--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/07/31 (Sun) 【INTO THE WOODS】(イントゥ・ザ・ウッズ)

出演:メリル・ストリープ、ジョニー・デップ、エミリー・ブラント、ジェームズ・コーデン、アナ・ケンドリック、クリス・パイン、トレイシー・ウルマン、クリスティーン・バランスキー、リラ・クロフォード、ダニエル・ハットルストーン、マッケンジー・マウジー、ビリー・マグヌッセン
監督:ロブ・マーシャル
製作年:2014
製作国:アメリカ

INTO THE WOODS


おとぎ話の主人公たちのその後を描いたトニー賞受賞の人気ミュージカルを、『シカゴ』ロブ・マーシャル監督が映画化。

誰でも知っているおとぎ話の主人公たちが、らしからぬ人間味あふれる振る舞いをする途中経過は、意外性があって面白い。
ただラストがかなり強引で救いがなくて、舞台で見ていれば違和感ないだろうに、夢も魔法も視覚的には実現可能な映像の世界では、無理を感じる展開でした。

出演者も豪華で、キャラが立っているか歌が上手いかのどちらかの条件はちゃんと満たしているため安心していたけれど、ソンドハイムの世界は、魅力的に表現するのが相当難しいということを、改めて感じました。
英語で、実力に基づいていて、製作者の十分な咀嚼がないと、とたんに退屈になるのは、他の作品でもよく感じるところです。
日本語訳詞になったとたんメロディの魅力がなくなったり、歌の実力がないと間延びして聞こえたり、演出にクリエイティビティがないとただただ暗いだけだったり。

そう考えると、2005年にイギリスで観たシエナ・ミラーらが出演する舞台版は秀逸だったと改めて思う。
観客はどかんどかん沸くし、ハッピーじゃなくても鑑賞後の満足感があるという稀有な体験だった。

今回の作品で唯一の収穫は、リラ・クロフォードちゃんが出ていたこと。
ブロードウェイ・リバイバル版の『アニー』で観たばかりだったので、映画でお目にかかれたのは嬉しかったし、劇中においても抜群の歌唱力を披露していました。

スポンサーサイト

Cinema 2015 | trackback(0) | comment(0) |


<<【HER】(her/世界でひとつの彼女) | TOP | 【HORRIBLE BOSSES 2】(モンスター上司2)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/1650-c436eb5d

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。