--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/12/31 (Thu) 【THE BLING RING】(ブリングリング)

出演:エマ・ワトソン、ケイティ・チャン、タイッサ・ファーミガ、イズラエル・ブルサード、クレア・ジュリアン、レスリー・マン
監督:ソフィア・コッポラ
製作年:2013
製作国:アメリカ、フランス、イギリス、日本、ドイツ

THE BLING RING

実際に起きた、若者たちによるハリウッド・セレブ豪邸の空き巣強盗事件を映画化。

“いくつになっても女子”を胸張って肯定できる作品を送り出すソフィア・コッポラ

『マリー・アントワネット』や本作など、内容そのものが女子っぽい場合もありますが、どちらかというと、そういった砂糖菓子のような世界観に、大人の現代女性にも通ずる心理を包み込むのが上手いのだと思う。
『ロスト・イン・トランスレーション』『ヴァージン・スーサイズ』では、表現が大人でアーティスティックだっただけで、子宮にグッと刺さる女子的な痛みはどの作品にも共通している。

少女性というのは、その女(ヒト)自身が大人になってすでに忘れてしまっていても、少しのくすぐりでフワッと蘇ってくるものなんだろうなぁ。

本作のテーマは『マリー・ワントワネット』に近くて、多くの女性が憧れるセレブ感というものの虚無性と、自分本位の上に成り立つ人間関係の希薄さ。
彼らが逮捕されてからの怒涛の展開が見もので、他の作品同様、ここでも少女性に振り回される“男の子”の顛末が、ちょっぴり気の毒でした。

スポンサーサイト

Cinema 2014 | trackback(0) | comment(0) |


<<HEDWIG AND THE ANGRY INCH 【STAGE】 May 4, 2014 Soirée | TOP | 【草原の椅子】>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1611-5730c44d

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。