--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/11/30 (Mon) 【Michael Jackson's THIS IS IT】(マイケル・ジャクソン THIS IS IT)

出演:マイケル・ジャクソン
監督:ケニー・オルテガ
製作年:アメリカ
製作国:2009

THIS IS IT

はーん、期待しすぎたーーーー!!!!(涙)
限定公演とかするからー、満員続出だからー、そしたらめっちゃ期待するやーん。
周りの人、ほぼ全員見てるし(笑)

いや、もちろん悪くはないんだけど!
私のマイケル経験がすごーく微妙だからかなと思った。
超好きな人はマイケルさえいれば満足だろうし、逆にこれがほぼ初めてのマイケル体験だったらそりゃ感動すると思うの。

私はそんなに詳しくはないんですが(CD持ってないし、iPodに入れてよく聴いてるのはジャクソン5の方)、唯一しっかり見ているコンサートの映像作品があって、それがたまたま今回の「This Is It」ライブに近いセレモニー要素のあるものだったのだ…。
だから曲目もほぼ同じオイシイとこ取り、演出や振り付けは新たに撮りおろしたイメージ映像以外、ほぼ同じ。

それ見たときに、あぁこの人やっぱりすごいんだぁーって、彼の歌やダンスが全てインな凄さは味わっちゃってた。(あれから8年経った今でも衰えてないっていう別の凄さもありますが!)
イン・シンクと一緒に踊ってたけど全然センスが違うし、ジャクソン5の他のメンバーとも1人だけキレとオーラが違います。
そいえば「This Is It」でもジャクソン5再結成の計画があったとか。
実現していたらきっと、8年前のライブと同じような感じになっていたんじゃないかな。

あと喋る時、壊れそうなほど優しくて可愛いっていうのも。
そのライブ中のMCで、ゲストのクリス・タッカーが語調や声を真似してたのが、すごく特徴とらえてた(笑)

J-POPだろうが、洋楽だろうが、エンターテイメント性のあるライブが昔から好きです。
ライブハウスで歌うだけっていうのも好きな時もありますが、どちらかというと非日常感を求めちゃう!
たまにドームクラスを抑えておきながらライブハウス向け演出だと、楽しくはあるけど不完全燃焼…。

で、エンタメ演出にこだわったライブって、作り手側もどんだけ苦労したかを見せたいと思うものなのか(笑)、メイキングを残してあることが多いんですが、昔からそういうの見るの大好きでした。
そういうタイプの人って、たいてい完璧主義者で、すっごい細かいとこまで詰めてるんだよね。
会場内の色んな席(特にステージとほぼ平行で見づらい席)に実際座ってみて、ここからはこういう風に見えるなとか。
ここでこう動こう、観客をこのタイミングで煽ろう、この曲でちょっと会場をクールダウンさせよう……等等。
ミュージシャンの方自身も、きっと演出の人から学んだのだと思いますが。
演出を詰めていると確かに飽きないです。成功しているミュージカルの演出に無駄なシーンがないのと同じで。

バックダンサーがみんな神だね!
「MJと仕事できるなんて…」って泣いてるけど、あなたたちも凄いよ!って。
ギターのお姉ちゃんもカッコよかった。ダンサー陣と違った寡黙さがいい。
見た目可愛いのにバリバリ弾くところがいい。

本当は日本人も1人、ダンサーの中に入るはずだったんだよね。
でもマドンナのライブの方も受かっちゃって、そっちの方が早くに結果が出たから決めちゃったという。
でもMJも彼を採るつもりだったから、マドンナに電話したけど断られた。
そしてMJが亡くなり、ダンサー本人もMJを尊敬していたから、マドンナのライブのMJ追悼コーナーで「あなた踊りなさい」って言われたそうな。
この2人に引っ張りだこって、どんだけ!

そういえばこの作品、期間限定な上にDVD化もしないって言うから急いで見たのに、DVD化普通にするのね?(笑)
3Dスリラーは見てみたいっす!DVDにはVTR部分だけで収録とかあるかな~。3Dメガネも欲しい。

ところでMJが亡くなったことによる主催会社の損害回収のために期間限定公開された映画なのに、こんなにヒットしちゃって、DVD化もしちゃうんだ。
しかもチケットもほとんどの人が払い戻しを求めずに記念チケットの送付に応じたというから、チケット代もそのまま入ってくるんだよね…なんだかねぇ…(苦笑)


マイケル・ジャクソン THIS IS IT(特製ブックレット付き) [Blu-ray]マイケル・ジャクソン THIS IS IT(特製ブックレット付き) [Blu-ray]
(2010/01/27)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Cinema 2009 | trackback(0) | comment(4) |


<<【LARS AND THE REAL GIRL】(ラースと、その彼女) | TOP | 【CHANGELING】(チェンジリング)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

nanaさんはマイケルに日本が最も熱狂したBADやDangerousの頃をタイムリーに知ってる世代じゃないものね。
私は学生の頃洋楽にはまっていて、まさにマイケルが米ビルボードや英ヒットチャートのナンバー1に何度も燦然と輝き、その時々のフレッシュなスターやトップミュージシャン達とタッグを組んだり、今となっては普通となったが、MTVで次々と最新の技術を取り入れ斬新なストーリー性のあるSFを作ったり、脅威的なダンス力を見せ付け音楽ファンをあっと言わせた頃の彼を知ってるから、今回の映画は50歳とも思えぬスタイル、歌唱力を保ち新しい世界ツアーに向けて無限のアイデアや気力に溢れたマイケルの姿が見れて感慨深かったです。
そりゃあ若い頃の方がダンスのキレやスピードはありましたが今は年齢を重ねた分落ち着きが出て、よりしなやかにエレガントになっていたと思う。
映画はこんなに彼は凄いんですよ・・と上から目線で作られたのではなく、彼を憧れ慕う若いダンサー達やオルテガ監督、スタッフ達との触れ合いや、ずっと等身大のマイケルを追いかけることで、かえって隠しようもなく輝くマイケルの才能を垣間見れダイレクトに伝わってくるのが良かったし、それがマイケルファンでは無い一般の観客にも受けたのかも。

私も2回観に行ったけど笑っちゃったのが最終上映の日、新宿や六本木ヒルズでは最終回が何度も延長され明け方の28時とかだったのに満席でライブ会場のように拍手が出たり大盛況だったようだし、短期上映にも関わらず興行収入が40憶を超え、今またアマゾンで初日予約注文数が過去最高の3万枚を記録とか、日本での熱狂振りが加熱していて凄いです。
今回初めてマイケルを知った若い世代にも神業なダンスと共に彼が音楽を通してずっと実現したかった夢、言葉や人種の壁を越えて一つになる事、貧困や争い、憎しみのない世界、愛で地球を満たして癒す事などが一時的な加熱で終わることなく伝われば良いなあ。誰よりも人間の嫌な部分、欲望やジェラシー、裏切りに散々苦しめられたマイケルなのにね。

亡くなってしまったのは彼の生のライブをまたいつか・・・と心待ちにしていた者としては残念だし、死後その素晴らしい才能が一般に評価されるのは少し遅い気もするけど、映画になってまあ取り合えず整形ばかりしてる子供好きな変人ってイメージだけから本当の彼の才能を多くの人が目にする機会になって良かったかも。

2009/12/02 22:16 | MINA [ 編集 ]


Re: タイトルなし 

>MINAさん

マイケルの名前は小さい時から知っていたから、それだけ凄い人だとは思うのですが、真っ盛りの輝いていた時期をリアルタイムでは知らないです。
それを知っているのと知らないのでは、かなりの違いだろうなぁと思います。
どちらかというとゴシップで見る機会のほうが多かったし。

>50歳とも思えぬスタイル、歌唱力を保ち新しい世界ツアーに向けて無限のアイデアや気力に溢れたマイケルの姿が見れて感慨深かったです。

あのスタイルは尋常じゃない!
エアロスミスのスティーヴン・タイラーもほっそいですが、クスリのせいかも(汗)
逆に若いダンサーたちと違って、筋肉はどこにあるんだろう?っていうカラダなのにダンスがブレない、歌も歌えるっていうのが凄い!
もう長年踊っている振りだから、無駄がないですよね。

> かえって隠しようもなく輝くマイケルの才能を垣間見れダイレクトに伝わってくるのが良かったし、それがマイケルファンでは無い一般の観客にも受けたのかも。

その人の価値って、自分の評価ももちろんあるけれど、他人の評価で見直すところも多々ありますよね。
あんなに熱っぽくマイケルのことを語る実力者たちを見たら…

> ライブ会場のように拍手が出たり大盛況だったようだし

最終日の上映は大盛り上がりだったらしいですね~。
私が見たときはシルバーデイ??という客層だったので(苦笑)、また違う客層で見たら感動もちがうのかも!

>誰よりも人間の嫌な部分、欲望やジェラシー、裏切りに散々苦しめられたマイケルなのにね。

それがあったから、これだけ多くの人に支持されているのだろうなぁと思います。
ショーマンとしての彼と、一人間としての彼のギャップ。
あれだけ才能があったら整形なんてしなくても自信を持って生きていけそうなものなのに、多くを手にしても満たされない。
コンプレックス、人間としての弱さ、やりきれなさって誰でも持っているものだから、才能があって自信満々なタイプより多くの人の共感を呼んだのだろうなと。

> 映画になってまあ取り合えず整形ばかりしてる子供好きな変人ってイメージだけから本当の彼の才能を多くの人が目にする機会になって良かったかも。

最近のニュースは異常な行動を取り上げるものばかりで、本業が霞んでしまっていましたから、今回のライブは良い機会になっただろうに残念です。
しかも映画を見る限り、もうあと本当に一歩のところまで完成していたのに…。

2009/12/05 22:59 | nana [ 編集 ]


no subject 

This is itは日本での人気に答えて今月の19日からまた期間限定で再上映するという話でビックリ。4週間の限定公開だったし見逃した人もこれで観れるかもしれませんね。
映画と言ってもマイケルの実際のライブを楽しむ感覚だし、私は映画に出てくるマイケルの歌は殆ど歌えるし何度も聴いてリズムも体に染み込んでるから、ただ大人しく座って鑑賞しているだけっていうのははっきり言って苦痛でしたが笑、映画館は大画面と良いサウンドに包み込まれて実際のライブに参加しているがごとく臨場感を体感できるので嬉しいです。
そう言えばマイコーはオペラ座の怪人にも少し興味があったようで、オペラ座の怪人の舞台好きとしても興味深い話。
かなり個性的な怪人になったかもしれないけど、素晴らしい歌手であると共に作詞作曲アレンジなんでもこなすシンガーソングライター兼驚異的なダンサーでもあったマイケルは、真に天才音楽家だったと思うからちょっと観てみたかったかも・・・まあ彼の場合自分でステージを演出、表現できるしクリスティーヌなんて必要ないかもしれませんが・・笑。
ALWもマイケルについて語ってました。
ttp://michaelep.web.fc2.com/set23/andrew-3.htm
ロンドン12月に行く予定でいたのですが忙しくてまだ何も準備していないです・・笑。

2009/12/07 01:01 | MINA [ 編集 ]


また再上映!? 

>MINAさん

も~あんなに焦ってみたのに、またやるんですか!?
最初ッからやることにしてくれてれば良かったのに。

確かに本番まであと1週間ほどだったということで、ステージはほぼ完成されていますよね。
見られなかった舞台を再現してくれてると思えば、マイケルが動員するはずだった数を集めても不思議はないのかも。

>まあ彼の場合自分でステージを演出、表現できるしクリスティーヌなんて必要ないかもしれませんが・・笑。

へぇ~やけにオペラ座の怪人が似合いますが…(笑)
ファントムと素で通ずる部分がありそう。
クリスティーヌが必要ないっていうのは納得です(笑)

インタビューへのリンクありがとうございます。
オリバー!見ていたんだ…とリアルな話に反応しちゃいました。

そうそうミュージカル(あくまで成功しているもの)って、エンターテイメント性に関しては究極だと思うので、他ジャンルでも“ステージ”に関わる人は多少なりとも絶対興味あるだろうな~と思います。
マイケルのファントムかぁ、曲と声は合わないだろうけど、精神は完璧に理解できそうですね。

> ロンドン12月に行く予定でいたのですが忙しくてまだ何も準備していないです・・笑。

おっクリスマスのロンドンですね?いいなぁ~。
またしても楽しんできてください♪

2009/12/08 11:28 | nana [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1068-c4e211a3

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。