--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/10/02 (Fri) 【THE TAKING OF PELHAM 1 2 3】(サブウェイ123 激突)

出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ、ルイス・ガスマン、マイケル・リスポリ、ジェームズ・ガンドルフィーニ
監督:トニー・スコット
製作年:2009
製作国:アメリカ

THE TAKING OF PELHAM 1 2 3

デンゼル・ワシントンジョン・トラヴォルタの豪華共演!と騒がれているところに、シレっと居るジョン・タートゥーロがたまらん。

これ、NY帰りの飛行機の中で見ると、地理が分かるだけにスゲー楽しいです(笑)
「~番線が」とか「~駅が」とか言ったり映像で出てくるのが、「あっあそこだ!」って分かる~。
それがロケだったりすると、「あそこで撮影したんだー」「デンゼル様いらっしゃったのね♪」と、撮影現場を見てもいないくせに嬉しくなるのが人情です。
今回はよく使っている線が舞台だったので、よけい思い入れが。

もう今ね、今まで観てきたニューヨークが舞台の映画を全て見返したいもの(笑)
先日『ユー・ガット・メール』を見て、何気なくベンチに座っているシーンですら「ここってあそこだ!」と分かるから楽しくて!
実際に行った場所が舞台だと思ってみると、作品の空気感もより親密に感じられるものです。

ストーリーは、細かく見れば矛盾もあるかもしれないけど、“人生に飽きた男の壮大な自殺計画”という風に受け取りました。ハイジャックまでして迷惑な話ですが。

自分なりに解釈を生み出さないと、中だるみはさせないけど何だかツマラナイ作品、で終わってしまう可能性も大いに含んだ、豪華キャストの割りに地味な作品かもしれません。
舞台が地下鉄だもんね。地上や空の方が、派手にはなるわな。

スポンサーサイト

Cinema 2009 | trackback(0) | comment(0) |


<<【THE PROPOSAL】(あなたは私の婿になる) | TOP | 【STAR TREK】(スター・トレック)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1038-942f48a9

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。