--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/11/22 (Mon) Sweet Charity 【STAGE】 19JUN10 Mat

年代設定を考えるとしっくり来るっちゃ来るんだけど、使い古された普通の舞台演出で逆にびっくり。
最近新しいミュージカルをよく見てるし、古いミュージカルも「シカゴ」「ヘアー」リバイバルのシンプルな演出は、逆に斬新だものね。

セットがあって暗転してっていう一般的な流れで、セットのデザインも古風、照明も普通でした。
ミュージカルというより、半分ストレート・プレイのような地味さだったかも。
作品を考えてわざとかなーという気もしますが。

曲は残念ながら、あまり耳に残っていません。
役者は抜群だったので上手く歌われてはいたのですが、メロディーはそこまでキャッチーじゃないかも。
「Do you wanna have fun?」の投げやりな感じはメチャクチャ印象に残ってるけどね(笑)

sc_dance.jpg

そして、この作品のダンスシーンは難易度高いです、ある意味。
フォッシーらしい振付ではあるんですが、よっぽど上手くないと、これも地味なシーンになってしまう。
というのも音楽も照明も静かで暗いなか踊るのです、ダイナミックとは言いがたいフォッシー・ダンスを。

「シカゴ」はダンスに歌がつき、舞台いっぱい使ってリズムも早いから、歌いながら踊っていることに対しての拍手が起きる。
一方本作はダンサーだけで踊るのですよね、わりと長い尺を使って。
フォッシー自身か!というくらい上手ければ見ごたえもあると思うのだけど、もちろんそんな神レベルがいきなりアンサンブルにいるわけもなく、キラメキに乏しかったかも…。

そんなわけでミュージカルの割りに歌とダンスが地味という不思議な作品ですが、ミュージカルとストレートプレイの中間ともいえる作品なので、芝居がかなりの要素。
プリンシパルの男性はストプレ中心に活動している人たちだったりして、役者は良い人たちが集まっていて歌も聞き応えばっちりでした!

スポンサーサイト

SWEET CHARITY | trackback(0) | comment(0) |


<<Sweet Charity 【CAST】 19JUN10 Mat | TOP | Sweet Charity 【Intro.】 19JUN10 Mat>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1218-764c7d08

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。