--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/02/24 (Thu) John Gabriel Borkman 【Alan Rickman2】 16JAN2011

この日はトークバックも開催のスペシャルデーだったのですが、確かに1日アラン漬けってくらいずっと見ていられるものの、触れ合いたいならスペシャルデーは避けるべき?とも思っちゃいました。

演目の終演後からトークバックの開始までの1時間半、またチョコレートカフェまで戻ろうかと思ったものの、寒さに断念。
劇場内でもサンドイッチやワインを売っていたので、白ワイン片手に意外とおいしいキノコのサンドイッチ(しかもフードの売れ行きが良くて最後の1つをやっとこさ手に入れた)で夕食。
夕食にしては完全に役不足で、しかも空きっ腹にワインだけど、最近食事する時そこにワインがあれば必ず飲む体質になっているので抗えず。
アランつながりで赤にすれば良かったかしらん。

で、トークバック開催ですが、リンジーさん答えが長いなー、フィオナさん面白いなー、アラン天然だなーという記憶しか残っておらず、トークの詳しい内容マジ抜けた。
観客から質問をいっぱい受け付けていたけど、あまり良い質問も出ず、イマイチ盛り上がりに欠けたかな~。
たっぷり1時間半くらい時間とってあったから、彼を見つめるには最適でしたが。

でね、何でアランが天然と思ったかというと、アランに話が振られた時、「relevantといえばね、この作品は……」てな感じで、relevantをテーマに滔々と5分くらい語ったわけですよ、アランさん。
んで話が終わって、進行役が「あなたにとってrelevantはテーマだったんですねぇ」と確認。
しかしアランと来たら「いや、誰かさっきrelevantって言わなかった?(だから語ってみたんだけど…的な)」フィオナさん&リンジーさんに問いかけるも虚しく、2人は頭にハテナ状態。
客席も「誰か言ったっけ、そんなこと?」とハテナ状態。
結局アランに味方する人現れず、「あれー?聞いたと思ったんだけどなー」と、何だか1人空耳アワー状態な天然ボケに会場笑いという、アイス・ブレーカーなアランさんなのでした。
超真面目に語ってたのに、何だか見も蓋もない結末で……(笑)

私の前の席にどっしりした女性が座っていて、劇場スタッフ(しかもマネージャークラス)がやけに頻繁に話しかけに来るなーと思っていたら、どうやらアランのマネージャーさんだったっぽく、ステージドアでもチャキチャキと仕切ってらっしゃいました。

で、私はつくづくこの人と(というか好きな俳優さん全般とですが)縁がないなーと思ったのは、トークバックで帰宅時間が押したせいか、個別のファンサービスはなく、アランがそこに立ってるから写真撮っちゃってー!っていうスタイルのステージドアだったことです。
リンジーさんに至っては先に車乗り込んじゃってるしね(苦笑)
フィオナさんは前述したショートコントのサービスはありましたが、彼女もサインなどはなく、写真撮らせるだけ。

fiona_bam_16jan11.jpg

もしかしたら手紙くらい渡せたかもしれないけど、そういう(早く帰りたい)雰囲気を俳優側が出している時に、無理くり突っ込めないのが私のカワイイところなので(笑)、微笑みを振りまくアランさんを大人しく画質の悪い古いデジカメに収めてきました。

alan_bam_16jan11.jpg

アジア人が全然おらず(そりゃブルックリンだもんねぇ)、私がステージドアに辿り着いた時にやたらこっちを気にしてチラチラ見られたので(もしかしたら日本人の雰囲気も感じたのかなぁ。けっこう他のアジア人と日本人て区別がつくって言われるしね)、その視界に入ったかもしれないトキメキを胸にこれからの5年くらいを生きていこうと思います。
なのでまた5年後くらいには舞台立ってください。
3年後に来日でも良いよ。また日本に鳥居(※)を見に来なよ。(そこ?)

※来日時に京都の伏見稲荷神社へと観光に行き、千本鳥居に激萌えされたとのことです。

スポンサーサイト

John Gabriel Borkman | trackback(0) | comment(2) |


<<【THE YOUNG VICTORIA】(ヴィクトリア女王 世紀の愛) | TOP | John Gabriel Borkman 【Alan Rickman】 16JAN2011>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

ごぶさたしてます。
もしかして毎回この書き出し?・・・ってくらい間があいての訪問になっちゃってますね、ここ数年(^_^;

拝読しました。

>そういう(早く帰りたい)雰囲気を俳優側が出している時に、無理くり突っ込めない

そうだよね・・・残念でした。
でも最後に書いてあるとおり、アランは気にしてたと思いますよ。
マンハッタンのステージドアなら珍しくもないでしょうが、ブルックリンまで行ける日本のおなごはそう多くないでしょう。

世界中どこへでも行ける(?)nanaちゃんには、またチャンスがあるよ!
次にアランの芝居があるときは、本作のプレイビル(ってあったのかな?)を持参して、ブルックリンで観たのよ~と話しかけよう♪

映画感想も参考になりました・・・ってか、さすが、私が気にしてた作品を多く観ていらっしゃる(笑)
実は「英国王のスピーチ」は観たかな?と思って来てみたんだけど・・・。
私は、観に行きたいけどキツイなぁ~と悩み中です。

2011/04/13 16:24 | みんと [ 編集 ]


こちらこそ 

みんとさん

ごぶさたしてます。<あれ?私も…(汗)

> マンハッタンのステージドアなら珍しくもないでしょうが、ブルックリンまで行ける日本のおなごはそう多くないでしょう。

マンハッタンのステージドアでは日本の女子も見かけるのですが、さすがにブルックリンにはいませんでした。
見に行ってる方は皆無ではないと思うのですけどね…。

> 世界中どこへでも行ける(?)nanaちゃんには、またチャンスがあるよ!
> 次にアランの芝居があるときは、本作のプレイビル(ってあったのかな?)を持参して、ブルックリンで観たのよ~と話しかけよう♪

私は行けても、アランがまた舞台をやってくれるといいんですけど…(苦笑)
「なんかもうしんどくなっちゃった」…とか言い出しませんように!(涙)

> 映画感想も参考になりました・・・ってか、さすが、私が気にしてた作品を多く観ていらっしゃる(笑)
> 実は「英国王のスピーチ」は観たかな?と思って来てみたんだけど・・・。
> 私は、観に行きたいけどキツイなぁ~と悩み中です。

映画はこれ、去年の感想なんですけどね、まだ…(^^;)
私もみんとさんの鑑賞映画リスト見たら、見たい映画も見た映画もだいぶかぶってそうな気がします(笑)

その後「英国王のスピーチ」は見に行けましたか?
私も悩んだ末「ツーリスト」のみ見て、これはDVDでも良いやと格落ちさせてしまいました、オスカー受賞作品なのに。

2011/04/17 23:54 | nana [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1246-fa6b9187

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。