--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/08/28 (Fri) 【HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE】(ハリー・ポッターと謎のプリンス)

出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトスン、ジム・ブロードベント、ヘレナ・ボナム=カーター、ロビー・コルトレーン、ワーウィック・デイヴィス、マイケル・ガンボン、アラン・リックマン、マギー・スミス、ティモシー・スポール、デヴィッド・シューリス、ジュリー・ウォルターズ、ボニー・ライト、マーク・ウィリアムズ、ジェシー・ケイヴ、フランク・ディレイン、ヒーロー・ファインズ=ティフィン、トム・フェルトン、イヴァナ・リンチ、ヘレン・マクローリー
監督:デヴィッド・イェーツ
製作年:2008
製作国:イギリス、アメリカ

HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE

前回『不死鳥の騎士団』はシリーズ始まって以来初めて、原作も読まないまま、公開も終了間近、映画館貸切状態で鑑賞しました。
それに比べたら今回は頑張った!原作も公開前に読了したし、公開1週間くらいで観に行きましたよ!
だってアランが大活躍だっていうから!

ネット上で重要なネタバレは結構見ちゃってたのが残念です。
ハリポタ方面からは漏れないのに、アラン情報追ってると目に入ってきちゃうのね(苦笑)
きっと、本作におけるアランの役どころが重要すぎるせいだけれども。

萌えポイントいっぱいあったね(笑)
ドラコを癒す杖が、あんなにくすぐったそうなのはナゼ?
いつもに増して指がぷにぷにしてて、半分袖に隠れてるのがカワイイのはナゼ?
10代の女の子の必殺ポーズが、まさか60過ぎたおじいちゃんにも似合うとは。
隠れるハリーしー!ってやる人差し指すら乙女なのはなぜ?
足元に吐かれた時のノーリアクション風の怒り方を見て、怒らせてみたいvって思うのはナゼ?

でも原作ではまだ「どっちかな~」と思われたスネイプの本心が、映画では丸分かりでした。
7巻の展開がちょっと読めてしまいました。何でだろ。
映像だと、「わざわざこのシーンを、このセリフを、意味深に取り上げるの?」っていう疑問が出て来やすいからかなぁ。
7巻も最近読み始めました。
まぁ例のごとく、集中してザザっと読んだと思ったら1ヶ月放置、ザザっ放置……の繰り返しになるでしょうが。

原作読んではいますが、未読者に親切なつくりだと感じました。
誰が死にました、っていうのも不死鳥に比べて分かりやすかった。
ホグワーツの皆さんが光を天に掲げ、ダークマークを消すシーンには泣きそうに。
賢者の石以来です、この作品で泣きそうになるなんて。
あの頃は完璧なファンタジー世界に対する、幸せな感動だったけれども。

1週間おいて2回観ました。
1回目は「テンポ良くて面白い!」と思えたのですが、2回目は若干間延びしたかな。
原作読みでない知り合いには、「今までで一番詰まらなくて寝そうになった」「何でおじいちゃんなのにプリンスなの?」という身も蓋もない意見を頂いたりして……お、おじいちゃんがプリンスで何が悪いんだぁ!

私は冒頭でガーキンが映った時点でウキウキでしたけど!
ガーキンの上層階はあんなに窓が斜めってるんだね。
あっあと黒い煙がトラファルガースクエアを上から抜けてくじゃないですか?
あの時Her Majesty’s映ってますかね?2回目鑑賞時に「あっもしや映るんじゃね?」と気付きまして。
もしくは楽屋口から急いで帰るEarlさん映ってないかな?(ないよ)
あともうひとつ思ったのは、あのアングルだったら、スウィーニー・トッドの悪徳判事なアランさんの職場も見えるかもーと思いました。
早くて全く捉え切れなかったすけど…。

子役たちも大人になりましたねぇ。
特にルパート君。体型的には20代を通り越してしまった印象ですが。
トム・フェルトン君も、小さい頃があまりに可愛すぎたせいか今の完成形でも不満な方はいるようですが、私は結構上手く年を取っているように思えます。
一番内面的に大人だな~と感じるかも。インタビューの受け答えにも余裕があるし。
めんどくささとか気難しさ、至らなさなどから無碍に人を傷つけることが、あまりなさそう。

そんなトム君の母親役、ヘレン・マクローリーさんは、一度イギリスの舞台で拝見しています。
この役に対してミス・キャストという声が多いんですが(あくまで日本で)、舞台では芸達者で評判も良かった。今回の役も表現力豊かだと思いました。
ファンタジーの世界観にあって、いち母親のリアルな心情を体現していたと。
でもまぁ原作がこれだけ人気あるから、アランにもそういう声があるように、「ヴィジュアルがイメージじゃない」っていうのはそれぞれあるのかもしれませんね。

ヘレナはやたら楽しそうでした。5歳の子供みたいにはしゃいでいました。
彼女も原作以上の印象を、映画版で残している1人。

あとなんかね、ライオン・キングを一瞬見た気がするんだけど、気のせいかしら。
あのコやっぱりいい味出してて好きだわ~♪ハクナマタタ~♪

あとゴラムもいっぱいいたね~(違)
一瞬ハリーフロドに見えたりして。ほら、顔も似てるし。

スポンサーサイト

Cinema 2009 | trackback(0) | comment(0) |


<<RENT 【Intro.】 The Broadway Tour 2009 | TOP | 【ALICE IN WONDERLAND】(不思議の国のアリス)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1010-3ee947ed

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。