--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/08/24 (Sun) 【AMERICAN HUSTLE】(アメリカン・ハッスル)

出演:クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンス、ルイス・C・K、マイケル・ペーニャ、アレッサンドロ・二ヴォラ、ジャック・ヒューストン、ロバート・デ・ニーロ
監督:デヴィッド・O・ラッセル
製作年:2013
製作国:アメリカ

American Hustle

『ハッカビーズ』や、『世界にひとつのプレイブック』デヴィッド・O・ラッセル監督の超話題作。

アカデミー賞取るんじゃないかというくらい、豪華キャストで話題になっていました。
『世界にひとつの~』の旬な2人と、クリスチャン・ベイルという実力派、若手オスカー・ノミニーのジェレミー・レナーエイミー・アダムスも加わった2000年代のスター・キャストが勢ぞろい。
彼らを使って70年代の実話を描くという、コンセプトそのものに脂がのっている感がありましたね。

男優も女優も、個人的には誰一人として、刺さる人はいないところが惜しいですが。
何かみんな、それぞれに微妙に薄い。

騙しあいが評判になっていただけに、実際の内容は拍子抜け。
というか、キャストにもっと味があれば、魅力的なドラマだった。
みんなして演技合戦に終始して、ミステリアスに抑えた魅力で勝負できる人がいなかった。

クリスチャン・ベイルが地毛抜いてハゲにしたよアピールとか、もうお腹いっぱいって感じ。
ブリジット・ジョーンズのルネ・ゼルウィガーや、モンスターのシャーリーズ・セロンのように、CGや着ぐるみでは限界のあるデブに挑戦するのは分かる。本物のセルライトにしか出せない残念さがある。
逆に、それこそクリスチャン・ベイルの激やせも、本人の身体でしか表現できない怖さがある。

ただ、ハゲはカツラでいいと思うんだ。

そこアピールされても、むしろ白けるわ。

間違いなく偏見なんだろうけど、「マジ旬な俳優と監督が集まって、本気の演技合戦繰り広げちゃったわ~」っていう自己満足っぷりが鼻につく作品でした。

言うほどまだ、演者にも監督にも、ハクもアクもカラーもついてないよ。
また下手に全員中堅でフレッシュさもないから、作品を伝える力より、「自分演技上手いっしょ」っていう働き盛りの広告マンみたいなくどい自己アピールだけが、中途半端に余韻を残したのでした。


アメリカン・ハッスル コレクターズ・エディション [DVD]アメリカン・ハッスル コレクターズ・エディション [DVD]
(2014/07/02)
クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Cinema 2014 | trackback(0) | comment(0) |


<<LUCKY GUY【INTRO.】4.MAY.2013 | TOP | 【THE UPSIDE OF ANGER】(ママが泣いた日)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1536-1300eebe

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。