--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/05/28 (Sat) 【BIG HERO 6】(ベイマックス)

出演:スコット・アツィット、ライアン・ポッター、T・J・ミラー、ジェイミー・チャン
監督:ドン・ホール
製作年:2014
製作国:アメリカ

BIG HERO 6

これもマーベルなのか!
いやーでもこれは実写化してほしくないなぁ(笑)
アヴェンジャーズには入らずに、可愛いアニメのままでいてほしい!

海外ではそれなりにヒーローものとしての宣伝ビジュアルになっていましたが、日本ではとことん癒しを追求したビジュアル推し。
疲れた日本人には正しいアプローチ、そしてそこに完全にハマった労働者です。

ドラえもん並みに無敵なのに、オモチみたいで可愛いベイマックス。
鑑賞後にベイマックスにハグしたい症候群に苛まれるハメになりました。
ハグはいいよね~♪
ハグするだけで、ストレス緩和効果とダイエット効果、相当あるらしいですよ。

日本の神社の鈴をイメージして作られたベイマックスの顔や、舞台となるサンフラントウキョウとか、さすがに無理やりすぎだろとは思いつつも(笑)、ここまで愛してくれると嬉しいですね。

どんでん返しやアクション満載だし、お兄ちゃん良い人すぎて泣けるし、ベイマックスは健気だし、ストレス社会に必要な作品でした。あーおもちカワイイおもち。

スポンサーサイト

Cinema 2015 | trackback(0) | comment(0) |


2016/05/26 (Thu) 【NATIONAL THEATRE LIVE: THE AUDIENCE】(ナショナル・シアター・ライヴ2014/ザ・オーディエンス)

出演:ヘレン・ミレン、ポール・リッター、エドワード・フォックス、リチャード・マッケーブ、ジェフリー・ビーヴァ―ズ、ジョナサン・クート
舞台演出:スティーヴン・ダルドリー
製作年:2014
製作国:イギリス

THE AUDIENCE

ナショナル・シアター・ライヴ、まじ神企画です。
映像化&世界上映してしまうと希少性が失われるという理由からやらない劇場もあるし(オペラ座がそれ?)、それも分からなくはないですが、極東の一市民には嬉しい企画なのです。
しかも最近は、舞台上演後間もない作品を公開してくれるので、作品鮮度もフレッシュ!

本作も、NY滞在中に上演していて観たかったけれど、他の作品が優先されて観劇できなかったのでした。
逆にしゃべりばかりのストレートプレイなので、こんなにすぐに字幕で観られる方が、観劇体験としては満足度が高いかもしれない。

この作品はNTLで観られてよかったなと思う作品のひとつです。
もちろんセクシーな生ヘレン・ミレンを見たい気持ちもありますが、スクリーン内だけでなく、映画の劇場内も声を出して笑ってしまうくらい面白い脚本を、ストレスフリーで理解できる有り難さは大きい。

ヘレン・ミレンのエリザベス感は今に始まったことではありませんが(『クィーン』で証明済み)、首相役の俳優たちの寄せ方もなかなかのもの。
ブレアさんもそっくりよ。ブレアと話してる最中にボヤくエリザベスに爆笑。

女王と歴代の英国首相の謁見の様子を描いた作品なので、政治や人物など背景の理解も求められます。
60年間もの長きにわたり英国を統治し続けてきた女王と12人の首相との会話で、現代イギリス史が描けてしまう凄さよ。
良く知らない首相については笑いのポイントについていけなかったりもしましたが、ウィットに富んだジョークが満載で、登場人物もさることながら、内容や表現方法のすべてにイギリスを感じられる作品です。

Cinema 2015 | trackback(0) | comment(0) |


2016/05/17 (Tue) 【白ゆき姫殺人事件】

出演:井上真央、綾野剛、菜々緒、金子ノブアキ、小野恵令奈、谷村美月、染谷将太、秋野暢子、ダンカン、宮地真緒、野村佑香、蓮沸美沙子、貫地谷しほり、生瀬勝久
監督:中村義洋
製作年:2014
製作国:日本

The Snow White Murder Case

湊かなえ原作のベストセラーを『ゴールデン・スランバー』の監督が映画化。
巧い役者もそろって、面白くないわけがない!
機内で観ましたが、邦画ながら劇場で観ても良いと思ったくらいです。

やっぱり面白い!
『告白』と同じく、心理戦で攻めてくるこの感じ。
誰が犯人か疑い続けるこの感じ。

井上真央は、自分に自信がなくて不器用で、この窮地の3割くらいは、毅然とできない彼女自身が招いているように思わせるところが、またリアル。
事実は人の捉え方によって異なるということを、上手く描いているなぁと思います。

Cinema 2015 | trackback(0) | comment(0) |


2016/05/15 (Sun) 【THE HOBBIT: THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES】(ホビット 決戦のゆくえ)

出演:イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミテージ、エヴァンジェリン・リリー、リー・ぺイス、ルーク・エヴァンス、ベネディクト・カンバーバッチ、ケン・ストット、ジェームズ・ネスビット、スティーヴン・フライ、ケイト・ブランシェット、イアン・ホルム、クリストファー・リー、ヒューゴ・ウィーヴィング、オーランド・ブルーム
監督:ピーター・ジャクソン
製作年:2014
製作国:アメリカ、ニュージーランド

THE HOBBIT THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES

『ホビット 思いがけない冒険』『ホビット 竜に奪われた王国』に続く、3部作の完結編。

ついに『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズに続く前日譚の最終章、冥王サウロンが復活を遂げ、オークの量も出血大サービス!
ちなみにサウロンの声も、ベネディクト・カンバーバッチだったらしいv

このシリーズは超人的な力を持ったドワーフやエルフがメインなので、地上でのアナログな戦いではなく、上下左右奥行きが出た3次元の世界へ……3D&MX4D向きの大迫力アクションは見応え抜群!

そして『ロード・オブ・ザ・リング』でもテーマの1つにあった、種族の違う者同士の叶わぬラブ・ロマンスが、意外に見どころになっていました。
個人的には人間=エルフの本編シリーズの恋よりも、今回の方が切なかった!
エルフ女とドワーフ男とエルフ男(しかもレゴラス!嫉妬のせいかオレ様感を出してるのもツボ)の三角関係という新たなアプローチだったせいもあるかもしれないし、その終焉が究極の愛の形だったおかげで、よけいにキュンとしたよー♪

最初は、ロードシリーズに比べたら画的にもストーリー的にも地味だなぁと思っていたのですが、このエピソードのおかげで、「さすがピーター・ジャクソン!」という気持ちで終われました。
ただ、クライマックスを迎えた後も20分くらい何だかんだでストーリーが続く冗長さも健在でしたが、もはやご愛嬌かもしれません。

Cinema 2015 | trackback(0) | comment(0) |


2016/05/08 (Sun) 【LUCY】(LUCY ルーシー)

出演:スカーレット・ヨハンスン、モーガン・フリーマン、チェ・ミンシク、アムール・ワケド、アナリー・ティプトン
監督:リュック・ベッソン
製作年:2014
製作国:フランス

LUCY.jpg


リュック・ベッソン監督が、スカヨハを主演に迎えて贈る新たなヒロイン・アクション。

マフィアの闇取引に巻き込まれたルーシーは、体内に新種の麻薬が入った袋を埋め込まれ、運び屋として利用されてしまう。
ところが袋が破れて新種の麻薬が体内に溢れ出し、通常は潜在能力の10%しか活用できていない人間の脳だが、ルーシーの脳はそれをはるかに超えて覚醒し始める。

脳が覚醒して、いくら伝達機能が超人的になったからといって、普段鍛えていない筋肉がすぐについていけるはずはないと思うのですが、脳の覚醒は超能力に近いものを生み出すらしく、身体能力や記憶力、念力に至るまですべてが研ぎ澄まされ、ラストの印象的なセリフ「I’m everywhere」に繋がっていきます。

のちに見た『トランセデンス』に結果的には似ているなぁと思いましたが、ITではなく化学変化による能力進化という設定と、女性がカッコいいアクションシーンはベッソン監督ならではの見応えでした。

Cinema 2015 | trackback(0) | comment(0) |


2016/05/06 (Fri) 【MEMPHIS】 30.DEC.2014 Soiree

【Shaftesbury THEATRE】

IMG_3935.jpg

IMG_3939.jpg

IMG_3938.jpg


【CAST】(30.DEC.2014 Soiree)


Felicia … Beverley Knight
UKソウルミュージックの女王。トップ10入りのアルバム多数、2007年にMBE受章。
プリンスのライブにて共演。2012年ロンドン・パラリンピックの開会式で歌唱。
舞台:「ボディ・ガード」

Huey … Killian Donnelly
舞台:「ビリー・エリオット」(トニー役)、「オペラ座の怪人」(ラウル役)、「レ・ミゼラブル」(アンジョルラス役、ジャン・バル・ジャン&ジャヴェール代役)、「レ・ミゼラブル25周年記念コンサート」、「オペラ座の怪人25周年記念コンサート」
映画:「レ・ミゼラブル」

Delray … Rolan Bell
舞台:「ウィー・ウィル・ロック・ユー」(ブリトニー役)、「真夏の夜の夢」、「フェラ!」

Gladys … Claire Machin
舞台:「パジャマ・ゲーム」、「オリバー!」、「メリー・ポピンズ」、「マイ・フェア・レディ」、「レ・ミゼラブル」(マダム・テナルディエ)

Bobby … JASON PENNYCOOKE
舞台:「キス・ミー・ケイト」、「ラ・カージュ・オ・フォル」、「キャッツ」、「スターライト・エキスプレス」、「レント」

Mr. Simmons … Mark Roper
舞台:「ライオン・キング」(プンバ役)、「カラミティ・ジェーン」、「スウィーニー・トッド」(フォンティーヌ役)
映画:「レ・ミゼラブル」、「ダ・ヴィンチ・コード」


【STAGE】

音楽を通じてアメリカ南部の人種差別に風穴を開けた、実在する白人のラジオDJデューイー・フィリップスの半生を描く。
音楽はボン・ジョヴィのデヴィッド・ブライアンが担当。

この滞在で観た舞台の中で、もう一度見たい作品、クオリティの高かった作品No.1です!
ロンドンでオープンしたばかりということもあり、プリンシパルからアンサンブルまで、キャストが素晴らしかったの一言に尽きます!

作品自体も有名で、NY滞在時にONだったりもしましたが、そこまで食指の動く内容ではないため、いつも観劇せずじまい。
しかし今回はキリアン・ドネリーが出ているために観劇候補のトップに躍り出まして、無事観劇に至りました。

「キリアンが見られればいいか~」程度の期待度で行ったから、他のキャストのダンスや歌には度胆を抜かれたよね(笑)
特にビバリー・ナイトは、彼女ありきで本作の公演をしているといっても過言ではないくらいの実力の持ち主でした。
「ボディ・ガード」を見る機会がなかったのが悔やまれる。(「ボディ・ガード」の作品そのものには惹かれないんだけどさ)
小さな体ながら、会場全体を掌握するソウルフルでパワフルな歌声に、客席の興奮は最高潮に達していました。

キリアンも、負けずに芯の強い歌声を会場に響かせ圧倒し、ブラボーの嵐を巻き起こしていました。
アンジョで観た時から「歌声が強いなぁ」と思って好きになりましたが、その頃とは比べものにならない程、さらに進化している歌声に驚愕。
以前はまだ舞台の中心に立つほどのオーラはないように思いましたが、今やアンジョやラウルにしておくには存在感が強すぎる俳優になってしまいましたね(笑)

歌えて踊れて芝居も出来て、オープニング作品のオリジナル・キャスト(主演)に怒涛のように選ばれていて、今まさに脂の乗っている俳優だよなぁ。
「コミットメンツ」、「メンフィス」と来て、今は「キンキー・ブーツ」と、留まるところを知りません。
顔もかわいいから、そのうち日本にも来そうな気もします。
ただ、日本に来るには本国での活動が忙しすぎるのかも。
JOJとかラミンほど大物すぎないから、製作側も使いやすいんだろうなぁ……。

歌だけではなく、ダンサーたちも素晴らしかったです。
最近マチソワするのが辛いくらい海外では眠くなってしまうのですが、“ミュージカル俳優”ではなく、“本格ダンサー”のダイナミックな動きにはハッと目が覚めました。かなりカッコ良かったです。

セットや舞台転換に目を引くものはないですが、歌唱だけでなくダンスもハイ・クオリティであること、音楽で人種の壁を超えるシーンの演出が印象的なことから、ブラック系ミュージカルの中では「ドリーム・ガールズ」なんかよりも、こちらの方が好きだな~感じました。

MEMPHIS | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。