--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/06/03 (Fri) レミゼ25周年記念もろもろ

1日に日本のレミゼを見てからというもの、ここ1週間ほど、昨夏のレミゼ・フィーバーが若干もどってきたので、書きもれたことをツラツラと。

ロンドンの25周年期間限定キャスト版グランテールが非常によくて、他のキャスト版に比べて、存在感と父性がとても強かった。
若くてカッコいいタイプの俳優さんが演じていて、その時点で珍しい。
ガヴローシュのお父さん!という雰囲気が随所ににじみ出ていて絡みがほほえましく、その分ガブの死での悲しみようが見ていて可哀想すぎる…。

原作読みでない私は恐れもせず聞いちゃうけど、グランテールガヴは親子ってことでいいのかな、実際?
ガヴがみんなに可愛がられてるから、誰が保護者か一見わかりにくい…。
今回初めて、その関係性に注目してバリケードのシーンを見た気がしたよ。泣けたわ。
もしこれで親子じゃなかったら、あの2人の関係性をドラマにする力といったら素晴らし過ぎな、グランテール役者とガヴ子役。

てか原作読もう。と、多分5年くらい前から思ってる。
あえてフランス語で手つけちゃう?<一生読み終わらないに1フラン!<しょぼい賭け金。

そだそだ、昨日NHK BSで、トニー賞特集やってましたね。
舞台ではそこまでパンチを感じられなかった新妻さんですが、シルビアさんと歌った曲は迫力があって良かった。
しかし今井さん、島田さん、新妻さん、笹本さんの「民衆の歌」はさすがに薄っぺらかった…。
これは4人ぽっちで歌う曲じゃーないね(苦笑)

そして四季の映像特集に入っていったのですが、うん、やっぱり正直なとこ言わせてもらうと、海外で見る方が断然……(苦笑)
ちょっとね、途中からホント、見てるの辛くなったからね…。
日本語で上演した功績や意義の大きさは、もちろんあるのだろうけども…。

↓そんなわけで去年行われたレミゼ25周年記念コンサート@O2アリーナ。
明日はこれが全編通しで放送される!わーいわーい!



オリキャスでもないのに歌いだしで拍手と歓声をもらったEarlさんが自分のことのように嬉しかったり。
聴き心地も良いし、立ち姿もスラっとしていて、きれい。
ケイティー・コゼットが嬉しそうに拍手していて、手の動きから読み取るにリア・サロンガさんも拍手してくれていて、あの画面上で唯一拍手していないニック・ジョナスっていう。
そりゃ女子はみんなアールさんにメロメロよね~男の子にとっちゃ面白くない存在よね~(←妄想です)
そんなニック・ジョナスは全員入るところでサボってた(てか気抜いてて気づかなかった)がバッチリ映っているのが面白い。

ラミンのあの、自分も出演者なのに、周りのスターキャストに興奮している笑顔もたまらなくかわいい!
カテコで1人ずつお辞儀する時、アンジョルラスの自分でいきなり歓声が大きくなったことに驚き、感謝しているところが謙虚で素敵でした。
そりゃあなた、わざわざO2まで見に行ってる観客は、ファントム2、いやむしろファントム1でも主役張ってる人がアンジョやってるって知ってるんだから、歓声も大きくなるよー!
ただのアンジョじゃないもん、贅沢な使い方だってみんな思ってるさー。
でも!本人は至って謙虚です。

↓レミゼの舞台となった通りの近く・現風景。平和じゃ。

AU ROCHE DE CANALES

rue_montorgueil.jpg

残念なのは、先日フランス人にミュージカル「レ・ミゼラブル」について話したら、

「はっ?レミゼがミュージカル?想像つかないんだけど!ミュージカルってだって、ディズニーランドみたいなやつでしょ?あんな暗い話、ミュージカルにできなくない?」

うん、わかるよーわかる。フランスでのミュージカルの市民権って、そんなもんです。
あんな豪華なツアーキャストがわざわざシャトレーくんだりまで来て歌ってくれてるのに、なんてもったいない。

ロンドン・ミュージカルとブロードウェイ・ミュージカルの違いを説明するも、最終的に「やっぱり想像できない」とのこと。
もう私にはこれ以上の説明はできない。見てもらうしかない。
しかしディズニーランドを想起している時点で、ミュージカルを見に行く気も起こらないらしい。
フランス演劇は好きらしいので、そのディープさとシュールさを求められたら、それはそれで無理だけど。

スポンサーサイト

Les Misérables | trackback(0) | comment(0) |


<<【THE TWILIGHT SAGA: ECLIPSE】(エクリプス/トワイライト・サーガ) | TOP | レ・ミゼラブル さよなら公演 【STAGE】>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1280-55e4497b

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。