー、チェルシー・ハンドラー
監督:マックG
製作年:2012
製作国:アメリカ

THIS MEANS WAR


CIAの凄腕エージェントコンビが図らずも同じ女性に恋に落ちてしまい、あの手この手で彼女をモノにしようと、公私混同して奮闘するラブ・コメディ。
監督は、TVドラマや『ターミネーター4』マックG

CIAのエージェント同士が、そのスキルを、女性をモノにするために使って本気で戦ったらどうなる?という設定に面白みもあり、ポップコーンムービーの気分でもあったので手に取りました。
主演の3人とも食指が動くタイプではないのですが、ジャケット買いならぬ、設定借りとでも言いますか。

ただ、この手の作品によくあるように、90分しかない作品にも関わらず、やり口がマンネリ化していくのは避けられません。
『10日間で男を上手にフル方法』や、『ブライダル・ウォーズ』もそうですが、コメディにおける戦いはバリエーションが尽きる、という脚本の限界において、同じ轍を踏んでしまいました。

着想が面白いだけにもったいないのですが、今度からこの手のストーリーラインの作品を見る時は気を付けよう。
この手の作品で、少なくともマンネリを感じなかったのは、『Mr.&Mrs.スミス』くらいのものかもしれません。
まぁ監督も俳優も一流を使って、かつアクションやロケ地が本気の作品なので、比べるのは酷かもしれないけどね。


Black&White/ブラック&ホワイト エクステンデッド・エディション [Blu-ray]Black&White/ブラック&ホワイト エクステンデッド・エディション [Blu-ray]
(2013/03/02)
リーズ・ウィザースプーン、クリス・パイン 他

商品詳細を見る

Cinema 2013 | trackback(0) | comment(0) |


2014/02/15 (Sat) 【謝罪の王様】

出演:阿部サダヲ、井上真央、竹野内豊、岡田将生、尾野真千子、荒川良々、濱田岳、松本利夫、川口春奈、鈴木伸之、美波、真飛聖、柄本時生、六角精児、白井晃、濱田マリ、小野武彦、高橋克実、松雪泰子
監督:水田伸生
製作年:2013
製作国:日本

shainoosama.jpg


『舞妓Haaaan!!!!』『なくもんか』の主演・監督・脚本家(クドカン)トリオ作品、第三弾。
架空の職業“謝罪師”が請け負う様々な案件の、様々な謝罪の仕方を、いつものように想像の斜め上を行く展開で描いたオムニバス・コメディ。

このシリーズは見ないわけにはいかないので、もはや鑑賞を義務化しております。
今回も今まで同様、シットコムとしてそれぞれのシーンは面白いのに、ストーリーのまとめ方は無理やりで、クライマックスが特にない――それもこれも、このシリーズの愛嬌の境地に入っています(苦笑)

冒頭から半ばまでは、謝罪のヴァリエーションも、謝罪するに至ったシチュエーションも独創性に富んでいたのですが、後半に進むにつれてマンネリ化&食傷気味に。
ついに国政レベルに発展して、アジアの秘境国に何度も謝罪に行くくだりは、あそこまで引っ張らなくても良かったかな。

ただ、各オムニバス作品に関連性があり、登場人物がオーバーラップして微妙に絡み合っていたので、どんでん返し的な楽しみ方が出来たのは新しかったかも。
実はアクション映画のスパイ並みに巧妙な動きをしていた阿部サダヲの姿が明らかになり、軽い衝撃&笑撃です。

しかしそれより何より見どころだったのは、竹野内豊さまが“わきげぼーぼー自由の女神”ダンスを踊るというミラクルに違いありません。


謝罪の王様 [Blu-ray]謝罪の王様 [Blu-ray]
(2014/03/28)
阿部サダヲ、井上真央 他

商品詳細を見る

Cinema 2013 | trackback(0) | comment(0) |


2014/02/14 (Fri) 【そして父になる】

出演:福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升げん、中村ゆり、井浦新、風吹ジュン、國村隼、樹木希林、夏八木勲
監督:是枝裕和
製作年:2013
製作国:日本

Soshite Chichi ni Naru


ある日突然、6年間育てた息子が病院で取り違えられた他人の子どもだったと知らされた対照的な2組の夫婦が、過酷な決断を迫られ、それぞれに葛藤を繰り返す様子を描き出した作品。

『誰も知らない』以降、是枝作品を見ていないことが意外。
作品は好きだけど、対峙するのにそれなりのエネルギーを使う作品が多いからかしらね?

今回も『誰も知らない』同様、かなり珍しいシチュエーションを描いているにも関わらず、自然な形で日常へ落とし込んでいるので、自分だったらどうするだろう?どう思うのだろう?と考えさせられました。
それでいて、社会問題として世間の注意を喚起したい目的で作られている風でもなく、ただただ純粋に観客一人ひとりに気付きをもたらすのが上手いなぁと感じます。

福山雅治の父親役は、イメージがないだけにどうかなと思いましたが、今回の人物像には合っていました。
この事件があったから、自らの過ちを素直に受け入れることができて、論理的思考から来るものではない愛情が自分の中にもあると気付けた過程が、とても自然。

最後に慶多を追いかけながら、素直な気持ちを吐露し続け、子供に対して過ちを認め(この年の子にとっては、まだ親は絶対的な存在だし、親としてもそう見せることに慣れてきている頃だから、難易度は高いと想像)、“そして父になる”光景が、 “そして一回り大きな人間になる” に値する痛ましさと切なさと清々しさを伴って、しっかり描かれていました。

もう一つ、この設定とストーリーに関しては、どういう決着をつけるのか想像がつかないところに、観客の関心が集まった面もあったと思います。

実際の結末については、期待通りだったり、期待を裏切られたり、はたまたモヤっと煮え切らない思いが残ったり(これが一番多い?)、それぞれの捉え方があるかと思いますが、個人的には最も現実的で腑に落ちるものでした。

白黒ハッキリした選択をするよりも中庸を取ることが、時に正しい。
ある意味で、もっとも後悔の少ない選択をしているということでもあるし。(この作品の場合も)

もちろん将来どうなるか分からなくても、あるべき論にとらわれて、後から取り戻せない状況を今あえて自ら頑なに作り出す必要もないわけで。
そして大抵の過ちなり、過ちの念というのは、その、ある一時の頑なさから生まれるのもまた事実だと思うのです。


そして父になる Blu-rayスペシャル・エディションそして父になる Blu-rayスペシャル・エディション
(2014/04/23)
福山雅治、尾野真千子 他

商品詳細を見る

Cinema 2013 | trackback(0) | comment(0) |


2014/02/11 (Tue) 【NOW YOU SEE ME】(グランド・イリュージョン)

出演:ルイ・ルテリエ
監督:ジェシー・アイゼンバーグ、マーク・ラファロ、ウディ・ハレルソン、メラニー・ロラン、アイラ・フィッシャー、デイヴ・フランコ、コモン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン、マイケル・ケリー
製作年:2013
製作国:フランス、アメリカ

NOW YOU SEE ME


なかなか期待が大きかった割に、作品として膨らみが微妙に足りなかったのは、フランス資本が入っていたからでしょうか。
ハリウッドのエンターテイメント臭がもっと強いかと思いきや、意外とどんでん返しの描写も地味でした。
どんでん返し自体は結構しっかりひっくり返っている脚本なんですが、見せ方が地味で緊張感に欠けるというか、まさかこの作品で眠くなるとは思いませんでした。

ただ4人のスーパーイリュージョニストチームによるイリュージョンシーンは、フランス人監督の美的センスが光ってか、華やかで勢いがあって幻想的でした。
マジックショーでの彼らのトークもまた、自信に満ち溢れ、軽快で見応えあり。

まぁマジック自体は映像でごまかせちゃうものだし、タネを見せてくれるわけでもないのが少し残念だったかもしれません。
せっかく映画なのだから、どうやってイリュージョンを演出しているか、彼らが仕掛ける場面を挟み込めば、裏も見て全部分かった気になっていたはずの映画の観客をも、最後の最後で裏切るどんでん返しが、より効いたのではないかと。

マーク・ラファロマイケル・ケインなど、イイ線の俳優が使われていますが、何かが惜しい、足りない作品でした。

Cinema 2013 | trackback(0) | comment(0) |


2014/02/10 (Mon) 【COMME UN CHEF】(シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~)

出演:ジャン・レノ、ミカエル・ユーン、ラファエル・アゴゲ、ジュリアン・ボワッスリエ
監督:ダニエル・コーエン
製作年:2012
製作国:フランス

COMME UN CHEF


ジャン・レノ扮するスランプ気味の一流シェフ・アレクサンドルが、生意気な天才若手シェフ・ジャッキーと力を合わせ、三ツ星を死守するために奮闘する、キュイジーヌ・コメディ。(なんてジャンルはあるのか?)

腕はいいのに、一流シェフにも刃向うがゆえに、ペンキ塗りという不本意な仕事をせざるを得ないジャッキー。
『大統領の料理人』でも思ったけど、才能がすべてみたいな料理界でも、サラリーマン的な要素はあるんだね。
言ってみれば、厨房はオーケストラみたいなもの。指揮者であるシェフは、絶対的な存在なのね。

料理オタクのアドバイスなんて、普通のシェフはムッとして終わるところですが、アレクサンドルはスランプ中がゆえに、藁をもすがる思いでジャッキーと協力し、レストランの立て直しに努めます。

二人でライバル店の偵察に行った時のゲイシャコントが、ベタだけど面白い。
素材がすべて分子レベルに粉砕された最先端の分子料理(原型なし、雲を食べるようなもん)を、何とか味わおうとする2人。
顔が割れているので日本人観光客のフリをして偵察に行くのですが、そこでゲイシャの恰好しちゃうなんて、何年前のステレオタイプ!?と突っ込みたいところ。
さすがにあれはコントとして狙って描かれたのだろうから、純粋に楽しむべし。

フランスのコメディらしくお約束感はたっぷりですが、陳腐すぎもせず、軽快なノリが心地よい作品です。

Cinema 2013 | trackback(0) | comment(0) |


2014/02/09 (Sun) 【DUE DATE】(デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~)

出演:トッド・フィリップス
監督:ロバート・ダウニー・Jr、ザック・ガリフィナーキス、ミシェル・モナハン、ジュリエット・ルイス、ジェイミー・フォックス、ダニー・マクブライド、トッド・フィリップス、チャーリー・シーン
製作年:2011
製作国:アメリカ

DUE DATE


待望の赤ちゃん誕生を5日後に控えた建築家のピーター。
出産に立ち会うため、アトランタで仕事を終え、自宅のあるロサンゼルスに向かう。
ところが飛行機の中で妙な男イーサンに絡まれたせいでテロリスト扱いされ、財布から身分証まですべて奪われて途方に暮れてしまう。
そこにイーサンが車に乗って現れ、ハリウッドに向かう彼との珍道中が始まる。

『ハングオーバー!』シリーズトッド・フィリップス監督ということで、やっぱりこのシリーズはザック・ガリフィナーキスありきだったんだなぁ。
ザックの空気の読めないハチャメチャっぷり、健在です。
ハング~シリーズでは、ブラッドリー・クーパー含む友人3人で辛くも対応していましたが、RDJの濃さだと、一人で対応出来ちゃうところはさすが。

イーサンに対してすっごいイラついているのに、イラつきすぎてあんまり冷たくした後は、ちょっとやりすぎたかな、可哀相だったかなと悩めるRDJの悶絶を堪能する作品です。

RDJを客観的に愛でず、彼の役に感情移入してしまうと、ザック演じるイーサンに対して、尋常でないフラストレーションと殺意を覚える事でしょう(笑)


デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~ Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~ Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2011/04/27)
ロバート・ダウニー・Jr、ザック・ガリフィナーキス 他

商品詳細を見る

Cinema 2013 | trackback(0) | comment(0) |


2014/02/08 (Sat) 【STAR TREK INTO DARKNESS】(スタートレック イントゥダークネス)

出演:クリス・パイン、ザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジョン・チョー、サイモン・ペッグ、カール・アーバン、ピーター・ウェラー、アリス・イヴ、アントン・イェルチェン、ディープ・ロイ、クリス・ヘムズワース、ジェニファー・モリソン
監督:J・J・エイブラムス
製作年:2013
製作国:アメリカ

Star Trek Into Darkness


来ました、バッチ先生の悪役 in 3D!

黒いコートでの登場が風格ありすぎて素敵すぎ。
これだけの俳優を、悪役として一手に受け止める存在感はさすがです!
往年のファンには、バッチ先生!その人殺しちゃダメー!!と悶える場面もあったそうな。

SFなのだけど、割と地に足の着いた場面の多い作品だったなぁ。
ロンドンも少し未来的でスペーシーにはなっているものの、普通に今の街の部分も残っていたりして、完全な未来ではないところが、逆に新鮮。
宇宙でドンパチだけじゃなく、街中での追いかけっこのシーンもあって、未来を絶妙に身近に描いているところが、エイブラムスらしい。

ただ今回、確かに鑑賞後半年経っているというのはあるけれど、あんまりストーリー覚えてないのね。
飽きはしなかったのだけど、ゲストの惹きつけ度が強かったのであって、このシリーズ自体にはそこまで魅力を感じていないかも。
新作が出たら絶対見なきゃ!っていう存在にはなっていないというか。
ハリポタはもちろん、ロード・オブ・ザ・リングバットマン、スパイダーマンはシリーズで追っかけちゃうのに、映像やストーリー、俳優のキャラへのハマり具合が、ちょっと薄いのだなー。

ただサイモン・ペッグが今回も可愛くて、彼だけはこの作品を追っかける理由になるかもしれません。


【Amazon.co.jp限定】 スター・トレック イントゥ・ダークネス 3D&2Dブルーレイ (Amazon.co.jp 限定特典映像 DVD・コミックブック付き) スチールブック仕様 (3枚組) (完全数量限定) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】 スター・トレック イントゥ・ダークネス 3D&2Dブルーレイ (Amazon.co.jp 限定特典映像 DVD・コミックブック付き) スチールブック仕様 (3枚組) (完全数量限定) [Blu-ray]
(2014/01/08)
クリス・パイン、ザッカリー・クイント 他

商品詳細を見る

Cinema 2013 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。