--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/11/21 (Sat) NY4日目― 博物館も公園もソワレも自然派だった日

NYC4日目。

午前中からホイットニー美術館へ。
先に地階の有名なカフェ・サラベスでブランチ。
絶対パンケーキ!と意気込んでいたけど、お腹がご飯モードだったので結局オムレット。
いつになったら私は、NYでパンケーキが食べられるのだろう…。

sarabeth blunch

whittney ceiling

天井もアーティスティック。個人的には、陽の光の入る雰囲気がグッゲンハイム美術館より好きです。
近代美術館で、コンセプトや置いてある作品が六本木の森美術館に似ています。いいと思った作品のお土産を買いたかったのに、その時ONではない作品のグッズばかりで残念。

スーパーでリンゴを1つ買ってセントラルパークを徒歩で東西に抜ける。
昼間でも危ないと聞いた事があったけど、全然大丈夫。
ハイド・パークと変わらぬホノボノ感に安心。緑に癒されながら、噴水の側でリンゴを齧る。

誰かが本格的なヨットのラジコンを走らせる。
人口密度はハイドパークより高し。

central yacht

有名な噴水らしいです。名前は忘れた。
central-fountain.jpg

左端に見えている橋(実際は道路)が、『魔法にかけられて』のミュージカルシーンで使われたらしいです。
central-enchanted.jpg

有名な不思議の国のアリスの像。可愛くない。
aliceinwonder-central.jpg

アリスと絡む、リアルアリスたち。(乗ってもいいんだっていう驚き)
little alice

マイナスイオンのひと時。
centralroad.jpg

パークを抜けるとちょうど対岸がNatural History Musium
『ナイト・ミュージアム』の舞台だったので見ておく。
このエントランス、映画に出てたね~。

naturalhistorymu.jpg

ロンドンの自然史博物館が結構面白かったのでそのノリで行ったのですが、ロンドンのが断然展示のセンスが良いです。面白かったです。
ティラノサウルス動いて吠えてたもん。
お子さんがいなければ、NYの方は行かなくても良いと思います。
ロバート・デ・ニーロが解説するプラネタリウムは興味あったけど。

こいつはやっぱり入り口でお出迎えしてくれました。
yeahsaurus-NH.jpg

『ナイト・ミュージアム』のノリでこんなんがみんな動き出したらハンパないなー。
NHM-mini.jpg
NHM-whale.jpg

象でけー!
NHM-bigelephant.jpg

象ちっちぇー!
NHM-littleelephant.jpg

「わたしはセイウチになりたい」
NHM-walrus.jpg

MVPはこの2人。この美術館で一番笑いを取っているカップルでした。
この佇まいがたまらないんだ、また。
NHM-homosa.jpg

一番ノリが良いのは彼。
ロンドンにも目がイッチャってる魚が一匹いました。お決まりなのか?
NHM-yeah.jpg

そして近く(でもないか)のカフェ・ラロへ。
『ユー・ガット・メール』の出会いの場です。前回は外から見るだけでしたが、今回は中に入ってみました。

cafelalo.jpg

ここはまさしくパリのモンマルトルアメリのカフェと同じ空気感。
フランス人のが同じ広さの店を少ない人数で切り盛りしている事実に驚愕。
絞りたてベリー・ジュースが美味しかったです。隣りで食べてたサラダもおいしそうだったよ。

lalo-napkin.jpg

あと店員のお姉さんたちの制服が可愛かった。早番と遅番で色が変わるの!
ちょうど早番と遅番が入れ替わる時間帯、2つの制服が一緒にいました。
昼は白地にピンクの腰エプロンで元気に、夜は黒地にピンクでちょっと色っぽく。

lalo-nightnday.jpg

夜は…ついに、やっと、ここにきて、観ましたよこれを!
loi lion

スポンサーサイト

TRAVEL | trackback(0) | comment(0) |


<<【La Danse, le ballet de l'Opéra de Paris】(パリ・オペラ座のすべて) | TOP | Lion King 【CAST】 24.SEP.09 Soi>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1059-e64a2e6e

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。