--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/08/16 (Wed) 【X-MEN: The Last Stand】(X-MEN:ファイナル・ディシジョン)

出演:パトリック・スチュアート、ヒュー・ジャックマン、イアン・マッケラン、ハリー・ベリー、ファムケ・ヤンセン、ケルシー・グラマー、アンナ・パキン、エレン・ペイジ
監督:ブレット・ラトナー
製作年:2006
製作国:アメリカ
x-men.jpg

9月9日公開。

ファイナルって言ったのにー!

嘘つきぃーーー!!!!ぷりっ。

そこまで深い思い入れも無く、の鑑賞もDVDで済ませ、でも普通に面白いなーと思っていた。
倫理観に触れるテーマとも言えるけど、映画で見る限りは何も考えずに楽しめる極上エンターテイメント

ジェットコースター・ムービーという名は、パイレーツよりこっちにふさわしいよね。
文字通りエピソードはポンポン飛んでくし、重要人物が簡単にドンドコいなくなってくし(笑)

2の最後とかちょっと忘れちゃってて、ところどころ設定が抜けていたのも気にならないくらい。
っていうのも、製作(編集)の時点で、すでに設定の取りこぼしが多々あったからだろうけど。

願わくば、も劇場で見ていたかったな。
そういう映画だもの。

でも何かもう、ヒュー・ジャックマンって別に主役じゃないんじゃん!(笑)
何でポスターで一番目立ってるの?
全員そろってキャラが立ちすぎて誰が主役とは言えないし、それでもあえて言うとしたらパトリック・スチュアートイアン・マッケランファムケ・ヤンセン(ジーン役)だし、つまりはポスター間違ってるやん(笑)
まぁの主要キャラで一番登場してるけどさ。
で主役っぽかったアンナ・パキンや、H・ベリーに至っては、存在感80%減。(当社比)

しかも副題に「ファイナル・ディシジョン」とか付いてたり、最終章とか言ってるから、これで全て終わるのね~すっきり!とか思ってたら…何だよー(笑)

思わせぶりな終わり方でした。

作ればお客入る類の映画でしょうし、製作側だって何匹でも柳の下のどじょうをすくいたいはず。
逆に、本当にあの意味深な終わり方ならば、カッコいいのかもしれないが。
原作はどうなんでしょうね?

イアンおじいちゃんのラストシーンもだけど、ホントのラストシーンの人物が…
誰だか判別出来なかったのが悔すぃー。誰アレ?気になる…

さりげなくキュアが助かっていたので、あれは利用するはず。
キュアミュータントの能力を無くさせる力を持っているのに、自分自身のミュータント性は消えない
てことは体内に抗体があるはず。
それを利用して、ミュータント撲滅に乗り出す人間たちに対抗していくのでは?
ってシリーズが続く前提で言ってるけど(笑)
いや、続きますよねーあれは。

イアンおじいちゃん、何であんな変てこなヘルメットが違和感なく装着できちゃうんだろう?
ガンダルフの100倍絵になってないのに、そういうモノだと受け入れさせる、あの威厳
そこも含めて役者魂なのだろうか?
もちろんヘルメットより何より“役者サー・イアン”を感じたのは、ラストシーン、老人ホームに普通に馴染みながらの一人チェスだけども。

エレン・ペイジなんて、何気にこんなアメコミも出てるのね。
『ハード・キャンディ』が見たいけど、劇場で持ちこたえる勇気が無いのでDVDで見よう(苦笑)

個人的に好きなキャラはミスティーク
様々な人物に変身する様子も好きだし、元の姿もないすばでー♪
いや~女の復讐に対する執念は侮るべからずだよ、イアンさん。
あっさりした裏切りっぷり可愛いくらいだ。
mystique.jpg

スポンサーサイト

Cinema~2006 | trackback(0) | comment(2) |


<<【Superman Returns】(スーパーマン リターンズ) | TOP | 【Miami Vice】(マイアミ・バイス)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

私もこの前観てきました!
でも私もnanaちゃんの言うとおり、あれでファイナルにしてほしくなかったですね。
何気にこのシリーズ好きなもので…(^^|

このお話って自分たちの生活や人生にも置き換えられますよね。
そういうことを色々考えながら観ていました。
それを考えると意外と奥深い話な気がします。

ところで最後のあの人って、チャールズって呼ばれてましたよね…(・・|

2006/09/16 15:14 | 絵美 [ 編集 ]


チャールズ!? 

>絵美さん

あれは終わらないですよね~。
私もこのシリーズは良く出来てるなと思います。

そして内容ですが、TVシリーズなんかにして、もっとじっくり見せていくのも可能なくらい濃いものを孕んでいますよね。
映画だから、エンターテイメント性が先行しているけれど。

アメコミって風刺も含むものだから、アメリカ社会にそのまんま置き換えることの出来るものだし。

>最後のあの人って、チャールズって呼ばれてましたよね

うぉ!そうでしたか。
何でか分からないけど、字幕も音声も聞き逃しました。
こりゃ絶対続編ありますよね?ってか、ウルヴァリンのスピンオフにつなげるためかな?

2006/09/18 16:49 | nana [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/315-0c7692d2

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。