--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/06/25 (Fri) 【ONE FLEW OVER THE CUCKOO'S NEST】(カッコーの巣の上で)

出演:ジャック・ニコルスン、ルイーズ・フレッチャー、マイケル・ベリーマン、ブラッド・ドゥーリフ、ウィル・サンプスン、クリストファー・ロイド、ダニー・デヴィート、ポール・ベネディクト、スキャットマン・クローザーズ、ネイサン・ジョージ
監督:ミロス・フォアマン
製作年:1975
製作国:アメリカ

One Flew Over the Cuckoos Nest

どんだけ『シャッターアイランド』にハマったかと言いますと、鑑賞翌日にコレ借りて観たっていう分かりやすすぎる展開を踏んでしまいました。ホントにねぇ…(苦笑)
ロボトミー手術について知りたくてしょうがなくなったんだもん。

確かにこの映画の異解釈版+ミステリー版が『シャッターアイランド』とも取れなくも無いかもしれなくもない……どっちやねん。

本作のジャック・ニコルスンはロボトミーによって廃人になってしまっているけど、日本ではロボトミー手術を施された患者が医師に復讐した前例もあるみたいだから、必ずしもすべての能力が削がれるとは限らないのだよね。むしろ増幅させる可能性だってあるかもしれないし。

やっぱり『シャッターアイランド』レオは既に施術済みっていう線も捨てがたくなってきた…。
ロボトミーによって両極端になってしまった自我に対して、決着も自分で付ける話。
枕を押し付けてニコルスンの命を奪った患者の役も、レオは自分で担ったんじゃないかって。
人間や人格、そして尊厳が、ロボトミーや戦争など人の手によって壊されることに対しての批判が色濃い。

『シャッターアイランド』に結び付けての感想しか書けていませんが、これ単体で観ても、なかなかに衝撃的なラストではないでしょうか。まぁだから名作選でてくるんですね、はい了解。

監督がまた『アマデウス』『宮廷画家ゴヤは見た』ミロス・フォアマンで、妙に納得。
映画版『ヘアー』も、まだ見てない(早くDVDで入荷してくれ~)けど彼が監督だ。なるほど。

というかこの流れで今とてもキューブリックが観たい件。
感想を書いてアップしているのは今(7月)だし、キューブリックが観たいのも今だけど、作品を見たのは実は4月なので、次にアップする映画はキューブリックから程遠い件…。
ホント、毛色が違いすぎてズッコケるかと思いますが、しょうがない、4月鑑賞作品の感想、早く終わらせなきゃだもん(笑)


カッコーの巣の上で ― スペシャル・エディション [DVD]カッコーの巣の上で ― スペシャル・エディション [DVD]
(2003/02/07)
ジャック・ニコルソンルイーズ・フレッチャー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Cinema 2010 | trackback(0) | comment(0) |


<<【ハンサムスーツ】 | TOP | 【SHUTTER ISLAND】(シャッターアイランド)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1155-50025d32

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。