--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/06/02 (Thu) レ・ミゼラブル さよなら公演 【STAGE】



ガヴローシュこども店長だった!(加藤清史郎くん)
海外子役に比べたら歌はやっぱり……ですが、初めてのミュージカルだし、子供らしくて可愛かったです。そして芝居は上手かった。
そういえば息絶えるシーンの歌って、あのメロディだったっけ?
ガヴのテーマになっているメロディラインと共に息絶えてた記憶ですが、違うメロディーのようでした。

あとリトル・コゼット「アニー」モリーを演じた事もある子で、上手かった。
子役にあまり辛いことは言いたくないのですが、パリで見た公演2日目のリトル・コゼットが、椅子からずり落ちちゃうくらいに音程が外れっぱなしで、ちょっとアレはないかな~ってくらい酷かったのです。
自分が音痴だから少しのズレなんて気づかないのですが、それでも肝が冷える調子っぱずれ。
子役だから、一部もしくは全員が現地オーデ調達だろうけど…。でもガヴは両日とも上手かったしなぁ。

テナルディエsは安定感があって、安心して聞けました。
前回見たときも森クミさんだったけど、今回は少し元気がないように思いました。
前は、もっといっぱい笑った気がする…。いやすでに、十分な演技はされているのですが(笑)

コゼット中山エミリさんは、歌は残念でしたが、見た目が可愛い!
よわっちいソプラノでもなんでも、コゼットの存在意義である(笑)雰囲気は当たりでした。

新妻さんって、以前見たことあるのだろうか。何かで見ている気はするのだけど…覚えていない(苦笑)
フォンティーヌは海外でもキャストの落差は激しいので、そして芝居が前面に出て声が潰れていることも多々あるので、それと比べても可もなく不可もなく……という印象。
フォンティーヌとしてやるべきことはきちんとやっているけれど、突き抜ける何かが足りない感じ。
人としては好きなんだけどね~新妻さん。

その新妻さんと仲良しさんの笹本エポニーヌ
こちらは、海外が割りとずば抜け型キャストを持ってくるので、比べちゃうとやっぱり…。
芝居などは出来上がっているものの、歌声の迫力も同時に求めちゃう役なのが厳しいところ。

マリユスは今度ロミジュリのロミオをやる山崎さん。たぶん初見、かな?
日本のミュージカルはめちゃくちゃ見ているわけではないので分母が小さいかもしれませんが、ここらへんのヒーロー系若手の中では、個人的には浦井さんが一番歌えるイメージなんだよね~。
雰囲気は超マリユスだし、大きく伸ばすところは太く出るけど、弱い声で演じるところ……というか地声?が残念な感じ。まぁでも出すべきところは出るからいいのかー。
ニック・ジョナスもアレだったしねぇ。

ジャン・ヴァルジャン吉原さんは、素写真がいかつくて、他のパパ系バルジャンとの落差がすごいなーと思いましたが、舞台上ではちゃんとバルジャンしてました。
33歳という、海外では適当な年齢にも関わらず、日本のミュージカル界においては、バルジャンを演ずるに若すぎる年齢で、大抜擢。
四季時代から知っている人に、いいよ~と言われていたので期待していましたが、確かに声質は柔らかくて素敵。
ただ声が、わざとか天然かは分かりませんがよく震えるので、安定感に乏しく聞いていて不安になる瞬間も。
出しにくそうなのとはまた違うんだよなぁ。あれは何なんだろう…?

ジャヴェールは、多分はじめましてな今拓哉さん。
よく日本のミュージカルでは名前をお見かけする気はしますが、ずっと観劇日に出演が当たることはなかったのでしょう。
芝居は良かったのだけど、声が残念でした。
ジャヴェールというキャラクター上、ああいうハスキー声も全くナシではないとは思いますが、ハンスさん、アールさんと聞いてからだと、声自体に存在感や力強さ、艶やかさや聞き心地の良さも求めてしまいます…。

ここまで引っ張りましたが、最後にこの方、アンジョルラス!引っ張ったのには理由がある(笑)
大学を卒業したばかりで、初のプロ舞台が今回のレミゼという、こちらも大抜擢!(今回こういうの多いね?)
いやーーーー良かった!そうそう日本で出会えません、この「見ぃ―つけた!」感。
ネットで検索すると、公式モノはレミゼのプロフしか出てこず、あとは今回見た人の絶賛ページで検索結果が埋まります。

オペラから来ているので声に安定感とパワーがあり(今回のキャストの中で、間違いなく一番歌えてた)、一方でオペラ出身者に不足しがちな味の部分も薄れておらず、何より魂、芯の部分にアンジョルラスを持っているのが良かった!
小手先の芝居では勝てない、役が息づいちゃってる感じ。
かなり熱い想いを持ってオーディションも受けたようで、役とのシンクロ具合がすばらしく、声と存在感にオーラがありました。

帝劇100周年記念パーティなどでもリードで歌い、ヴァルジャンらプリンシパル含めても、歌わせている量が他と段違い。なので製作側としてもダイヤの原石を発見しちゃったウッヒッヒ!という感じなのでしょう。(なぜ悪代官風味?)
今回ワケあってバルジャンキャストに合わせて日を選んだので、上原アンジョに出会えたのは完全なる偶然ですが、これはもうセレンディピティですね♪
ロミジュリにも出演が決まったみたいで、願わくば彼の出演日に見たいものです!

スポンサーサイト

Les Misérables | trackback(0) | comment(0) |


<<レミゼ25周年記念もろもろ | TOP | レ・ミゼラブル さよなら公演 【Intro.】>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1279-4f7a1bf3

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。