--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/11/24 (Sun) 【THE BIG WEDDING】(グリフィン家のウエディングノート)

出演:ロバート・デ・ニーロ、キャサリン・ハイグル、ダイアン・キートン、アマンダ・セイフライド、トファー・グレイス、ベン・バーンズ、スーザン・サランドン、ロビン・ウィリアムズ
監督:ジャスティン・ザッカム
製作年:2013
製作国:アメリカ

THE BIG WEDDING

11月29日公開。飛行機の中で観ました。

デ・ニーロ、ダイアン・キートン、スーザン・サランドン、ロビン・ウィリアムズ、4人合わせてアカデミー賞5回、ノミネート20回の名優4人が揃ったヒューマン・コメディ。
それだけでも濃いのに、若手の中でも主役を張れるアマンダ・セイフライド、キャサリン・ハイグル、ベン・バーンズらフレッシュな役者も加わり、何とも豪華な作品に仕上がっています。

熟年離婚も再婚も、こじらせ童貞も不妊治療も、何でもアリ且つ何でも共有してきたリベラルすぎるグリフィン家。
次男は養子だが、離婚してしまった養父母に、結婚式の間だけは夫婦のフリをしてほしいと頼み、関係者全員が集まったのがカオスの始まり……。

冒頭のデ・ニーロサランドンのエッチシーンから、そっちの意味でも笑いの意味でもかましてくれます。
ベテラン俳優陣に関しては、間違いなく撮影を楽しんでいたと思われる。
これだけの俳優が集まって、真面目なヒューマン・ドラマではなく、ヒューマン・“コメディ”というところも、老練の奔放さが際立って面白さ倍増!

設定をこねくり回し過ぎな気もするけれど(家族関係がそもそも複雑……字幕なしの原語で観たせいで、難易度が上がっていたのかもしれないけど)、そのカオス感も、軽快な演技のおかげで見どころ満載!

蛇足感も陳腐さも感じさせず素直に笑えて、クライマックスの結婚式では最大のピンチを迎えるも、最後にはグリフィン家っていいな、こんなに何もかもさらけ出せて、何だかんだあっても信用できる人間が人生にこんなにも存在するって羨ましいな、と思わされます。

スポンサーサイト

Cinema 2013 | trackback(0) | comment(0) |


<<【Admission】 | TOP | 【TOWER HEIST】(ペントハウス)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1492-5aebd852

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。