--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/05/11 (Mon) Roald Dahl’s Charlie and the chocolate factory 【STAGE】 18. DEC. 2013

うぅ、やっと2013年の観劇記録があと1作品で終わる…!(もはや「天井桟敷の人々」から先は勢いで書いてる・笑)

一応、子役たちもキャスト書いたけれど、記憶が定かではないので、違っていたらすみませぬ。

もう、この作品がミュージカルになると知った時の期待感と言ったら!最高潮!
しかも主演がダグラス・ホッジ。おぅおぅ、ぴったりじゃないの!
演出は007シリーズの監督、サム・メンデスです。おぅおぅ、いいじゃないの!

showbiz-charlie-chocolate-factory-stills-2.jpg

演出の色味などは、最新のティム・バートン版映画の影響を色濃く感じました。
衣装や構図など、それぞれのシーンの映像的イマジネーション(活字から思い浮かべる映像)が、おティム映画に近い。
特にオーガスタス・グループが透明パイプを昇っていくシーン、ヴァイオレットがチューング・ガムで膨らむシーンは、よくぞ再現したなぁと感心しきりでした。
ストーリー展開、ラストも映画版に近かったです。

violet_esdefault.jpg

それだけに違和感はなかったけど、映画をなぞらえるような見方になってしまったのもまた然り。
2次元を3次元化するだけでなく、舞台ならではの演出があっても良かったかなぁとは感じました。
超現実的な内容なので、映像では完璧に表現できるけど、3次元で表現しようとすると、技術的な限界から映像の劣化版に見えてしまう部分も。
チョコレート工場内の探索シーンは、役者がその場で足踏みして、風景をプロジェクションで後方に流す古風な演出だったりもして。

ウンパ・ルンパは、奇しくも同劇場で直前まで演じていた「シュレック」のファークアード卿からヒントを得たのでしょうか。
ひざ立ちダンスでした(もしくは手?)

Charlie-and-the-Chocolate-01.jpg

逆に舞台版が上手かったのは、ゴールデン・チケットを当てた子供たちをTV画面で紹介していくシーンでしょうね。
チャーリーたちが見ているのは、小さなTV(しかもお父さんが自転車で発電)なのですが、観客は2階相当の高さに設置された“舞台の中の舞台”で、実際に役者たちがインタビューを受けながら自己紹介がてら歌い踊るのを見られる仕組みです。

原作からしてチャーリー以外の4人の子供たちのキャラは濃い目ですが、このシーンではダンスや曲調でそのキャラクターを表現しています。
ヴェルーカ・ソルトはクラシック・バレエ、ヴァイオレットはヒップ・ホップ、マイクはデジデジした感じ、オーガスタスは……あれ?踊ってないよね?(笑)
ヨーロレイヒーって歌いながら、お菓子を頬張っていた気がする…(笑)

Charlie-and-the-Chocolate-02.jpg

子役たちはみんなホントに上手かった!
歌やダンスが特技なのはWEの子役だから分かるのですが、役を演じるという観点からは、ヴェルーカ・ソルト役の女の子がピカイチです!
映画版の子もそうですが、あのお嬢が媚び売る感じ、本人は罪の意識なしにやっているけれど、周りから観たら嫌味でしかない感じを、ひっじょーに上手く表現していました。

他の演目でも同じような演技ができる子が出てくるたびに言っていますが、あぁいう演技ができるのって、外国のプロの子役ならでは。
ガヴローシュとか、リトル・コゼットやアニーや孤児にはない、“外連味を演じる”という芸当は、この年においては、歌やダンスの上手さ以上に難しいことだと思うんですよね。
鼻っ柱が強いのとも、いじわるなのとも違う、「人間のかわいさを感じる嫌味ったらしさ」……ヴェルーカ・ソルト役の女子、末恐ろしい。
チャーリー役はソロもあるにも関わらず、純粋な役だけに影が薄くなるくらい、周りの子役が上手く演じていました。

「ガイズ・アンド・ドールズ」「ラ・カージュ・オ・フォル」でお馴染みのダグラス・ホッジは、ワンカの毒っ気が似合う役者さんとは思いますが、冷たすぎるというか、怖すぎる気がした。
おティム版に過去のエピソードが挿入されていたせいもあるかもしれませんが、ジョニー・デップのワンカは、可哀相でかわいい一面を感じられたよね。
っていうか、ダグラス・ホッジが登場するまで(=ワンカが登場するまで)、一幕分かかるとは思わなかった!(笑)
もっと展開が速いかと思いきや、子供たちを紹介して、チャーリーがゴールデン・チケットを当てるまでに1幕費やしました。

charlie-and-the-chocolate-factory-musical-2013.jpg

グランパ・ジョーが、「ウィキッド」のオリジナル・キャストで観たナイジェルさんだったのは嬉しかった。
ただ、歌いながらお芝居と軽いダンスくらいなら出来ちゃう人だけに、ウィキッドほどの活躍シーンがないのは残念でした。
オズの魔法使いが歌う「Wonderful」という曲は、さりげなくストーリー性に富み、派手でキャッチ―ですからね。

その他で以前に観たメンツとしては、ミスター・ソルト役が、「プリシラ」でカンガルーの着ぐるみが似合ってたボブ役のクライブ・カーターさんでした。(オリジナル・ラウル?の方)

Charlie-and-the-Chocolate-03.jpg

色々書いたけど、結論としては、もっかい観たい!
その心は、感動するほど面白かったからじゃなくて、むしろ題材が大好きな割にそこまでグッと来なかったから!(笑)

曲なんかもね、全然耳残りしていないのですよ……。
出張中のとても疲れた夜に観たせいもあって、記憶がスナップショットでしか残っていなくて、映像で思い出せないんですよね。
そのせいか、拍子抜けや期待外れだった演出が印象に残ってしまっているのですが、後からプロダクション・フォトを見ると、結構お金のかかった立派なセット&演出なので、もう一回疲れていないときにじっくり見て評価したいです。

ただ、これだけミュージカル向きのキャッチーな題材なので、本当に上手く出来たプロダクションならブロードウェイにトランスファーしていて然るべきなのですが、行ってないということは、そういうことなんだろーなーとも思われます……(苦笑)

スポンサーサイト

Charlie and the chocolate factory | trackback(0) | comment(0) |


<<オペラ座の怪人(ケン・ヒル版) | TOP | Roald Dahl’s Charlie and the chocolate factory 【Intro.】 18. DEC. 2013>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1560-6cfc2918

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。