--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/08/27 (Mon) 【CRAZY HORSE】(クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち)

監督:フレデリック・ワイズマン
製作年:2011
製作国:フランス、アメリカ

CRAZY HORSE

『パリ・オペラ座のすべて』フレデリック・ワイズマンが、パリのナイトクラブ「クレイジーホース」の全貌に迫るドキュメンタリー。

ナイトクラブはLIDOしか行ったことなく、まだお酒を飲みなれていないモニョモニョな年齢の頃にシャンパンをたらふく飲んで、シャンゼリゼを千鳥足で歩いて帰った経験がございます。

無駄にお金を使い果たしたLIDOの演出も結構好きだったのですが(レミゼの円盤くらいの狭いスケートリンクでスケートしたり、水中でアクロバットしたり)、クレイジーホースはそんなLIDOや、その名も有名なムーランルージュに比べたら、とてもマイナーな印象。

お金もない中、少人数で回していて、気怠いエロ以外なにも存在しない無意味な時間をさぁ召し上がれ的な?(なんのこっちゃ)
要は洗練されていないのだけど、そこがまたフランスっぽい。
ことクラシック以外の大衆エンタメに関しては、フランスの持ち味は野暮ったさだと思うのです。
その証拠に、クレイジーホースのテーマ曲は超ダサい上に、音程を合わす気もさらさら無いような破壊的な歌いっぷり。

『パリ・オペラ座のすべて』と同じような展開で、今回はたまにインタビューが入りますが、とりとめなく日常を流すのは同じ。つまり、“好き”じゃないと苦しい(笑)
オペラ座の方は愛ゆえに全く問題なかったのですが、こっちは所々おちたことを認めます。
むしろ前日遅かったから、いっそ一部寝るつもりで臨んでしまった(苦笑)

ただ出てくるキャラクターは、一般人にも関わらずオペラ座の人々の100倍くらい濃いのだ。
全体演出のおっさんはまだまともなのだが(ただ入社10年未満の自分でも「それを言っちゃあお終いよ」って思うような弱音を、ミーティングの場で吐くというフレンチ・クオリティ)、右腕ディレクターと衣装係りは尋常でない雰囲気を醸し出しています。

なんせ衣装係のおばあさんは、白髪にも関わらず日本の制服であるところのセーラー服を、まさかの秋葉原アレンジで着こなしてらっしゃいます。
そんなふざけた恰好で、女性の尻の丸みがもっとも効果的に見える衣装について、熱心に考えているのです。

クレイジーなのは店名でも客でも出演者の女性たちでもなく、間違いなく裏方の彼らだと思う。
という事実を、きっとワイズマン監督も感じ取ったから、わざわざ映画にしたんだろーな。

スポンサーサイト

Cinema 2012 | trackback(0) | comment(0) |


<<【THE AMAZING SPIDER-MAN】(アメイジング・スパイダーマン) | TOP | 【MON MEILLEUR AMI】(ぼくの大切なともだち)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1378-d5195ae9

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。