--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/09/01 (Fri) 【Cold Mountain】(コールド・マウンテン)

出演:ジュード・ロウ、二コール・キッドマン、ルネ・ゼルウィガー、ドナルド・サザーランド、ナタリー・ポートマン、フィリップ・シーモア・ホフマン、ジョヴァンニ・リビシ、ブレンダン・グリーソン、キャシー・ベイカー、ジェナ・マローン、ジャック・ホワイト、ルーカス・ブラック
監督:アンソニー・ミンゲラ
製作年:2003
製作国:アメリカ
coldmt.jpg

全員太字!(笑)

いや確かに無理はありますが…。
でも見る前に意識してたのって、最初の3人(つまりポスターの)だけなんですよ。

そしたら、話が進むたびに「こいつも出てたかーーー!」てな具合で、腰抜かしっぱなし。
ドナルド父さん「こいつ」というのも大変失礼な話ではあるんですが。

ナタリー・ポートマンさえ意識していなかったし(突然子供抱いててびっくり)、シーモア・ホフマンが便秘に苦しんでるわ、ジョヴァンニよ君は性悪な役も出来るのか!その他“The英国”な作品で見覚えのある人約2名、とどめにジャック・ホワイトまで何でいるー??!!

はぁはぁ。

どうせ監督も太字だ、全部太字にしちゃえ!(やけくそ)みたいな。
ジュードとか特に好みじゃないし、キッドマンゼルウィガーも普通に好き程度ですが、こうなったら全部太字にしたかったんです。

そんなわけで、不可抗力的に好きな映画

ジュードニコールのシチュエーション両面から描いていますが、どちらもなかなか面白かったです。
これでオスカーとったルネが、ニコールを教育していく方が好きではあったかな。

あと、ホントにこの頃はそういう身分だったのだな~としみじみしてしまったのですが、今は味のあるミニシアター系作品で人気なキリアン・マーフィー君が、2言3言しかセリフがないようなチョイ役で、ナタリーのシーンに出てきますよね?
クレジットされてないので定かではありませんが、あの鉄の無表情は彼に違いない。←あんまり表情変わらないからシワがないんですよ、ほとんど。
イイ人の役だったのに、動転したナタリーに衝動的に殺されてしまうと言う、可哀想な役どころ。
ホント、かわいそう。
そんだけ母は強しというか、母の恨みは怖しというのは伝わってきましたが。

それにしてもアンソニー・ミンゲラの作品は、「亡くなってしまった人のことは忘れなさい」というメッセージが色濃いなぁ…デビュー作『愛しい人が眠るまで』からずっと。

スポンサーサイト

Cinema~2006 | trackback(0) | comment(0) |


<<【Millions】(ミリオンズ) | TOP | 【Where the Truth Lies】(秘密のかけら)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/327-a45d64f3

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。