--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/02/28 (Sun) シスカンパニー公演 「火のようにさみしい姉がいて」

【THEATRE】Bunkamuraシアターコクーン





【CAST】(14. September. 2014)

作:清水邦夫
演出:蜷川幸雄

大竹しのぶ
宮沢りえ
段田安則

山崎一
平岳大
満嶋真之介
西尾まり
中山佑一朗
市川夏江
立石涼子
新橋耐子


++++++++++++++

ある俳優の男(段田安則)とその妻(宮沢りえ)が、20年ぶりに、男の故郷である雪国の町に戻ってくる。
仕事にも人生にも行き詰った夫婦の“転地療養”らしい。
夫婦は、バス停の場所を尋ねようと、1軒の理髪店に立ち寄る。だが、店の中には、誰一人いなかった。
そんな中、男は過って店の鏡の前にあったシャボンのカップを割ってしまう。
つぎの瞬間、誰もいなかったはずの店の中に、男の姉と名乗る女主人(大竹しのぶ)や、得体の知れぬ客たちが次々に出現。彼らは、強引に男の過去に踏み込み、夫婦を現実とも虚構ともつかない幻惑の世界へと追い込んでいく。

張られた伏線が最後に回収されるかと思いきや、まったく回収されず、何もかもが観客に託される不条理劇。
今考えても、真相がなんだったのかは分からないまま。
だけど何かが明らかになるかもしれないという期待と、俳優たちの名演に、固唾をのんで舞台にのめり込んでしまいました。

ポスターなどを見るに、下半身のない大竹しのぶ演じる姉は昔亡くなったか、元々存在していないか。
姉弟の間で、あってはいけない関係があったような、その事実をなかったことにするために、男は過去に何らかの罪を犯したような雰囲気。
そのまま劇中のセリフを抜き取ると、姉との近親相姦の末できた子を隠すために、故郷の家か村を焼き払ったように推測されます。
でも、それもあくまで推測。舞台は答えをくれません。

一方で元女優だという、宮沢りえ演じる妻との間にも色々ありそう。
妊娠22か月と信じ込んでいたり、夫よりも自分の方が才能があるのに、夫のために人生を無駄にしたと最後にぶちまけたり。
客席も使った演出だったので、一度りえさんが目の前を歩いて行ったのですが、その美しさと完璧なプロポーションに、神様の不平等さを身に染みて感じたよね(笑)

ストーリーが鮮やかに完結したり、派手な演出に驚かされるという事はないけれど、劇場迷宮に存分に身を浴せる不思議な展開と、一流の演技に支えられ、鑑賞後の満足感が非常に高い上質な舞台体験となりました。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<【ワールド・ミュージカル・コンサート・シリーズVol.1】FRENCH MUSICAL CONCERT 2014 | TOP |  「ウォー・ホース ~戦火の馬~」>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1628-94f1f89b

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。