--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/08/27 (Sun) 【King Arthur】(キング・アーサー)

出演:クライブ・オーウェン、キーラ・ナイトリー、ヨアン・グリフィズ、ステラン・スカルスガルド
監督:アントワーン・フークア
製作:ジェリー・ブラッカイマー
製作年:2004
製作国:アメリカ
arthur.jpg

ジェリー・ブラッカイマー作品としてオーソドックスな、エンターテイメント史劇です。

でもそれはそれとして楽しめた。
監督が良かったのかな?
ジェリーさん自身は賛否両論だけど、やっぱり監督によって面白さは違ってくる。

ストーリーキャラクターの性格はとても分かりやすいし、アドベンチャー・アクションとして良く出来てると思うので、そこは置いといてキャスト語りに没頭します(笑)

クライブ・オーウェンってやっぱり、他のイギリス人俳優にない魅力があると思う。

ヒュー・グラントコリン・ファースジュード・ロウユアン・マクレガーポール・ベタニーアラン・リックマンも、何となく同じ空気をまとっていて。
シニカル繊細で落ち着いてて、どこか草食

たとえどんなに女にだらしがなかろうと(一部ですが)、ライオンというよりシマウマって感じ。
年に関係なく、どこか少年ぽさを残していたり。
「女性なしでは生きられません」って感じも少なからずします。(ヒュージュード・ロウのそれと、ユアンアランのそれでは、多少意味が違いますがね・笑)

一方クライブは、肉食くさい
男くさい。
泥臭い。
人間くさい。


そこがセクシー
あんまりイギリス人で、こういう魅力を持ちえる人はいないと思うんだ。
それがアーサー王像に、私の中ではぴったりマッチしたよ。
キーラとのラブシーンは、想像しにくいけどね。(ぼそっ)

今回キーラちゃん真っ青で怖かった。
プリンセス既成イメージにとらわれるのを、本人すごく嫌がっているとは思うんだけど、時々「力みすぎでは?」と思うことが。
エリザベス・スワンドミノと、振り幅が激しすぎるような気がする。

『プライドと偏見』の現代版みたいな、『ベッカムに恋して』ジュールズラブアクジュリエットみたいな、フツーの英国女子をもちっと見たいな~とか、勝手なことを望んでおります。
演じる身としては、まだ若いし普段の自分そのままってことだし、つまらないのかな?

そしてヨアン・グリフィズ
この人がなぜ『ファンタスティック・フォー』への出演を承諾してしまったのか、未だに不思議。
だってあの役、能力の特徴的にカッコよくないというか、笑えるんだもん。
ジェシカ・アルバの隣だと、実際より老けて見えるし。
そして今回騎馬姿を見て、「何だよー普通に若いしカッコよいじゃないかー!」と悶えました。
髪の毛の量は多い方が、大抵若く見えるもんね。
そんなファンタスティックは続き物…。また伸びるヨアン

ところでいきなり本筋の映画に戻りますが。
映像特典で別バージョンエンディングを見たのです。

不採用バージョンの方が、断然ステキなラストに思えたんですが?

これは絶対ジェリちゃんの差し金だよー!
アメリカ人に受けさせようと思って、また安易に結婚式のシーンなど持ってきおって。
それまではそれなりに楽しんでいたのに、あのラスト・シーンは興ざめだった。
不採用ver.の方が、劇中のシーンが生きてくるのに!セリフも良いし。
てか監督特典映像の解説で、不採用シーンに対して否定的な発言をしないし、きっとジェリちゃんに言われて泣く泣く諦めたのだと踏んでおります。

スポンサーサイト

Cinema~2006 | trackback(0) | comment(4) |


<<【Lunes de Fiel】(赤い航路) | TOP | 【Melinda and Melinda】(メリンダとメリンダ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


世間が評価しなくても私は好き 

クライブの良さを解ってくれる人・・・というか、この作品を解ってくれる人がいて嬉しいわ。
日本で全然評価されないどころか、その年のワースト1だったか2だったかにランクされてたはず。
でも私は公開時に2回も観てるんですわ。
その年の自分のベスト2に挙げてましたし。(笑)
これのクライブが好きだったのもあるけど、いろいろと自分のハマる要素が多く含まれていたんでしょうね。

>映像特典で別バージョンのエンディングを見たのです

ええ~?なんですって?
ソッコーで借りに行かなきゃ。
あのラスト(公開版)は確かにね・・・自分だけシアワセになっちゃっていいんかい?って観てる側は思いますよね。
アメリカ人は思わんのだろうか?(笑)
私はアーサーも好きだったけど、死んじゃった騎士も好きだったんで、釈然としなかった。
ブラッカイマーめ。

>また伸びるヨアン

うん、そうだね、あの能力は笑える。
でもそこがいいのかなと思ったり。
あれで能力もカッコよかったら、顔が良い・人間性が良い
で完璧すぎなので、私としては、かえって親近感が増した。

>この人がなぜ『ファンタスティック・フォー』への出演を承諾してしまったのか

主役なのと(4人みんな主役みたいもんだけど、やっぱリーダーだし)、ヨアン本人がああいうユーモアを解する人だからなのでは?
ランスロットも良かったけど、私は伸びるヨアンの方が好きかなぁ。

>メリンダとメリンダ

エントリ違いですみません。
このポスターは、日本ではなかったと思うよ。
なんか・・・日本ではこのデザインはありえないって感じ。(笑)
いくら日本でのアレンの知名度が高くても。

2006/09/04 02:46 | みんと [ 編集 ]


 

>みんとさん

>日本で全然評価されないどころか、その年のワースト1だったか2だったかにランクされてたはず。

ぬぉ!(笑)
いやでも、良くも悪くも注目を集める類の作品なのでしょうがない…ということに(笑)

>私はアーサーも好きだったけど、死んじゃった騎士も好きだったんで、釈然としなかった。

↑ステラン・スカルスガルドさん?(笑)
私も実はこの後、キスキスとドッグヴィルを見たんで気になる(笑)

アメリカ人にとっての映画と、他の人々にとっての映画って、やっぱりちょっと違うのかなって。
ビジネスだし、国力の一部だし、ゆえに娯楽を追求するし。特にブラッカイマー作品はまず目的がそっちに置かれた映画作りだから、そうなっちゃうのかな。
子供にも分かるように…って言ったら、あぁいう結末になるのかも。

>あれで能力もカッコよかったら、顔が良い・人間性が良い
で完璧すぎなので、私としては、かえって親近感が増した。

なるほど~。
伸びる方だとちょっと老けて見えるのが気になりますが、ランスロットだと正統すぎて目に留まらないってのはあるかもしれません。

>なんか・・・日本ではこのデザインはありえないって感じ。(笑)

あはは、確かに!
実は私も最近、この作品がアレンだと知ったんですよ。
パリに居る時は、タイトルとポスターをぱっと見(イラストがウディだと気づくまもなく)で、「つまんなそう」と無意識に即断してました(苦笑)

2006/09/04 23:02 | nana [ 編集 ]


 

早速レンタルしてきて観ました。
特典だけじゃなく全編。
そして、もうひとつのエンディングも。
うん、うん、不採用バージョンの方がいいっ!
感動してチョイト涙目になってしまいました。
こっちのラストだったら最後まで「笑わないクライブ」だったのになぁ。
クライブは私は笑顔のないキャラ演じてる時のほうが好きなんで。

>↑ステラン・スカルスガルドさん?(笑)

いや、彼は騎士では・・・。
でも今日観て、やっぱこの人いい!とつくづく思ったよ。(笑)
今まで観た役でもナゼか印象に残る人だったけど。
メイキングで素で話してる姿もツボでした。

アーサー側の騎士はみんな好きです。
死んだ人もそうでない人も。
だからって、俳優名が完璧ってわけじゃないけど。(顔と役名は当然一致してます)
もうね、ほんとこの作品が好きなんですわ。
エンタメ日記2回とメルマガで計3回も語ってるくらい。

今回レンタルしたから、また書くんだけど、自分とこより先にここにコメントしちゃったから、内容同じになっちゃうな。(笑)
でも、今回の感想のところに、過去に書いた3回の感想もリンクしておくので、更新したら読んでやってくらさい。

あと、このテンプレの写真になってる場所ってステキなところだなって思ってたんですが、nanaちゃんともつながりのある場所だったんですね~。
駅のホームがこんなとはオシャレな。

「赤い航路」は、気になりつつも毎回(レンタルの)優先順位が低く・・・。
でもヒューがカワイイと聞けば、俄然順位が上がります。
今度借りよう。(笑)

2006/09/05 01:28 | みんと [ 編集 ]


勘違い 

>みんとさん

>いや、彼は騎士では・・・。

あっ…(笑)
あの馬に乗ってたサクソン人だかの頭?
実はこの作品見たときは、まだ彼のことを気に留めていなかったのでした。
しかもパイレーツに出てたのを知ったのも、みんとさんの記事でしたし。
最近ダダっと続けて出演作を見ているみたい。

>駅のホームがこんなとはオシャレな。

そうですね~日本では、どんなにオシャレな駅でも(表参道とか)こういう雰囲気の駅はない気が…。
逆に私、北海道の駅って作りがカワイイ予感がするのですが…

>「赤い航路」は、気になりつつも毎回(レンタルの)優先順位が低く・・・。

私もそうでしたよー。
タイトルもパッとしないし長いし、構えますよね。
ただヒューの出演作品はいずれ全部見ようとは思っているので、この機会に。
みんとさんは楽しめると思います!(笑)ぜひぜひ。

2006/09/06 23:45 | nana [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/324-e0cbaf57

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。