--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/05/21 (Tue) Roméo et Juliette 【STAGE】(2012フランス招聘版)

RJ_BS2.jpg

RJ_BS1.jpg

ステファヌさんが日本女子にキャーキャー言われて、こんなにも近づきがたい人になっていることに驚愕!
(終演後のロビーサービスにて。ツルっとあんなに遠くに……)

来日中に2回みて、一回目は初日、2回目は終盤近くでした。
初日と2回目は、特にカーテン・コールとロビーサービスの旺盛さに目を見張る違いが。
初日のカテコはそう考えるとさらっとしておった。
ダンス・オブ・バンパイアと一緒で、キャストの工夫でカテコを充実させて、どんどんファンが付いて行ってる感じ。

各人の歌の完成度は初日の方が高かったのですが(2回目は声が本調子でないキャストも)、全体を俯瞰して、曲や演出の面白さをより味わえたのは2回目でした。
それはきっと、このキャスト、この会場、この観客での“間”が徐々に出来上がってきたからかもしれないなぁと。

初日はジョン・エイゼンのマイクトラブルがあり、歌の途中で音声が完全に途切れ、数十秒エアーで歌ったのちにスタッフの持ってきたマイクに切り替えていました。
生声は全く客席に届かないにも関わらず力の限り歌っていたジョン「届けたい!」という気持ちが強く伝わってくるパフォーマンス。
でも客席はシビアな反応だったところに、まだ観客との距離が縮まっていない印象を受けたものです。
距離が縮まっていれば、逆境の中で必死に歌っていた彼に歓声のひとつでも上がりそうなものなので。

1階センター前方ブロックの良席だったので、目の前で繰り出される筋肉隆々のアクロバットが迫力満点でした。
最近、シルク・ド・ソレイユ「Michael Jackson the Immortal」を見に行ったのですが、サーカス団であるシルクよりも、ダンスセンス&アクロバット技術を兼ね備えたロミジュリのダンサーのレベルの高さを感じました。
まぁ同じフランス語圏なので、もしかしたらどっちにも出演しているような人はいるかもしれませんが。

ステファヌ(メトロ)さん以外はみな歌を聴くのも初めてですが、やっぱり外国人の喉って素晴らしい!
特にロンドンやニューヨークと違って、必ずしも綺麗な声ばかりをそろえていないところが良い。
モンタギュー夫人のブリジットや、神父役のフレデリックの、ハスキーだけどボリュームがあり、感情表現も損なわれていない声色がすてき!
ハスキーボイスはそれだけで表情が豊かだよねぇ。

あとティボルトの歌が、暑苦しくなくて良かったです(笑)
トムさんみたいに緩急つけて歌ってもらった方が、歌の意味が伝わりやすい。
上原さん、好きなんだけどね(苦笑)

ビジュアル的には、ジュリエットのジョイ・エステール(姓名ともにとても洗剤の名前っぽいけれどもLION提供だからいいのか←)が可愛すぎて(歌も安定!)、ステファヌ(ネヴィル!)が日本人好みの優しいカッコよさ&背の高さでツボでした。
ステファヌ氏、胸毛が惜しい!(個人的に)

日本版とキャストの性別やキャラクターが一番違ったのは“死”の役でしょうか。
日本版の男性ダンサーはヌルっとした蛇のような気持ち悪さがありましたが、仏版は女性のモダンダンスで、パウダーを使った演出が幻想的。
「苦悩と、その解放への導きの人」という位置づけに感じられました。
日本の男性版は“死を渇望している死”でしたが、女性版は「あなたも死んでしまえば良いのに、そうすれば楽になるのに」と、無理からなく死へと誘い込むような妖艶さが。

2回目に遠目から観たおかげで、曲の意味や構成がしみ込んできて、フランスミュージカルらしい独創性の中で、良く出来た作品だなと思いました。
曲もヒットチャートに乗っただけあって、それぞれ個性的。
もちろんブロードウェイやロンドン的な作り上げ方とは根本から違うから好みはあると思うけど、コレオでアート性を維持しているところがフランスらしい。

そして何よりやっぱり「世界の王」がフランス語で聴けたのが嬉しい。
サントラ販売がなかったのが悔やまれますね~。
去年の秋にSt.LazareのFnacでも探したけど、DVDしかなかった。
来日キャストでなくても良いので、日本限定で再販すればよいのに!(売れそう!)

スポンサーサイト

Romeo et Juliette | trackback(0) | comment(0) |


<<【聖☆おにいさん】 | TOP | Roméo et Juliette 【Intro】(2012フランス招聘版)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1437-3a19428a

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。