--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/08/18 (Fri) 【Rien à faire】(ありふれた愛のおはなし)

出演:ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、パトリック・デリゾラ、セルジ・ロペス、フローレンス・トマシン
監督:マリオン・ヴェルヌー
製作年:1999
製作国:フランス
rienafaire.jpg

労働者の夫を持つ、求職中の平凡な主婦。
キャリアの妻を持つが、本人は失業中の現代家庭の夫。
そんな2人がある日スーパーマーケットで出会い、「就職活動」という共通の話題を糧に、逢い引きを続けるが…。

「就職活動」っていう共通話題は、やっぱり強いっすねー。
時期によっては誰とでもこの話題だったりするけど、ネタがつきないもん。

ってそういうことじゃなくて(笑)
「ジュ・テーム・シネマ・フェスティバル」、第3章。
1章、2章のペースを崩さず、この作品が一番フランス映画らしいかな、という気もします。

この2人、労働に忙しい家人は話し相手には不相応なので、惹かれあうのは自然なこと。
少なくとも、良い友達にはなれる。
でもそこは男と女だから…(笑)

人生には、誰でも多分、こういう時間があるものなんじゃないかな。
何ものにも追われず、日常のつかの間にポンと咲く非日常
その期間だけ、違う流れ方をする時間。
忙しくなってくると時たま思い出す程度になるけれど、死ぬ間際くらいには、そのことばっかり考えちゃうような思い出。
そういうものを沢山持っている人は、魅力的だと思う。

秘密って楽しい。
秘密を明かさずに、秘密のことを話すときは、とりわけ。

スポンサーサイト

Cinema~2006 | trackback(0) | comment(0) |


<<【ED WOOD】(エド・ウッド) | TOP | 【Superman Returns】(スーパーマン リターンズ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/317-b1a13b91

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。