--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/11/04 (Wed) 【LE DIVORCE】(ル・ディボース/パリに恋して)

出演:ケイト・ハドスン、ナオミ・ワッツ、ジャン=マルク・バール、レスリー・キャロン、ストッカード・チャニング、グレン・クローズ、ロマン・デュリス、スティーヴン・フライ、メルヴィル・プポー、ビビ・ニューワース
監督:ジェームズ・アイボリー
製作年:2003
製作国:アメリカ、フランス

LE DIVORCE

何て不思議なミクスチャー映画。

ケイトナオミがいるから楽しいロマコメかと思いきや、監督が“The英国”なジェームズ・アイボリーで、スティーヴン・フライの存在もイギリスの香り。
一方でロマン・デュリスメルヴィル・プポーといったフランスのイケメン……ていうか若手有望株もちょろちょろいーの、挙句の果てに私の中で「CHICAGO」の印象しかないビビ・ニューワースまで。

そんな多国籍&多ジャンルミックス・ムービーですが、内容のぶっとび加減はフランス映画っぽい。
なので特にケイトの印象で本作を手に取ったら、間違いなく裏切られるでしょう(苦笑)

『眺めのいい部屋』『モーリス』『日の名残り』と綺麗にまとまったイギリス映画を撮っている印象のアイヴォリー監督ですが、パリを舞台にした作品もそこそこあったりして。
しかも“ストーリーの着地点が無理くり”というフランス映画らしさを備えた作品なので、彼にしては意外で新鮮でした。
う~ん、イギリスが舞台の方が、彼の作品は好きかな(笑)

豪華キャストって言う点に見る価値はあるかもしれないけど、鑑賞後の私の心は、パリの空を浮遊するエルメスのバッグ並みに落ち着きませんでした。


ル・ディヴォース / パリに恋して [DVD]ル・ディヴォース / パリに恋して [DVD]
(2005/02/04)
ケイト・ハドソンナオミ・ワッツ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Cinema 2009 | trackback(0) | comment(0) |


<<HAMLET barbican 【Intro.】 Nov.04 Soirée | TOP | 【NIGHT AT THE MUSEUM: BATTLE OF THE SMITHSONIAN】(ナイト ミュージアム2)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1056-bd4896a9

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。