--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/11/23 (Tue) Sweet Charity 【CAST】 19JUN10 Mat

LNDやらレミゼやら見たかった目玉作品を一通り見終え、さて何を観ようかなと思って選んだのがこの作品でした。

動機となったのは、ロンドンの友人の強いプッシュと、ジョゼフィーナ・ガブリエルがプリンシパル(チャリティの友人役)で出演していたからです。
ジョゼフィーナさんって地味な女優さんだから、多分何百回とここで語ろうと誰も覚えてくれないとは思うのですが、主に「シカゴ」ロキシーがはまり役で、アールさんと奥さんの友人である彼女です。(いやでも地味にファンは多いんだよ?)

そんなジョゼフィーナさんは好きながらも「シカゴ」以外で見るのは初めてだったのですが(ヒュー・ジャックマンと共演したDVDの「オクラホマ」を除く)、でもやっぱり場末のオンナの役なのね…(笑)
さすがの安定感で、歌も上手い~。
素はとっても気さくで陽のオーラがありつつも、真面目に女優やっている落ち着き感もある方のですが、“オラオラ”した演技が十八番なんですね。

sweet_charity_3.jpg

そしてこの演出が地味な作品において本当に大健闘だったのが、主演の2人、タムジンマーク・アンバースです!

まずタムジンは、日本在住の私には露知らぬところだったのですが、TVで有名な女優さんみたい。
とはいえ、そもそも舞台出身で芸を磨いてきているから(“Legally Blond”で主演のシェリダン・スミスと同じ)、華もあれば歌も芝居も上手いです。
そいえば声質もシェリダンと似てるねぇ。

チャリティー・ホープ・バレンタインという名に恥じぬ突き抜けた明るさを天然で醸し出しつつ、名前負けした人生に打ちのめされる絶望感を演じるのが上手かった。
ほんとヤバイくらいチャリティのキャラに同情しちゃうんだけど…いや、これは共感なのか?
だとしたら今後の人生にまったく自信が持てませんが…(笑)

で、で、そんなタムジンに負けず劣らず素晴らしかったのが、もうMVPあげちゃうのが、マーク・アンバース!
たぶん映画では全て違う役者だったと思うのですが、舞台では劇中でチャリティが恋に落ちる3人の男性すべてを彼1人で演じます。
冒頭のチャーリーはシャドウ・キャラクターで大してしゃべりもしないのですが、2番目のヴィットリオと、3番目のオスカーがすごい!
何が凄いって2人は、気障な俳優と、閉所恐怖症で気弱なサラリーマンという正反対のキャラだということ。

特にそのシチュエーション芝居だけ、セリフの力だけで作品のクオリティを一気に満点まで引き上げた、オスカーとしてのエレベーターシーンが絶品!
1幕最後で劇場が暖まり、気持ちよい拍手で終われたのは彼の功績ですね。
見た目は正統派美男子なので、2番目の俳優役もしっくりは来るのですが、そんな彼が指くわえたり服脱ぎ始めちゃうギャップがたまらないのが気弱サラリーマンなオスカーの時。

Sweet-Charity_2.jpg

イケメンなのに、演技でこんな気持ち悪いヘナチョコ感も出せちゃうんだもんね。
役者さんの“場を作るちから”って凄いなーと改めて感じた瞬間でした。

スポンサーサイト

SWEET CHARITY | trackback(0) | comment(4) |


<<Very Merry Christmas♪ | TOP | Sweet Charity 【STAGE】 19JUN10 Mat>>

comment











管理人のみ閲覧OK


マーク 案バース 

お久し振りです。暮れはパリにいらしてたのですね。6月にご覧になった「スィート チャリティー」は残念ながらもう終わってしまいましたね。私も結局一度しか見られませんでした。でも仰るとおりマークアンバースの多彩振りが素晴らしく、もう一度見たかったのです。

あのエレベーターのシーンは、数あるミュージカル作品の中でも、名場面のひとつに数えても良いのではないでしょうか?役者の才能にワクワクさせられる、舞台ファンとしては涎物の名演技ですね。

アールさんは今はWe Will Rock Youですが、今度はエヴィータのツアだそうですね。ロンドンにも来てくださるのかしら。で、どの役なのでしょう?密かにラミーン降板後のLNDファントムを願っていたのですが。その願いはかなわなそうです。

2011/01/04 03:47 | SH [ 編集 ]


明けましておめでとうございます! 

>SHさん

今年もよろしくお願いいたします。
お返事遅くなり失礼いたしました!
ヨーロッパは大寒波のようですが、無事ですか?

> 6月にご覧になった「スィート チャリティー」は残念ながらもう終わってしまいましたね。

あら~SCはすでに閉幕していたのですね…!
この作品、ダンスシーンがちょっと冗長かなと思うのですが、本当にマークの芝居だけで大満足に浸れるという…。
SHさまのアンテナにも引っかかっていましたか♪

今度別の舞台に出るのであれば是非観に行きたい!と思える逸材でしたね~。

> アールさんは今はWe Will Rock Youですが、今度はエヴィータのツアだそうですね。ロンドンにも来てくださるのかしら。で、どの役なのでしょう?密かにラミーン降板後のLNDファントムを願っていたのですが。その願いはかなわなそうです。

WWRYではっちゃけるアールさんはかなり見てみたかったのですが、本当にそれしか今見たいものがなくて、しかもツアーなので残念。
NYに流れそうです…。

エヴィータ知りませんでした!本当に何の役でしょうね?気になる…。
というか旅行者泣かせの“ツアー出演”って言う形態は、是非やめて頂きたい……何でロンドンで大人しくしていられないのかしら!

本当にLNDに出てくれるのなら、演出も変わったようですし、アールさんのラウルいたぶりをじっくりと観に行きたいところなのですが、残念。

何だか結構Raminが歌的には物凄いものを聞かせてくれちゃってるので、ファントム役でそれなりに評価を得ている俳優さんは、直後の後任はやりたくないのかなと思ったり……。

2011/01/10 12:26 | nana [ 編集 ]


承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです

2011/01/19 06:41 | [ 編集 ]


Re: Earl 

>SHさん

お返事が遅くなりました(汗)

> ペロンで皮切りはスイスのベイゼルらしいですね。

いえいえ、知りませんでした。
Earlさんのオフィシャルサイト、重すぎて訪問するのが結構億劫なんですよね…(苦笑)
スイスかぁ~旅行がてら行きたいな。
舞台のせいで、なかなかWE・NY以外の他の国を訪れるチャンスに恵まれないので、好きな俳優さんが海外でやってくれるとそういう意味では一石二鳥です♪

> David Shannon がTill I Hear You Sing

勇気あるなぁ、彼。だってあのRaminが歌い上げたあの曲を…JOJとかならまだしも…彼が…(笑)
ちょっとネットで探して聴いてみます、あまり期待はせずに(^^;)

2011/01/27 23:37 | nana [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1219-d649c08b

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。