--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/04/06 (Mon) 【HABEMUS PAPAM】(ローマ法王の休日)

出演:ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル、レナート・スカルパ、ナンニ・モレッティ、マルゲリータ・ブイ
製作年:2011
製作国:イタリア

HABEMUS PAPAM

カトリック総本山のヴァチカンを舞台に、人間味あふれる聖職者たちを描いたヒューマン・コメディ。
前法王の逝去により、コンクラーベを経て新法王が選出されたものの、観衆の前で初めての演説を行う段になって、そのプレッシャーから新法王がローマの街に逃げ出してしまうという奇想天外なお話。

コンクラーベの最中の聖職者たちの小物っぷりがオモシロおかしく描かれています。
自分が法王に選ばれないようにと自分勝手な祈りを捧げたり、せっかく遥々ローマに来たのだから観光に繰り出そうとしたり。
普通の人間であれば至って普通の心理や行いなのですが、閉ざされたシスティーナ礼拝堂で、高尚と思われている聖職者が人間臭さを発揮するからこそ生まれる面白み。

逃げ出した法王は、ローマの街で、かつて憧れた俳優の職業や舞台に触れ、少しずつ落ち着きを取り戻していきます。
存分に逃げ回り、庶民たちの法王への期待も身に染みて感じ、意を決して法王の職に戻るかと思いきや……。
さすがイタリア映画、「職能よりも、ありのままの人間として生きるべき」という、まさかの結末を用意していました(笑)

サン・ピエトロ広場にて再度演説の機会を得るも、「やっぱムリ」宣言。呆気にとられる観衆と観客。
ゴルゴダの丘でイエスが「やっぱ重いわ、むり」って十字架投げ出したようなもんです。

ある意味で人間賛歌。
予定調和なただのコメディではなく、笑って終わるだけでもなかったのは、この結末に人生の主題が込められていたから。

もちろん、社会にとって意味のある存在になりたいという野望を持っていて、それが人生の目的になっている人もいるはず。
でも、あなた自身がそこに意味と価値を見出していないのなら、いくら社会がそれを与えようとも、あなた自身が真に輝くことは出来ない。

サン・ピエトロ広場で法王演説を聞いたことがありますが、それを聞く信者の熱は、それはそれは狂おしいほど大きい。
このプレッシャーに常に耐え続けていくこと、与え続けながら生きることの苦労は計り知れませんが、少なくともご老体には辛いだろうなぁと想像します。
法王が若き者に与えられる職であれば、まだ青い野望も渦巻くのでしょうが、年老いてなるものだから余計に、それまでの静かな人生との対比に思うところがあるのでしょうね。


ローマ法王の休日 [DVD]ローマ法王の休日 [DVD]
(2013/02/02)
ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Cinema 2014 | trackback(0) | comment(0) |


<<【TOMBES DU CIEL】(パリ空港の人々) | TOP | 【Michael Jackson the IMMORTAL - WORLD TOUR】>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1552-6bdcdf83

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。