--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/03/03 (Sun) 【MY WEEK WITH MARILYN】(マリリン 7日間の恋)

出演:ミシェル・ウィリアムス、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ドミニク・クーパー、ジュリア・オーモンド、ゾーイ・ワナメイカー、ダグレイ・スコット、エマ・ワトソン、ジュディ・デンチ
監督:サイモン・カーティス
製作年:2011
製作国:イギリス、アメリカ

My Week with Marilyn

セックス・シンボルのマリリン・モンローが、演技派への脱皮を図るべくローレンス・オリヴィエ監督『王子と踊り子』へ出演するために、英国での撮影に訪れた1週間を描いた作品。

というわけで、マリリン・モンロー(顔が似ているわけではないのに、ミシェルの雰囲気はそっくり)が主役ながら、英国色の強い作品です。
脇役たちにも、ほのかなハリポタのかほり(笑)
個人的には、エマ・ワトソンと、レミゼ・ムービーでマリユス役だったエディ・レッドメインが出てるなぁと思って手に取りました。
別に好きなわけではないけれど、代表作である意味キャラものをやっているので、他の作品でどういう風に見えるのかが気になったのです。

エディは、微妙な距離感を保ちながらもマリリンに振り回される役で、ある意味エポニーヌ的立ち位置が皮肉?
エマはその賢い恋人役で、ちゃんとしたラブシーンも演じているのが新鮮でした。
もう子供じゃないのね~。

この作品、実在の人物が多く出てきながらも、どこまでが真実かは微妙なところなのですが、マリリンの奔放キャラ(実はあまり人となりは知らない)や、夫がアーサー・ミラーだったんだ!という発見は嬉しい。

『王子と踊り子』の本編も、この際だから見ておきたい。


マリリン 7日間の恋 [Blu-ray]マリリン 7日間の恋 [Blu-ray]
(2012/08/03)
ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Cinema 2012 | trackback(0) | comment(0) |


<<【EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE】(ものうごくうるさくて、ありえないほど近い) | TOP | 【THE IRON LADY】(マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1420-5ea9a99b

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。