--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/01/01 (Fri) HEDWIG AND THE ANGRY INCH 【STAGE】 May 4, 2014 Soirée

【BELASCO THEATRE】






【CAST】(4 May Soiree)

Hedwig … NEIL PATRICK HARRIS
第63、65、66回のトニー賞司会を務め、グリーのゲスト出演と合わせ、4度トニー賞に輝く。
舞台:「キャバレー」、「アサシンズ」、「カンパニー」、「スウィーニー・トッド」、「レント」、「チック・チック・ブーン!」(Menier Chocolate Factory)
映画:『ゴーン・ガール』、『くもりときどきミートボール』、『スターシップ・トゥルーパーズ』
TV:「ママと恋に落ちるまで」、「グリー」、「セサミ・ストリート」

Yitzhak … LENA HALL
舞台:「キンキー・ブーツ」(オリジナル・キャスト)、「ターザン」(OC)、「ドラキュラ」(OC)、「42番街」、「キャッツ」
映画&TV:「セックス・アンド・ザ・シティ」、「ステップフォード・ワイフ」

Skszp (Music Director, Guitar, Keyboards, Vocals) … JUSTIN CRAIG
ミュージシャン、音楽プロデューサー、作曲家、ブロードウェイの音楽監督

Jacek (Bass, Guitar, Keyboards, Vocals) … MATT DUNCUN
シンガーソングライター、プロデューサー

Krzyzhtoff (Guitar, Vocals) … TIM MISLOCK
ブロードウェイ・デビュー。「アントラーズ」のレコーディングに参加、ツアーも一緒に回る。

Schlatko (Drums, Vocals) … PETER YANOWITZ
「Wallflowers」、「Morningwood」の創設メンバー。オノ・ヨーコ、アレン・ジンスバーグなどと演奏した経験も持つ。

NPH_HAI.jpg

もうね、同時期にカミングのMCNPHのヘドウィグがBWで暴れてるって聞いたら、是が非でも行くでしょ!

トニー賞の芸達者な司会っぷりで人気のNPHが、なんとヘドウィグを!
歌が上手いのもトニー賞で証明済みだし、芝居の内容は本人のアイデンティティに共鳴するものがあるしで、期待度マックス!
本作のトニー賞パフォーマンスはシーン・スティラーでしたよね~。
あれが、休憩なしで1時間半くらい続きます!至福!

もともと原作者のJCMがやっていた時も、トークの合間に歌を挟み込む構成だったというのは知っていましたが、ある程度の脚本はあるものの、アドリブもかなり効かせた演出です。
要はヘドウィグを演じる役者自身のキャラクターに依るところが非常に大きい。
そういう意味では、NPHはまさに適役だったのではないでしょうか。

現実世界とヘドウィグの世界を行き来するような、巧妙な話術で客席を沸かせ、かと思えば芯ある歌声で聴かせる。
ミュージカル曲が得意なイメージだったので、ロックはどうかな~と思ったのですが、もともと喉が強いので、コブシもガッツリ効いていて聴きごたえバッチリでした。

NPH-Hedwig-the-Angry-Inch-NYC2014.jpg

セットは真ん中に車を配し、必要な時だけ中心部のスクリーンに映像を映し出し、その周りをバンドが囲んで演奏する形態です。
ヘドウィグとイツハクに若干の衣装替えがあるものの、基本衣装替え&セット替えなしの90分ですが、今回の滞在で観た中でも1、2を争う満足感。
無駄のない、しかし迫力と一体感が印象的な演出は、ヘドウィグの神々しさと、10代からヘビロテしている珠玉の楽曲たちとの邂逅にぴったりでした。

ステージドアは、カオス!(笑)
日本ではまだそこまで知名度は高くないと思いますが、そこそこの映画俳優がBWの舞台に出演する時よりも、人だかりが激しかったです。アメリカにおけるNPHの人気恐るべし!






スポンサーサイト

HEDWIG AND THE ANGRY INCH | trackback(0) | comment(0) |


<<【DRACULA UNTOLD】(ドラキュラZERO) | TOP | 【THE BLING RING】(ブリングリング)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1609-af297e79

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。