--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/01/14 (Sat) ミュージカル「モンティ・パイソンのスパマロット」

【赤坂ACTシアター】



【CAST】(14.Jan.2012.Soiree)

アーサー王 … ユースケ・サンタマリア

ランスロット卿 … 池田成志

ロビン卿 … 戸次重幸(TEAM NACS)

デニス・ガラハッド卿 … 賀来賢人

マルチ … ムロツヨシ

パッツィ … マギー

ベデヴィア卿 … 皆川猿時

湖の貴婦人 … 彩吹真央



日本でやるの!?どうなの?!大丈夫なの!?という思いが強すぎて、見に行っちゃいました(笑)
まぁこれだけのキャスト集めておいて、白けさせることもないだろうと、実はそんなに心配もしていなかったんだけど。

だがしかし、冒頭に指揮者がトランペット(?)奏者を銃で撃ち抜かず、なのに中途半端にトランペットの音が死に、フィンランドのダンスが始まってニシンで殴り合っても客席がシーンと静まり返っている様子に、若干の不安がよぎる(笑)
思い返してみれば、学者のざっくりした歴史紹介だけでも、ロンドンは笑っていたよなぁ。

ただその後、ユースケ・サンタマリアがココナッツのひずめ音と共に登場した瞬間、意外にも大きな笑いが起こり、そこから先は坂道を転げ落ちるように会場はヒートアップしていったのでした。

やはりというか、歴史&文化的な笑いや言葉遊びは、そのまま訳したところで日本人には響かないので、手練手管で何とか笑わそうとしていました。
ブロードウェイに関する諸々はすべてK-Popに置き換えられ、ユダヤ人とゲイを皮肉る歌詞は、フジテレビを揶揄する歌詞にそれとなく置き換えられていたよう?(本公演はTBS制作)
EXILE、少女時代、AKB48に上島竜兵似の野田総理など、日本の時事ネタが満載でした。

あとアンドリュー・ロイド・ウェバーを、本家は名指しでおちょくりますが、さすがにその名が轟く範囲が日本では限られているため、特にお名前は登場せず。
意味のない壮大バラードのシーンでは、オリジナルはキャンドルと船という設定だけで、かの有名ミュージカルを連想させるものの、今回はご丁寧にマスクまで付け、「クリスティーヌ!クリスティーヌ!」と無駄に名前も連呼する親切さ(笑)
それでもやっと、知っている人は笑えるっていう様子だったかな。

オリジナルも開幕初期は、観光客でなくロンドンっ子が詰め掛けてフルハウス出しまくってたし、地元客向けにどんどん推敲していったと考えると、日本公演も日本ネタを使って然るべきなのかもしれません。
ただそれは突き詰めると、スパマロットという枠でやる意味に疑問符が付きますが(笑)
あっでもあれね、モンティ・パイソンのコントとドリフのコントは、特に身体を張るネタにおいて、そのくだらなさは通じる部分があるかもしれない。文化ネタはまた別ですが。

「Always Look On The ~」の歌詞が日本語訳のため、歌詞が分からず一緒に歌えなかったり(あれは日本語歌詞字幕出すべきでは?客席に歌わせたいなら)、ランスロット卿のマッチョっぷりは、ゲイっぽさを出すには全然足りないよ!と突っ込みたかったり(オリバー君くらいムキムキでないとね!)、神様の声は誰?というのが終始気になったり(ロンドンではジョン・クリーズが神の声っていうのも、一つのポイントだし!)、デニスのブロンド髪のなびかせ方がいかんせん足りなさすぎる!、塀の上のフランス人兵士は面白かったけど、動きでももっとロンドン版みたいに笑わせて!といった、小さな不満はあります(笑)
神の声は、日本でやるなら、さんまさんあたりにお願いしても良かったんじゃ?あっドリフだったら志村けん

ただオリジナルを知りながら見ているからこそ大変な努力の跡を感じるし、“笑わせる”という目的は見事達成していました!
そのせいか、ミュージカルというよりも“たまに歌うお笑いライブ”に豹変していた感は否めません(笑)
それでも“笑い”って偉大なもので、鑑賞後は「楽しかったなぁ、見てよかったなぁ」という充足感でいっぱいでした。
もう1回見に行ってもいいなぁ、と思ったくらいです。

あっユースケさんの歌と、主役としての存在感&間が意外に安定していたことも付け加えておきます!
CHARAの歌と、クイーンの歌、どっちも上手いことオチつけてたもんなぁ(笑)

スポンサーサイト

SPAMALOT | trackback(0) | comment(0) |


<<SPIDER-MAN TURN OFF THE DARK 【Intro.】 | TOP | 【MISSION: IMPOSSIBLE - GHOST PROTOCOL】(ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1342-926abe7d

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。