--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/07/31 (Sun) 【INTO THE WOODS】(イントゥ・ザ・ウッズ)

出演:メリル・ストリープ、ジョニー・デップ、エミリー・ブラント、ジェームズ・コーデン、アナ・ケンドリック、クリス・パイン、トレイシー・ウルマン、クリスティーン・バランスキー、リラ・クロフォード、ダニエル・ハットルストーン、マッケンジー・マウジー、ビリー・マグヌッセン
監督:ロブ・マーシャル
製作年:2014
製作国:アメリカ

INTO THE WOODS


おとぎ話の主人公たちのその後を描いたトニー賞受賞の人気ミュージカルを、『シカゴ』ロブ・マーシャル監督が映画化。

誰でも知っているおとぎ話の主人公たちが、らしからぬ人間味あふれる振る舞いをする途中経過は、意外性があって面白い。
ただラストがかなり強引で救いがなくて、舞台で見ていれば違和感ないだろうに、夢も魔法も視覚的には実現可能な映像の世界では、無理を感じる展開でした。

出演者も豪華で、キャラが立っているか歌が上手いかのどちらかの条件はちゃんと満たしているため安心していたけれど、ソンドハイムの世界は、魅力的に表現するのが相当難しいということを、改めて感じました。
英語で、実力に基づいていて、製作者の十分な咀嚼がないと、とたんに退屈になるのは、他の作品でもよく感じるところです。
日本語訳詞になったとたんメロディの魅力がなくなったり、歌の実力がないと間延びして聞こえたり、演出にクリエイティビティがないとただただ暗いだけだったり。

そう考えると、2005年にイギリスで観たシエナ・ミラーらが出演する舞台版は秀逸だったと改めて思う。
観客はどかんどかん沸くし、ハッピーじゃなくても鑑賞後の満足感があるという稀有な体験だった。

今回の作品で唯一の収穫は、リラ・クロフォードちゃんが出ていたこと。
ブロードウェイ・リバイバル版の『アニー』で観たばかりだったので、映画でお目にかかれたのは嬉しかったし、劇中においても抜群の歌唱力を披露していました。

スポンサーサイト

Cinema 2015 | trackback(0) | comment(0) |


2016/07/24 (Sun) 【HORRIBLE BOSSES 2】(モンスター上司2)

出演:ジェイソン・ベイトマン、チャーリー・デイ、ジェイソン・サダイキス、ジェニファー・アニストン、ジェイミー・フォックス、クリス・パイン、クリストフ・ヴァルツ、ケヴィン・スペイシー
監督:ショーン・アンダース
製作年:2014
製作国:アメリカ

HORRIBLE BOSSES 2

『モンスター上司』が大ヒットしたせいか、2作目も作られちゃいました。
1作目、役者が良かったから見られたものの、プロットとしては大したことなかったのに、よくこれだけの俳優陣が2作目にも集まったなぁ。

ヨーロッパの知的なブラックコメディは日本人にも受けるけど、アメリカ人のブラックコメディは「ハチャメチャであればそれでよい」という短絡的なところがあるので、いくら役者が良くても日本人には受けないのか、ビデオスルーでした。

確かにプロット自体は1作目よりも今回の方が凝っていましたが、もはや“モンスター上司”というコンセプトはどこへやら。
主演3人の部下要素がなくても、豪華俳優陣だけでストーリーが成り立ってしまいそう。

この作品、大半がアドリブだったとのこと。
この内容でこのオスカー俳優率の高さ……大物俳優たちが大作映画では普段出来ない「お遊び演技」を楽しむために作られた息抜き作品の感さえあります。

Cinema 2015 | trackback(0) | comment(0) |


2016/07/23 (Sat) 【PADDINGTON】(パディントン)

出演:ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント、ピーター・キャパルディ、ニコール・キッドマン、ベン・ウィショー、イメルダ・スタウントン、マイケル・ガンボン
監督:ポール・キング
製作年:2014
製作国:イギリス

PADDINGTON.jpg

ロンドンの玄関口、パディントン駅で人気者のあのクマさんが、実写映画化!

パディントン、もっとヌイグルミっぽさがあって可愛らしいと思っていたけど、ガチでリアルな生物のクマ!(笑)
もちろんキャラクター(中身)の愛らしさは持ち合わせているのですが、ビジュアルももっと可愛いと思っていたところ、ペルーから来た野生のクマそのものでした。
あまり原作を知らないので、何ならぷーさん同様ヌイグルミだと思いこんでいた節もあり、色々と衝撃を受けました。

まぁビジュアルはちょっと残念だったものの、作品全体にあふれるブラックユーモアはとってもイギリスらしくて楽しめました!
登場人物の思考回路のショートっぷりや、それが生み出す展開のハチャメチャっぷりが、アメリカのおバカなそれとも違う狂い方をしていて、とってもブリティッシュ。
ニコール・キッドマンを除く出演者も英国風味ゆたかで、街のロケーション含め、イギリスにどっぷり浸かれる作品です。

パディントンの声がやけに渋いと思ったら、シェイクスピア俳優のベン・ウィショー君でした!

Cinema 2015 | trackback(0) | comment(0) |


2016/07/16 (Sat) 【GONE GIRL】(ゴーン・ガール)

出演:ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キム・ディケンズ、キャリー・クーン
監督:デヴィッド・フィンチャー
製作年:2014
製作国:アメリカ

GONE GIRL

一見すると幸せに満ちた夫婦の妻が突然の失踪。
自宅には争った跡と妻の血痕が残っており、アリバイのない夫に次第に容疑がかかっていく。

これを見た知り合いの男性はそろって、女性不信ホラーだと訴えていました。
女性から見ると、ミステリーとして良く出来ていて、大変面白い作品でした(笑)

夫は普通に日常生活を送っているつもりが、妻の内面では思うところがあまりにありすぎて、徐々に夫婦の認識がずれていくリアリティにフムフムとうなずきつつ見ていたら、その後に用意された、予想をはるかに超える狂気にドン引き。けど、面白い。

とにかく衝撃的な作品でした。何も言わずに見て欲しい。
映画を見て幸せになりたいなら勧めませんが、映画好きなら見て損はありません。

トニー賞の陽気な歌のお兄さん(何かちがう)、ニール・パトリック・ハリスがあんな役で出ちゃうなんて、やっぱ映画俳優が強いんだな、アメリカって。

Cinema 2015 | trackback(0) | comment(0) |


2016/07/07 (Thu) 【TRANSCENDENCE】(トランセンデンス)

出演:ジョニー・デップ、モーガン・フリーマン、ポール・ベタニ―、レベッカ・ホール、キリアン・マーフィ、ケイト・マーラ、ルーカス・ハース
監督:ウォーリー・フィスター
製作年:2014
製作国:アメリカ

TRANSCENDENCE.jpg


「ダークナイト」「インセプション」の名カメラマン、ウォーリー・フィスターの監督デビュー作。
道理で、画面が分解されるような描写に、『インセプション』に似ている側面があると思いました。
大きな宇宙船などではなく、むしろ精神や分子レベルに向かっていく内向的なSFが特徴的です。

ジョニー・デップは大物ではありますが、かなりコンスタントに映画出演を重ねているので、小粒な作品も多くあります。
その中では、表現したい想いがストレートに伝わってきて、商業主義に走りすぎておらず好きな作品です。

SFなのですが、個人的にはラブ・ロマンスの切なさを強く感じることが出来て、こういう一途なジョニーはやっぱり好きだなぁと、久しぶりに『ショコラ』以来のトキメキを覚えました。
イロモノではなく普通の人間を演じていて、しかも太る前のジョニーのビジュアルですから、狂おしいほどの愛情にも切なさが増します。
マッドだけどピュアな人間というのは、良く考えたら彼の演じてきた役すべてに通じるのではないかと思う特徴ですが、普通のビジュアルでそれをやられると、相当グッとくるということが分かりました(笑)

『チャーリー・モルデカイ』に引き続き、ここにもポール・ベタニー
もはや小作品での、ジョニーの相棒になりつつあるのでしょうか。
2人とも好きだから嬉しいし、ポールにあまり色が無いので画的には違和感はないのですが、いざオフの状態で一緒にいるところが全く想像できないんですよね。
2人とも無口そうで、会話がなさそう。
あっ、だから居心地がいいのか……!

Cinema 2015 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。