--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/11/07 (Mon) フランス・ミュージカル 「ロミオとジュリエット」

【赤坂ACTシアター】



【CAST】(16.SEP.2011 Matinee)

ロミオ … 城田優
ジュリエット … 昆夏美

ベンヴォーリオ … 浦井健治

ティボルト … 上原理生
マーキューシオ … 良知真次

パリス … 岡田亮輔

キャピュレット … 石川禅
ロレンス神父 … 安崎求

モンタギュー夫人 … 大鳥れい
ヴェローナ大公 … 中山昇
モンタギュー卿 … ひのあらた
乳母 … 未来優希
キャピュレット夫人 … 涼風真世

死のダンサー … 中島周



昨年暮れに見たロミジュリ・バレエに続き、いきなり今年9月のミュージカル版に飛びます。

フランス産ミュージカル「ロミオとジュリエット」が、日本人キャスト&日本オリジナル演出で公演!
キャストを見て、隅々まで豪華だなぁと思い、見に行くことにしました。
日本ミュージカル界にさして詳しくない私ですら知っている面々ばかりですから。
今年度レミゼアンジョで輝いていた上原理生さんも出ているし、お気に入りの浦井君まで…!

この公演自体は、パリで見たことはなく、DVDになったものを留学中に友達とお部屋で“ながら見”したのが最初です。
正確に言うと、私はじゃがいもを蒸かしながら見ていました。(あ、いらない情報?)
じゃがいもがいい具合になってきたので気を取られていたら、何だか聴いたことのある音楽が流れてきて、「あっこれいつもラジオで聞くー!」と反応したら(フランスはメディアとしてのラジオが結構主流。引越し後の部屋にはTVがなかったので、ずっとラジオでした)、ミュージカルの宣伝のために先出し発売されてラジオでも流れまくっていた「Aimer」「Les rois du monde」だったのでした。
もはや覚えていないけど、多分「Les rois du monde」かなぁ。

ただその時は異常に眠かったかなんかで、じゃがいも蒸かしつつDVD観つつ、寝落ちしてしまったか、途中で「チャーリーとチョコレート工場」のサントラ買いに行ったか、「CHANCE!」を見に行ったかしました。(結果、覚えてない)
懐かしいなぁ。楽しかったねぇ。感慨深いねぇ。

そんなわけで、サントラも持っていないので、きっかり6年ぶりにロミジュリと再会!という感動の瞬間でもあり……。
「世界の王」を聞いた瞬間に、ドウゥワーーーー!っと色んな記憶が蘇って来たので、恐らく上記のラジオで聞き覚えのある曲も、「世界の王」ではないかと思われる。
もうこのメロディラインを聴いた瞬間に、来年のフランスキャスト来日公演が待ちきれなくなってしまいました!

主演は正直どうなのかな?と思っていましたが、城田くんはまぁ雰囲気で見るとして(むしろ雰囲気はバッチリです)、ジュリエットさんの声にびっくり。
今回のミュージカルは、ジュリエット役を公開オーディション募集し、新人を抜擢というので触れ込んでいたので、開けてみるまで何が出てくるか分からない玉手箱のような怖さとスリルがありました。
まぁどちらかというと、新人だから期待はしていなかっただけに思わぬ声量にうれしい驚き。
日本人で、こんなに芯のある声を出せる子はなかなかいないと思うので、表現力がもっと付いていくだろう今後が楽しみです。

浦井君は相変わらずの安定感。
他のダンサーズに比べやけにダンスが丁寧なところに真面目さを伺わせます。
そういえば携帯、フェイスブックなどなど……現代アイテムが、ロミオベンヴォーリオの会話に頻繁に出てきます。
うーん、この違和感は意図的なのだろうけど、作品自体すでに普遍的なので、笑いどころに終始していた印象です。

さて、アンジョで惚れた上原くんの、「ティボールトォオ~!」な自己PRソングですが……(笑)
パワフルな声量なだけに、歌詞もメロディも象徴的すぎるこの曲は、完全に“オレ曲”になってしまっておりました。
群像劇「レミゼ」の中で、群集を引っ張るリーダーとしては良い方向に働いていた力強さですが、今回はToo Muchに感じられ、相乗効果というよりも、曲と打ち消しあっているような……。
あとはACTシアターとの相性もあるかもね。
RENTが似合うような会場なので、ライブハウスに近い音の響き方をします。
そんなに響かせなくても、むしろ生声でもイケちゃうのに……ということかもしれません。

大人陣は、石川さんはじめさすがの安定感ですが、特に乳母役が印象に残る上手さでした。
しかも森クミさんや阿知波さん的なキャラクター女優が演じているのかと思いきや、元宝塚の美しい方が演じられていて、だからこそ余計、あのキャラ作りは素晴らしい。

全体的に独創的だし、最後の「Aimer」の迫力も良かったですが、細かいテンポの部分や、オリジナル言語ならではのリズム感を考えると、やっぱり来年のフランス版来日が待ちきれません……!!

スポンサーサイト

Romeo et Juliette | trackback(0) | comment(0) |


<<【How Do You Know…】(幸せの始まりは) | TOP | 「ロミオとジュリエット」 レニングラード国立バレエ来日公演>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1321-a843308d

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。